エドマンド剛勇王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エドマンド剛勇王(エドマンド2世)

エドマンド剛勇王』(エドマンドごうゆうおう、Edmund Ironside, or War Hath Made All Friends)は、エドマンド2世の生涯を扱った作者未詳のエリザベス朝演劇戯曲。少なくとも2人の評論家がウィリアム・シェイクスピアの初期の作品だと示唆している。

テキスト[編集]

『エドマンド剛勇王』は執筆された当時には出版されなかった。テキストのユニークな写しが、大英博物館MS. Egerton 1994の中に現存している[1]。(詳細は『リチャード二世 第1部』を参照)

作者[編集]

E・B・エヴェリットとエリック・サムスは、『エドマンド剛勇王』はおそらくシェイクスピアの最初の戯曲であると主張している。サムスによると、『エドマンド剛勇王』には『オックスフォード英語辞典』がシェイクスピアによって最初に使われたとする260の語または使い方が含まれているうえに、シェイクスピアの珍しい語が635あり、そのうち300はかなり珍しいものだという[2]。しかし、多くのシェイクスピア研究家はこの説に同意していない。

あらすじ[編集]

クヌーズ王(クヌーズ1世)はエドマンド2世率いるイングランド軍の反乱に遭う。知らない間に両軍は正面衝突する。裏切り者の貴族Edricusは王冠を狙っている。

脚注[編集]

  1. ^ Terence P. Logan and Denzell S. Smith, eds., The Popular School: A Survey and Bibliography of Recent Studies in English Renaissance Drama,, Lincoln, NE, University of nebraska Press, 1975; pp. 157-62.
  2. ^ Sams, Eric. (1986). Shakespeare's "Edmund Ironside": The Lost Play. Wildwood Ho. ISBN 0-7045-0547-9

外部リンク[編集]