サマセット・モーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウィリアム・サマセット・モーム
William Somerset Maugham
Maugham.jpg
誕生 1874年1月25日
パリ
死没 1965年12月16日(満91歳没)
ニース
職業 小説家、劇作家
国籍 イギリスの旗 イギリス
代表作 月と六ペンス
人間の絆
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

ウィリアム・サマセット・モームWilliam Somerset Maugham1874年1月25日 - 1965年12月16日)は、イギリス小説家劇作家

フランスパリ生まれ。10歳で孤児となり、イギリスに渡る。医師になり第一次大戦では軍医諜報部員として従軍した。1919年に『月と六ペンス』で注目され、人気作家となった。平明な文体と物語り展開の妙で、最良の意味での通俗作家として名を成した。作品に『人間の絆』『お菓子とビール』や短編「雨」「赤毛」、戯曲「おえら方」など。ロシア革命時は、イギリス情報局秘密情報部に所属した情報工作員であった[1]同性愛者としても知られている[2]

経歴[編集]

孤独な青年期[編集]

1874年1月25日にフランスパリで出生する。両親ともにイギリス人で、父ロバートはパリのイギリス大使館勤務の顧問弁護士で、サマセットは4人兄弟の末子であった。父と母とは17歳離れており、母メアリは名家の出身で軍人の娘、非常な美人でパリ社交界でも花形であった。そのもとには作家メリメや、画家ドレも訪れたという。

8歳のときに母が肺結核で、10歳のときに父が癌で没し、一家はバラバラとなる。モームはイングランド南東部ケント州のウィットステイブルで、牧師をしていた叔父ヘンリー・マクドナルドのもとに引き取られた。叔父とは不仲で、慣れない田舎暮らしで孤独な生活を強いられた。13歳でカンタベリーキングズ・スクールに入るが、英語をうまくしゃべれず、加えて生来の吃音のため迫害され、生涯のコンプレックスとなった。これらの経験は、自伝大作『人間の絆』の前半部分に描写されている。

14歳から15歳の時、肺結核を病んで南仏で転地療養し、初めて気ままな青春の日々を送った。16歳のときドイツハイデルベルク大学に遊学する。この間、多くの人と接する法律家や牧師の仕事が不向きと悟り、作家を目指すようになるが、牧師を望む叔父と対立し、結局18歳の時に、ロンドンの聖トマス病院付属医学校に入学する。学業には打ち込まず、主に耽美派などの文学書を読みふけった。また貧民街に居住し、インターンで病院勤務したことで、赤裸々な人間の本質をよく知ることとなった。

この間の経験を生かし、1897年にフランス自然主義文学に学んだ処女作『ランペスのライザ英語版』を出版、一定の評価を得るが、売れ行きは芳しくなかった。同時期に卒業し、医師の資格を得た。文学者となることを決め、その後も作品を発表し続けたが成果を得られず、試行錯誤を繰り返した(自身納得できず、以下の一覧にわかるように、この時期の作品の多くを封印している)。

旅行と諜報活動[編集]

モームは生涯、長期旅行したが、作家として世に出るとまずスペインアンダルシア地方を旅行、1905年に印象旅行記『聖母の国』(The Land of the Blessed Virgin )を出した。以後もしばしば訪れ、30年後に歴史物語『ドン・フェルナンド』を発表した。30歳辺りからパリに長期滞在し、イタリア各地やシチリアも以後たびたび訪れている。やがて戯曲執筆を開始、『信義の人』『ドット夫人』『ジャック・ストロー』『スミス』などが上演され、劇作家として一本立ちした。1912年より半生を振り返る意味での大作『人間の絆』の執筆を開始した。

1914年第一次世界大戦が起こると、志願してベルギー戦線の赤十字野戦病院に勤務した。やがて諜報機関に転属、スイスジュネーヴに滞在し活動を行う。表向きは劇作家を続けた。1915年に大作『人間の絆』が出版されたが、戦時中だったため注目されなかった。だが同時期に書いた戯曲『おえら方』は、1917年にアメリカで上演されて大成功を収めた。この時期に結婚し、一人娘ライザが誕生した。

