ウォルター・スコット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウォルター・スコット

サー・ウォルター・スコット(Sir Walter Scott, 1771年8月15日 - 1832年9月21日)は、スコットランド詩人作家

1771年エディンバラに生まれる。エディンバラ大学で法学を学び、父の跡を継いで弁護士となる。25歳より文筆活動を始め、当初は詩人として、後に歴史小説作家として名声を博す。イギリスの作家としては、存命中に国外でも成功を収めた、初めての人気作家といえる。

代表作として歴史小説ウェイヴァリー英語版』(1814年)、『ロブ・ロイ英語版』(1817年)、『ランメルモールのルチア』の原作となった歴史小説『ランマームーアの花嫁英語版』(1819年)、『アイヴァンホー』(1820年)、叙事詩『湖上の美人』(1810年)など。

ウォルター・スコットの肖像はスコットランド銀行発行のすべての紙幣に使用されている。

ペンネームで執筆することを好み、"The Great Unknown"と呼ばれた。スコットを「現代のシェークスピア」と慕っていたワシントン・アーヴィングも、スコットに倣ってペンネームを多用した。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]