アシェンデン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アシェンデン』(Ashenden: Or the British Agent)は、英国の作家ウィリアム・サマセット・モームが、1928年に発表した連作短編小説で、ロシア革命時の実体験に基づく、スパイ小説の古典とされる。

主人公アシェンデンによる、作家(ジャーナリスト)兼情報部員としての体験手記の形で物語が進む。モームの代表作の一つで、多く重版され、日本語訳も「月と六ペンス」と並び多くの版元で刊行された。

実際にモームは1910年代第一次世界大戦半ばに、従軍軍医(医学校出身)から英国諜報機関へ転属勤務となり、ソビエト連邦成立直前のロシアペトログラードへ向かい工作活動を行った。

若き日をふりかえった教養小説の大作『人間の絆』と同じく、作者の分身としての性格が大きく出された作品でもある。イアン・フレミンググレアム・グリーンジョン・ル・カレといった英国作家の作品が、第二次世界大戦前後から冷戦にかけ、実際情報部員として活動を反映した点でも、先駆的作品といえる。

現行版の日本語訳は、『アシェンデン 英国情報部員のファイル』(中島賢二/岡田久雄訳、岩波文庫、初版2008年)。別訳では『秘密諜報部員』、『英国秘密情報部員の手記』と表記されている。