1916年、健康を損ない諜報活動を休止すると、アメリカへ渡り、さらにタヒチ島などの南太平洋の島々を訪れている。翌1917年にアメリカから日本シベリアを経由し、ペトログラードへと向かった。ロシア革命の渦中のペトログラートでは、MI6諜報員としてケレンスキーと接触し、資金援助した。ドイツとの単独講和阻止のために送り込まれたのであったが、単独講和を唱えるボリシェビキが戦争継続派のケレンスキー臨時政府を倒し、失敗に終わった。

激務でもあり、肺を悪化させ帰国し、スコットランドサナトリウムで療養した。この時期に画家ゴーギャンの生涯をもとに『月と六ペンス』の構想を練り、著述を始める。1919年に出版されると、アメリカでベストセラーとなり、『人間の絆』も再評価され、英語圏作家として世界的名声を得た。「雨」「赤毛」を収めた『木の葉のそよぎ』、当時の文豪ハーディをモデルとしたことで物議を醸した『お菓子とビール英語版』、中年になった舞台女優の恋を描いた『劇場』などの長編や、「おえら方」「ひとめぐり」などの戯曲を発表し、1930年代末の第二次世界大戦勃発まで旺盛な創作活動を行った。なおこの時期、執筆料の最も高い作家といわれた。

1920年代は、世界各国に船旅を続け、ニューヨークをはじめアメリカ各地・南太平洋へ、後に中国大陸マレー半島インドシナ半島を訪れ、主に短編作品へ結実している。1926年に、南フランス地中海地域のリヴィエラコート・ダジュール)にあるフェラ岬に、本拠となる大邸宅を購入したが、1927年に夫人シリーと離婚した(シリーはカナダに居住し、1955年に没す)。以上の出来事をはさみつつ、キプロス、スペイン、イタリア、北アフリカ西インド諸島などを旅行し、1930年に東南アジア地域の旅行記『1等室の紳士』(The Gentleman in the Parlour )を出している。

シンガポールに建つラッフルズ・ホテルを「ラッフルズ、その名は東洋の神秘に彩られている」と絶賛し、長期滞在した。シンガポールMRTサマセット駅はモームの名から採られている。他にタイバンコクザ・オリエンタル・バンコクを高く評価した。長期滞在もしており、現在同ホテルにはモームの名を冠したスイートルームがある。

活動後期と晩年[編集]

1933年に『シェピー』を機に戯曲の創作を終了する。1935年に自作評論を兼ねた自伝『要約すると』を出版、1936年に娘ライザがロンドンで結婚し、家を贈った。1937年から翌年にかけインド各地を旅行した。

第二次世界大戦勃発前後は、イギリス当局からの依頼でフランスでの情報宣伝活動を行うが、1940年6月のパリ陥落により、邸宅を撤収しロンドンへ亡命、翌年に体験手記『極めて個人的な話』を公刊した。10月にリスボン経由でニューヨークへ向かい、終戦までアメリカ各地に在住する。戦争中に大作『剃刀の刃英語版』を刊行、多大な反響を呼び、数年で映画化された。

大戦中にリヴィエラの邸宅は、枢軸軍連合軍双方の軍に占拠され、激しく傷んだが、改修して1946年より再度居住し、同年チェーザレ・ボルジアニッコロ・マキャヴェッリとの政治闘争を描いた『昔も今も』を発表した。1948年刊の『カタリーナ』を最後に小説の筆を絶った。その後は『世界の十大小説』『人生と文学』などの評論・エッセイを発表し、1958年に評論集『作家の立場から』をもって、執筆活動の終了を宣言したが、以後も序文などを収録した『Selected Prefaces and Introductions 』を出版、短い回想記『Looking Back 』を発表している。

1950年にモロッコを、1953年にギリシアトルコを、1956年にエジプトを、他にたびたびヨーロッパ各地を訪問した。1954年に即位まもないエリザベス2世に謁見し、名誉勲位を叙勲した。1959年にアジア各地を旅行訪問し、11月から約1か月間日本に滞在し、訳者の英文学者たちとも交流した。帰路はタイ・バンコクに長期滞在している。1962年に所有していた絵画多数をサザビーズオークションで売却し、同時に解説を付したコレクション画集『自らの楽しみのためだけに』(Purely For My Pleasure )を公刊した。

