ヨークシャーの悲劇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヨークシャーの悲劇』(ヨークシャーのひげき、A Yorkshire Tragedy)は、ジャコビアン時代家庭悲劇1608年に出版された。当初は作者をウィリアム・シェイクスピアとしてきたが、現代の評論家はそれを否定し、真の作者はトマス・ミドルトンが有力とされている。

テキスト[編集]

『ヨークシャーの悲劇』は1608年5月2日書籍出版業組合記録に登録されたが、この時作者はウィリアム・シェイクスピアとされた。間もなくこの劇は「四折版」で出版されたが、出版した書籍商Thomas Pavierはもう一つのシェイクスピア外典サー・ジョン・オールドカースル』(1600年)を出版した人物である。「四折版」の表紙にもウィリアム・シェイクスピア作と書かれ、さらに国王一座(シェイクスピアの劇団)によりグローブ座で上演されたとも書かれていた[1]

1619年、ウィリアム・ジャガード(William Jaggard)の「フォールス・フォリオ」にこの劇は収められ、1664年にはシェイクスピアの「サード・フォリオ」第2版(Philip Chetwinde出版)に、他の6つの劇とともに追加された。

形式とジャンル[編集]

『ヨークシャーの悲劇』はわずか10場で構成された珍しい劇である。印刷されたオリジナルのテキストには、「ALL'S ONE. OR, One of the foure Plaies in one, called a York-Shire Tragedy...(全部で1つ、つまり、ヨークシャーの悲劇と呼ばれた、1幕ものの4つの劇の1つ...)」であるとしている。これは明らかに、現存するものは全部で4つある劇の1つであることを意味している。この点から、この劇はジョン・フレッチャーの正典の1つ『Four Plays, or Moral Representations, in One』(1608年 - 1613年頃)に似たものだったに違いない。ちなみにフレッチャーは4つのうちの最後の2つを書き、残りは別の劇作家、おそらくネイサン・フィールド(Nathan Field)が書いた。こうした短編劇のアンソロジー形式はイングランド・ルネサンス時代から見られ、たとえば、『The Seven Deadly Sins』もそうである。しかし、失われた残り3つの劇がどんな内容で、作者が誰だったかはわからない。

ジャンルとしては「家庭悲劇(民衆悲劇)」である。これはイギリス・ルネサンス演劇のサブジャンルの1つで、普通の中流階級の人々の破滅に焦点を当てたものである。最初期の例では、やはりシェイクスピア外典に含まれる『フェヴァーシャムのアーデン』がある。

材源[編集]

『ヨークシャーの悲劇』の筋は、子供の二人を殺害し、妻を刺した罪で1605年8月5日に処刑された、ヨークシャー、カルヴァリー・ホール(Calverley Hall)のウォルター・カルヴァリーの人物録に基づいている。この事件は当時有名なスキャンダルだった。同年6月に事件に関する冊子が出て、7月にはバラッドも作られた。年代記作者ジョン・ストウ(John Stow)も自分の『年代記』にこの事件を記している[2][3]1607年にはジョージ・ウィルキンス(George Wilkins)が『The Miseries of Enforced Marriage(強制された結婚の不幸)』という題名で劇化した。ウィルキンスの劇と『ヨークシャーの悲劇』との関連に関しては、研究者の間で意見が分かれている。一方がもう一方を材源にしたという説もあれば、同じ作家の作品であるという説、2つの劇は基本的に関連のない別々の作品であるという説など、諸説ある[4]

作者[編集]

初期にはシェイクスピア作者説の可能性を認める評論家もいたが、過去2世紀、ほとんどの評論家はそれを疑問視してきた。現代では、テキストの内在的証拠から、トマス・ミドルトンが作者であることでほぼ同意が得られている[5]。トマス・ヘイウッド(Thomas Heywood)やジョージ・ウィルキンス説もあるが、それを支持する注釈者はほとんどいない[6]

脚注[編集]

  1. ^ Yorkshiretragedyquarto.jpg at Wikipedia
  2. ^ Tucker Brooke, p. xxxiv.
  3. ^ Logan and Smith, p. 232.
  4. ^ Logan and Smith, pp. 233-4, 272-3.
  5. ^ Lake, pp. 163-74.
  6. ^ Logan and Smith, pp. 231-2.

参考文献[編集]

  • Chambers, E. K. The Elizabethan Stage. 4 Volumes, Oxford, Clarendon Press, 1923.
  • Lake, David J. The Canon of Thomas Middleton's Plays. Cambridge, Cambridge University Press, 1975.
  • Logan, Terence P., and Denzell S. Smith, eds. The Popular School: A Survey and Bibliography of Recent Studies in English Renaissance Drama. Lincoln, NE, University of Nebraska Press, 1965.
  • Maxwell, Baldwin. Studies in the Shakespeare Apocrypha. New York, King's Crown Press, 1956.
  • Tucker Brooke, C. F. The Shakespeare Apocrypha. Oxford, Clarendon Press, 1908.

外部リンク[編集]