シェイクスピアの文句を題名にした作品一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

シェイクスピアの文句を題名にした作品一覧は、ウィリアム・シェイクスピア作の戯曲の文句(フレーズ)から題名をつけられた(もじり、パロディを含む)小説・戯曲・詩・映画テレビ・楽曲などの作品の一覧である。(日本語訳はすべて坪内逍遥)。


ロミオとジュリエット[編集]

  • O, swear not by the moon, the inconstant moon,
    That monthly changes in her circled orb,

    おゝ、廻る夜毎に位置の変わる不貞節な月なんぞを誓言(せいごん)にお懸けなさるな(ヂューリエット、第2幕第2場)

マクベス[編集]

  • these weird sisters
    彼ノ奇(あや)シキ巫女(ふじょ)ラハ(マクベス夫人、第1幕第5場、他)
  • If you can look into the seeds of time
    若し汝(きさまら)に、「時」の胎内にある事件の種(たね)を看破する力があって(バンクヲー、第1幕第3場)
  • The moon is down; I have not heard the clock
    月は落ちましたが、時計の音は聞えませんでした(フリーアンス、第2幕第1場)
  • To wear a heart so white
    心臓も、貴下のやうに白(しら)ッちゃけちゃァゐませんのよ(マクベス夫人、第2幕第2場)
  • By the pricking of my thumbs
    指がびくびくするとこを見ると(妖巫3、第4幕第1場)
  • Something wicked this way comes
    何か不正(よくな)い者がやって来るね(妖巫2、第4幕第1場)
  • To-morrow, and to-morrow, and to-morrow
    明日が来り、明日が去り、又来り、又去って(マクベス、第5幕第5場)
  • And all our yesterdays have lighted fools
    The way to dusty death

    総て昨日といふ日は、阿呆共が死んで土になりに行く道を照らしたのだ(マクベス、第5幕第5場)
  • Out, out, brief candle!
    消えろ消えろ、束の間の燭火(ともしび)!(マクベス、第5幕第5場)
  • it is a tale
    Told by an idiot, full of sound and fury,
    Signifying nothing

    白痴(ばか)が話す話だ、騒ぎも意気込みも甚(えら)いが、たわいもないものだ(マクベス、第5幕第5場)

リア王[編集]

ハムレット[編集]

  • thus the glimpses of the moon
    さらでも凄き月の夜半(やは)に(ハムレット、第1幕第4場)
    • 映画『月の囁き』(原作はイーディス・ウォートン(Edith Wharton)の同名の小説)
    • エドマンド・クリスピン(Edmund Crispin)の小説『The Glimpses of the Moon』
  • Something is rotten in the state of Denmark
    何かデンマークに善くない事があるのでござらう(マーセラス、第1幕第4場)
  • Murder most foul, as in the best it is
    おほよそ弑逆に非道ならぬはなしとはいへども(ハムレット父王の亡霊、第1幕第5場)
    • 映画『ミス・マープル/最も卑劣な殺人』(原作はアガサ・クリスティ『マギンティ夫人は死んだ』)
    • 他にも複数の推理小説の題名に使われている。
  • Against thy mother aught: leave her to heaven
    母には害を加へまいぞよ、天の捌きに打任せて(ハムレット父王の亡霊、第1幕第5場)
  • That one may smile, and smile, and be a villain
    面に笑をたゝえながら、笑みつゝも尚かくの如き大悪事を行ふ者の世にありとは!(ハムレット、第1幕第5場)
  • There are more things in heaven and earth, Horatio
    Than are dreamt of in your philosophy

    この天地の間にはな、所謂哲学の思も及ばぬ大事があるわい(ハムレット、第1幕第5場)
  • The time is out of joint
    此世の関節が外れたわい!(ハムレット、第1幕第5場)
  • in action how like an angel!
    行為(おこなひ)は天使の如く(ハムレット、第2幕第2場)
    • マーガレット・ミラー(Margaret Millar)の小説『まるで天使のよう』
  • I am but mad north-north-west
    北々西だけが狂うてゐるのぢゃ(ハムレット、第2幕第2場)
  • To be, or not to be: that is the question
    世に在る、世に在らぬ、それが疑問ぢゃ(ハムレット、第3幕第1場)
  • The slings and arrows of outrageous fortune
    残忍な運命の矢や石投を(ハムレット、第3幕第1場)
  • To sleep: perchance to dream
    眠る! あゝ、おそらくは夢を見よう!(ハムレット、第3幕第1場)
  • For in that sleep of death what dreams may come
    其醒めぬ眠の中に、どのような夢を見るやら?(ハムレット、第3幕第1場)
  • When we have shuffled off this mortal coil
    此形骸の煩累(わずらひ)を悉く脱した時に(ハムレット、第3幕第1場)
    • オルダス・ハクスリーの短編小説集『Mortal Coils』
  • The undiscover'd country from whose bourn
    No traveller returns

    曾て一人の旅人(りょじん)すらも帰って来ぬ国(ハムレット、第3幕第1場)
  • No, no, they do but jest, poison in jest; no offence i' the world
    何の〜、ちッとも。ほんの戲れぢゃ、戲れに毒害するのぢゃ(ハムレット、第3幕第2場)
  • Very like a whale
    いかさま、鯨のやうにも見えます(ポローニヤス、第3幕第2場)
  • a fellow
    of infinite jest, of most excellent fancy