最晩年は高齢による認知症により、親族と被害妄想などのトラブルを起こした。1965年12月暮れに長期入院していたニースの病院から、自身の希望でリヴィエラの邸宅へ戻り、間もなく没した。没年91歳だった。

作家評[編集]

モームの作品は平明な文体と巧妙な筋書きを本分としている。モームは面白い作品こそが自らの文学であるといい、ゆえに通俗作家と評されてきた。モームは小説の真髄は物語性にあると確信し、ストーリーテリングの妙をもって面白い作品を書き続けたが、作品の中にはシニカルな人間観がある[3]

幼少時に母を亡くしており、この母への思慕は相当なもので、『人間の絆』の冒頭部で描かれている。またモームは吃音に苦しみ、ますます孤独感を強めていった。こういった境遇の後に、医学生時代に暮らした貧民街に住む人々と交わったことは、モームに人間の奥底をのぞかせた。最初に日本に紹介し、来日したモームとも面談した中野好夫は、その作品について「通俗というラッキョウの皮をむいていくと、最後にはなにもなくなるのではなく、人間存在の不可解性、矛盾の塊という人間本質の問題にぶつかる」と評している[4]。その姿勢は、『人間の絆』において「ペルシャ絨毯の哲学」として提出される、人生は無意味で無目的という人生観に現れている。人生を客観的に描いてきたモームは、『要約すると』では「自分は批評家たちから、20代では残忍、30代では軽薄、40代では皮肉、50代では達者、現在60代では皮相と評されている」と書いている。

モームの文体は非常に平明であるが、その文体はヴォルテールスコットに学んだものである。彼の作品(特に Summing up )は、戦後日本の英語教育で入試問題、テキストとして広く用いられた。

エピソード[編集]

作品一覧[編集]

長編[編集]

主な短編作品集[編集]

  • 木の葉のそよぎ (The Trembling of a Leaf、1921年)
  • 中国の屏風 (On A Chinese Screen、1922年) 小池滋訳、ちくま文庫-中国旅行記を兼ねた短篇58篇
  • カジュアリーナ・トリー英語版The Casuarina tree、1926年) 中野好夫・小川和夫訳、ちくま文庫ほか-南海が舞台の6篇
  • アシェンデンAshenden、1928年) 中島賢二・岡田久雄訳、岩波文庫 / 河野一郎訳、ちくま文庫、16篇の連作短編
  • 一人称 (First Person Singular、1931年)、作品6篇
  • アー・キン(Ah King、1933年) 増野正衛訳、ちくま文庫ほか、同じく南海が舞台で6篇
  • 短編総集 (Altogether、1934年)、自選で収録、なお総数は約120篇。
  • コスモポリタンズ (Cosmopolitans、1936年) 龍口直太郎訳、ちくま文庫ほか、作品29篇
  • 変わりばえせぬ話 (The Mixture as Before、1940年)、作品10篇
  • 環境の動物 (Creatures of Circumstance、1947年)、作品15篇
    • 「モーム短篇選」 行方昭夫編訳、岩波文庫上下、2008年、作品18篇
    • 「マウントドレイゴ卿/パーティの前に」 木村政則訳、光文社古典新訳文庫、2011年、作品6篇

主な自伝・評論・紀行[編集]

  • ドン・フェルナンド (Don Fernando:or Variations on Some Spanish Themes、1935年)
     安藤一郎訳 「全集 24巻」 / 「ドン・フェルナンドの酒場で」 増田義郎訳、原書房
  • サミング・アップ (The Summing up、1938年:自伝) 「要約すると」 中村能三訳、新潮文庫/ 行方昭夫訳、岩波文庫
  • 戦うフランスの姿(France at War、1940年:宣伝の小冊子) 井出良三訳、あぽろん社
  • 読書案内(Books and You、1940年) 西川正身訳、岩波新書、のち岩波文庫
  • 極めて個人的な話 (Strictly Personal、1941年:手記) 井上宗次訳、新潮社 全集別巻
  • 作家の手帳(A Writer’s Notebook、1949年) 中村佐喜子訳、新潮社 「全集 26巻」 
  • 人生と文学 (The Writer's Point of View、1951年) 龍口直太郎訳 「全集 27巻」
  • 世界の十大小説Ten Novels and their Authors、1954年) 西川正身訳、岩波新書、のち岩波文庫、各上下巻
  • 作家の立場から (Point of Views、1958年) 田中西二郎訳、新潮社 全集別巻 

