リチャード三世 (シェイクスピア)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

リチャード三世』(リチャードさんせい King Richard III)は、イギリス劇作家ウィリアム・シェイクスピア作の史劇。正式なタイトルは『リチャード三世の悲劇』(The Tragedy of King Richard the Third)。初演は1591年

タイトルロールリチャード三世は狡猾、残忍、豪胆な詭弁家であり、シェイクスピア作品の中ではハムレットと並んで演じ甲斐のある役とされている。

怪異な容貌と鬱屈した野心のため嫌われ、恐れられつつも巧みに人を惹きつける男の一生を描いている。彼の野望の犠牲となり親を失った子、夫を亡くした妻、子供に先立たれた親の嘆きから、不幸の底にある者でさえ他人の不幸がわからない密やかなエゴイズムが劇中に映し出されていく。

主な登場人物[編集]

あらすじ[編集]

薔薇戦争の最中にある15世紀イングランドヨーク家エドワード四世は病の床にあった。

王の弟であるグロスター公リチャードは、生まれながらの身体的障害をもバネにし、王位をものにしようと企む。巧みな話術と策略で政敵を次々と亡き者にし、その女性たちを籠絡して見事王位に就くリチャード。

だがその栄光もつかの間、ランカスター家のリッチモンド伯ヘンリー・テューダー(後のヘンリー七世)が兵を挙げたのを契機に次第に味方は離れていき、ついにはボズワースの戦いで討たれる。

構成[編集]

第一幕[編集]

  • 第一場 - ロンドン、街路
  • 第二場 - ロンドン、別の街路
  • 第三場 - ロンドン、王宮
  • 第四場 - ロンドン塔内

第二幕[編集]

  • 第一場 - ロンドン、王宮
  • 第二場 - 王宮の一室
  • 第三場 - ロンドン、街路
  • 第四場 - ロンドン、宮殿

第三幕[編集]

  • 第一場 - ロンドン、街路
  • 第二場 - ヘイスティングズ卿の邸の前
  • 第三場 - ポンフレット城
  • 第四場 - ロンドン塔
  • 第五場 - ロンドン塔の城壁
  • 第六場 - ロンドン、街路
  • 第七場 - ベイナード城

第四幕[編集]

  • 第一場 - ロンドン塔の前
  • 第二場 - ロンドン、宮殿
  • 第三場 - 前場に同じ
  • 第四場 - ロンドン、宮殿の前
  • 第五場 - スタンリー卿の邸

第五幕[編集]

  • 第一場 - ソールズベリー、広場
  • 第二場 - タムワース近くの陣営
  • 第三場 - ボズワースの平原
  • 第四場 - 戦場の他の場所
  • 第五場 - 戦場の別の場所

後日談[編集]

  • 本作によって、リチャード三世は醜い極悪人、というイメージが後世に伝えられたと言われているが、シェイクスピアが描いたように実際のリチャード三世がせむしであったかどうかは長い間の争点だった。しかし、2012年に見つかったリチャード三世の遺骨に脊柱後湾症(脊椎側湾症の一種)の痕跡が見られたことから、シェイクスピアの記述があながち誇張ではなかったことが証明される形になった[1]

映画化作品[編集]

関連作品[編集]

ノンフィクション[編集]

書籍
  • 小谷野敦『リチャード三世は悪人か』 (NTT出版ライブラリーレゾナント、2007年)
映像作品

フィクション[編集]

漫画

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Canadian's DNA helps ID King Richard III's bones CBC news

関連項目[編集]

外部リンク[編集]