スイートルーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
2ベッドルームスイート(リビングと2ベッドルーム)
ジュニアスイートルーム
(アンコール・ラスヴェガス)

スイートルーム和製英語:suite room)は、ホテル部屋の構造で、寝室リビングルーム応接間など他の部屋が一対になっている客室をいう。スウィートルームとも表記・発音される。日本語では「続き部屋」などと訳されることもある。

概要[編集]

一般に、スイートルームは通常よりワンランク上の部屋をさし、部屋の広さや家具内装なども豪華にし、そのホテルにおいて最上級の部屋になっている。ホテルのグレードを示すシンボルになっているため、ホテルにふさわしくないと判断されると部屋が空いていても利用を断られる場合もある。高級ホテルでは全室スイートルームになっている場合もある。

ベッドルームに続く部屋は一般に居間リビングルーム)であるが、ダイニングルームの場合や、付き人警備の者が滞在するコネクティングルームが付設される場合もある。ベッドルームの数で2ベッドルームスイート、3ベッドルームスイートといわれる。また居間が完全に独立していない客室はジュニアスイートといわれる。

日本のホテルでは、和室形式のスイートも存在する。

英語suite英語発音: /swiːt/、スウィートゥ)は「一式」「一組」「一揃い」の意味であり、そのまま日本語におけるスイートルームを指すが、suite of rooms のように部屋が複数あることをよりはっきり示す表現も用いられる。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]