主な戯曲[編集]

  • 信義の人(A Man of Honour、1904年)
  • フレデリック夫人(Lady Frederick、1912年)
  • ジャック・ストロー(Jack Straw、1912年)
  • ドット夫人(Mrs Dot、1912年)
  • ひとめぐり(The Circle、1921年)
  • おえら方(Our Betters、1923年)
  • 夫が多すぎて(Too many husbands、1923年) 海保眞夫訳 岩波文庫
  • シェプー(Sheppy、1933年)-総数は約24篇
    • 「スミス、生計をいとなむもの」 井出良三・久保田重芳訳 英宝社

封印作品[編集]

没後に再刊された小説作品(日本独自の版も含む)

  • 聖女の作られ方(The Making of a Saint 、1898年)-イタリアルネサンス期が舞台の長編
  • 英雄(The Hero、1901年)
  • 回転木馬(The Merry-go-round、1904年) 宮川誠訳、近代文芸社、2005年
  • 僧正の前掛け(The Bishop's Apron、1906年)
  • 探険家(The Explorer 、1908年) 宮川誠訳、近代文芸社、2002年
  • 夜明け前のひととき(The Hour Before Dawn、1942年) 井出良三訳、リーベル出版、1992年
  • 指針(Orientations、1899年) 「指針 他6篇」 創造書房、1996年、以下は短編
  • 「サマセット・モーム未公開短編集 11篇」 研究会編訳、創造書房、2000年
  • 「埋めてしまった才能 モーム初訳6選」 創造書房、2002年

伝記・回想[編集]

  • 田中一郎 『秘密諜報員サマセット・モーム』 河出書房新社、1996年
  • 村松友視 『アジア幻想 モームを旅する』 講談社、1989年/写真管洋志
  • 行方昭夫 『サマセット・モームを読む』 岩波書店「岩波セミナーブックス」、 2010年
  • 行方昭夫編・解説 『モーム語録』 岩波現代文庫、 2009年
  • ロビン・モーム 『モームと私生活 甥の見たその生涯と家系』 朱牟田夏雄・竹内正夫訳(英宝社、1968年)
  • ロビン・モーム 『モームとの対話』 服部隆一訳(パシフィカ、1979年)
  • ガーソン・ケーニン 『モームの想い出』 山本和平訳(冨山房、1970年)

研究[編集]

  • 朱牟田夏雄編 『サマセット・モーム 20世紀英米文学案内19』(研究社出版、初版1966年)、行方昭夫ほか 全18篇の論考
  • 中野好夫編 『サマセット・モーム研究 現代英米作家研究叢書』(英宝社、初版1954年、新版1975年)、木下順二小津次郎ほか 全11篇の論考
  • 後藤武士・増野正衛編 『モーム研究 全集 第31巻』(新潮社、初版1959年)、菅泰男ほか 全9篇の論考
  • 行方昭夫 『モームの謎』(岩波現代文庫、2013年)

[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ http://www.asahi.com/international/update/0923/TKY201009230248.html S・モームもスパイ、英「M16」正史、極秘情報公開(朝日新聞 2010年9月23日)
  2. ^ 海野弘著『ホモセクシャルの世界史』
  3. ^ 岩波現代文庫『モーム語録』に詳しい。
  4. ^ 新潮文庫版『月と六ペンス』解説より。また中野は、面会したモームの印象を「内気で気配りの人」と述べている。
  5. ^ 海野弘著『ホモセクシャルの世界史』
  6. ^ モームの格言集に上記の『モーム語録』や、『上出来の人生だが… サマセット・モームの警句とお喋り』(森村稔編著、産能大学出版部、1994年)がある。
  7. ^ 茂木健一郎「挑戦する脳(7)盲目の天才ピアニスト」、『青春と読書』第45巻第7号、集英社、2010年7月、 64頁。

外部リンク[編集]