    戯謔(むだぐち)にかけては真(まこと)に窮極(きはま)る所を知らぬ(ハムレット、第5幕第1場)
  • That Rosencrantz and Guildenstern are dead
    ローゼンクランツ、ギルデンスターンの両人が世に無き由(使者1、第5幕第2場)
  • Of deaths put on by cunning and forced cause
    余儀なき苦肉に計略(はかりごと)乃至大詰の此惨事(ホレーショー、第5幕第2場)

オセロー[編集]

  • twas strange, 'twas passing strange
    実に不思議な、非常に不思議な(オセロー、第1幕第3場)
    • ミュージカル『パッシング・ストレンジ』
  • Pride, pomp and circumstance
    誉れも、飾りも、立派さも(オセロー、第3幕第3場)
  • And, O you mortal engines
    おゝ、汝(きさま)、おそろしい大砲よ(オセロー、第3幕第3場)
  • threw a pearl away,
    Richer than all his tribe; of one whose subdued eyes

    其全族にも易(か)へがたい真珠を我が手で抛げ捨てましたと(オセロー、第5幕第2場)
    • ニコラス・モンサラット(Nicholas Monsarrat)の小説『Richer Than All His Tribe』

ジュリアス・シーザー[編集]

  • Beware the ides of March
    三月の十五日を御警戒(ようじん)なさい(一予言者、第1幕第2場、他)
  • And therefore think him as a serpent's egg
    すなはち、彼れは毒蛇の卵である(ブルータス、第2幕第1場)
  • Cry "Havoc!" and let slip the dogs of war
    「かゝれかゝれ!」と号令を下して、彼(か)の兵(いくさ)の三疋犬(びきいぬ)を放つであらう(アントーニヤス、第3幕第1場)
  • The evil that men do lives after them
    人の行った悪事は其死後までも残るが(アントーニヤス、第3幕第2場)
  • There is a tide in the affairs of men
    潮時(しおどき)は人間の行動にも有る(ブルータス、第4幕第3場)

アントニーとクレオパトラ[編集]

アテネのタイモン[編集]

  • the moon's an arrant thief,
    And her pale fire she snatches from the sun

    月も甚だしい盗賊だ。あの青白い火は太陽のを引ッたくったのだ(タイモン、第4幕第3場)

夏の夜の夢[編集]

お気に召すまま[編集]

  • Under the greenwood tree
    緑なす木の下(もと)に(エーミエンズ、第2幕第5場)
  • All the world's a stage
    人間世界は悉く舞台です(ヂュークヰーズ、第2幕第7場)

ヴェニスの商人[編集]

テンペスト[編集]

リチャード・ダッド『Come Unto These Yellow Sands』
  • Come unto these yellow sands
    来よ、此黄なる真砂(まさご)に(エーリエル、第1幕第2場)
  • Full fathom five thy father lies
    五尋(いつひろ)深き水底(みなぞこ)に、御父上は臥したまふ(エーリエル、第1幕第2場)
  • But doth suffer a sea-change
    Into something rich and strange

    宝と化しぬ海に入(い)りて(エーリエル、第1幕第2場)
  • this rough magic
    此猛しい妖術(プロスペロー第5幕第1場)
    • メアリー・スチュアート(Mary Stewart)の小説『この荒々しい魔術』
  • How beauteous mankind is! O brave new world
    まァ、どんな見事な、新奇(めづら)しい世界であらう!(ミランダ、第5幕第1場)

十二夜[編集]

  • Present mirth hath present laughter
    逢うた時だけ互ひの笑顔(道外方、第2幕第3場)
  • there shall be no more cakes and ale?
    菓子も酒も絶対禁制てことがあるかい?(士爵トービー・ベルシ、第2幕第3場)
  • And in sad cypress let me be laid
    杉の柩に埋めてくりゃれ(道外方、第2幕第4場)
    • アガサ・クリスティの小説『杉の柩

冬物語[編集]

  • Go,—fresh horses;—
    おい、乗換の馬を!(ダイオン、第3幕第1場)

リチャード二世[編集]

  • This other Eden, demi-paradise
    此第二のエデンも、準天国も(ガントのヂョン、第2幕第1場)
  • O! call back yesterday, bid time return
    おゝ、去った時を帰らせ、きのふをお呼び戻しなされませ(ソルズバリーの伯爵、第3幕第2場)
    • リチャード・マシスンの小説『ある日どこかで』

ヘンリー四世 第1部[編集]

  • And Time, that takes survey of all the world,/Must have a stop. O, I could prophesy
    いや、其全世界の過現未を観測する「時」て奴だって、つまりは終止(おしまひ)になッちまふんだ(ヘンリー・パーシー、第5幕第4場)
    • オルダス・ハクスリーの小説『時は停まるにちがいない(原題:Time Must Have a Stop)』

ヘンリー四世 第2部[編集]

  • We have heard the chimes at midnight, Master Shallow
    お互ひに真夜中の鐘て奴を幾度も幾度も聞いたッけねえ(士爵ヂョン・フォルスタッフ、第3幕第2場)
    • 映画『オーソン・ウェルズのフォルスタッフ(原題:Chimes at Midnight)』(オーソン・ウェルズ監督・主演)

ヘンリー五世[編集]

リチャード三世[編集]

  • the winter of our discontent
    我党の陰鬱な冬(リチャード、第1幕第1場)
    • ジョン・スタインベックの小説『われらが不満の冬』
  • where eagles dare not perch
    鷲さへも棲(とま)り得ない処で(リチャード、第1幕第3場)
    • アリステア・マクリーンの小説およびそれに基づいた映画『荒鷲の要塞

ソネット集[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Full Fathom Five at WebMuseum, Paris

外部リンク[編集]