ウォルター・スコット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウォルター・スコット

初代准男爵サー・ウォルター・スコットSir Walter Scott, 1st Baronet, 1771年8月15日 - 1832年9月21日)は、スコットランド詩人作家歴史小説作家として名声を博し、イギリスの作家としては、存命中に国外でも成功を収めた、初めての人気作家といえる。

生涯と作品[編集]

1771年、エディンバラに生まれる。幼い頃に病で左足を不自由にし、療養のためロクスバーグ州のスメイルホルムという農村にある祖父の家で過ごし、このスコティッシュ・ボーダーズ地域で古い史譚やバラッドを楽しみとした。エディンバラ大学で法学を学び、学生時代はイタリアの詩人の作を耽読した。卒業後は父の法律事務所で働き、1792年に弁護士資格を得る一方で、地方の伝説やバラッドなどの蒐集に励んだ。

1796年にドイツの詩人ブュルゲルの翻訳を出版。次いで『ミンストレルジー・オブ・スコティッシュ・ボーダー』を出版する。弁護士を続けながらシェルカーク州のツイード河畔の農家に移り住み、1805年に発表した物語詩『ザ・レイ・オブ・ザ・ラスト・ミンストレル』が大成功となり、続いて『マーミオン』『湖上の美人』などを発表。

散文として書いた『ウェイヴァリー』を1814年に無署名で発表すると、一層の評価を得て、以後次々と歴史小説を発表。これらの作品は「ウェイヴァリー叢書」とも呼ばれる。晩年は出版社の負債の返済に苦心した。

代表作として叙事詩『湖上の美人』(1810年)、歴史小説ウェイヴァリー英語版』(1814年)、『ロブ・ロイ英語版』(1817年)、『ランメルモールのルチア』の原作となった歴史小説『ランマームーアの花嫁英語版』(1819年)、『アイヴァンホー』(1820年)など。

ウォルター・スコットの肖像はスコットランド銀行発行のすべての紙幣に使用されている。

ペンネームで執筆することを好み、"The Great Unknown"と呼ばれた。スコットを「現代のシェークスピア」と慕っていたワシントン・アーヴィングも、スコットに倣ってペンネームを多用した。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]