病院船

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アメリカ海軍の病院船コンフォートが、フロリダ州メイポート湾岸戦争の戦地への医薬品の積み込みしているところ

病院船(びょういんせん、hospital ship)は、戦争や飢餓、大災害の現場で、傷病者に医療ケアのプライマリケアを提供したり、病院の役割を果たすために使われる船舶である。

通例、世界中のさまざまな国々の海軍が運用しているが、医療システムにかかる維持費等のコストが莫大であることから、輸送艦強襲揚陸艦として運用されている病院船も少なくない。

歴史[編集]

戦場において傷病兵への医療活動を行う船は、古代ローマ時代には出現していた[1]

近代においては1850年代のクリミア戦争イギリスフランスの病院船が活動したことが知られる。1860年代アメリカ南北戦争では、レッドローバー号(1859年就役)が南北両軍の傷病兵を治療した。このころ、赤十字活動の勃興とともに、病院船の戦時国際法上の地位も確立されていった。

その後、第一次世界大戦第二次世界大戦などでは、いくつかの国で客船を改装した病院船が整備され、運用された。イギリスのブリタニック日本氷川丸などが活躍した。

現在、アメリカ海軍によってマーシー級病院船マーシー」(USNS Mercy)と「コンフォート」(USNS Comfort)が運用されており、これらが世界でもっとも大型の救命救急の船舶として知られる。

ペルーなどの南アメリカ諸国では河川砲艦の設計に準じた河川病院船も存在しており、有事には本来の任務に用いるが、むしろ、平時における医療機関に乏しい地域への巡回医療活動に用いられているものもある。

国際法[編集]

近代戦時国際法のもとでは、病院船は一定の標識を行い、医療以外の軍事活動を行わないなどの要件をみたすことで、いかなる軍事的攻撃からも保護される。今日では1949年のジュネーヴ第2条約が明文規定を定めている。時期によって若干の変遷はあるものの、その基本的要件は以下のようなものである。

  • 船体の塗装 - 船体は白色とする。軍用病院船は緑色、民間病院船は赤色の帯を引く。
  • 赤十字標識 - 赤十字(または赤新月)の旗を掲げる。船体や甲板にも標識し、夜間は電飾する。
  • 非武装 - ただし船内の秩序維持などのための小火器を除く。
  • 軍事的活動の禁止 - 兵員・軍需物資の輸送、軍事情報の発信などには利用しない。
  • 交戦国への通知 - 船名等の基礎データを通知する。

しかし、実際には病院船が攻撃を受けてしまうこともあった(ぶゑのすあいれす丸撃沈、オプテンノール拿捕など)。過失による撃沈を防ぐ為に病院船は夜間も灯りを灯し病院船である事を主張した。純白の美しい外観、病院船という任務目的からか、付近の味方艦船乗員の心理的安堵感が増し、気が緩んだ隙に病院船周囲を周回している敵の潜水艦に撃沈される例もあった[2]

また保護を悪用して、病院船を軍需輸送に使用する例も発生した(橘丸事件など)。

国際法上の保護要件を満たすには目立つ外観となり船団航行に向かない、軍需輸送に容易には転用できないなど運用上の困難があるため、一部の病院船は白色塗装や通知などをあえて行わないことがある。太平洋戦争時の日本陸軍病院船には、このような国内限りの病院船が多く存在した。こうした病院船については、当然、軍事的攻撃も禁止されない。

このほか、戦時に病院船と同様の保護を受ける地位(安導権)を与えられる船がある。捕虜などへの救恤物資を輸送する船と、交換船が代表例である。こうした船についても、阿波丸事件のように攻撃を受ける例があった。

病院船一覧[編集]

日本の病院船[編集]

日本の旗 日本

2014年現在、海上自衛隊には病院船が在籍していない。ただし、はしだて型迎賓艇が有事や災害時の医療機能を考慮して設計されているほか、おおすみ型輸送艦野外手術システムを搭載することで高度な医療機能を有することが可能である。また、超党派の国会議員による病院船建造推進議員連盟の働きかけで、平成23年度第3次補正予算で、病院船建造の調査費が計上された[3]

以下は全て、太平洋戦争までの大日本帝国海軍の病院船である。

1930年代までの主な病院船[編集]

太平洋戦争時の海軍病院船[編集]

天応丸となる前のオランダ船「オプテンノート(Op Ten Noort)」

太平洋戦争時の主な陸軍病院船[編集]

  • 亜米利加丸(大阪商船。6,069トン。第一次世界大戦山東出兵日中戦争~1943年12月。1944年1月海軍に徴用後1944年3月6日戦没)
  • 有馬山丸(三井船舶。8,697トン。1945年~終戦)
  • あらびや丸(大阪商船。9,480トン。1941年11月~不明・1943年頃。1944年10月18日戦没)[4]
  • うらる丸(大阪商船。6,373トン。1937年10月~1938年2月、1943年~1944年7月以前。1944年9月27日戦没)
  • 湖北丸(大阪商船。2,578トン。1943年頃。1944年10月3日戦没)[4]
  • さいべりや丸(日本海汽船。3,461トン。1943年頃。1944年9月24日戦没)[4]
  • 志かご丸(大阪商船。5,866トン。1943年頃。1943年10月15日戦没)[4]
  • 志あとる丸(大阪商船。5,773トン。1943年頃。1944年7月16日戦没)[4]
  • すみれ丸(関西汽船。1943年10月~終戦。1950年オランダに賠償として接収後行方不明)
  • 橘丸(東海汽船。1,772トン。1943年10月~1945年8月3日 兵員を輸送していたところをアメリカの駆逐艦に臨検されて拿捕(橘丸事件)~終戦)
  • 波上丸(大阪商船。4,731トン。1937年8月~1942年9月。1942年10月7日戦没)
  • ばいかる丸(大阪商船。5,266トン。1937年10月~終戦。戦後捕鯨母船)
  • ぶゑのすあいれす丸(大阪商船。9,625トン。不明~1943年11月27日戦没)
  • 扶桑丸(大阪商船。8,195トン。1941年11月~1944年以前。1944年7月31日戦没)[4]
  • 蓬莱丸(大阪商船。9,205トン。不明~1942年3月1日バタビヤ沖海戦で戦没)
  • 北振丸(日本海洋漁業。5,819トン。1943年頃。1945年6月30日海難沈没)[5]
  • まにら丸(大阪商船。9,486トン。1943年頃。1944年11月25日戦没)[4]
  • 瑞穂丸(大阪商船。8,506トン。1937年~不明・1943年。1944年9月21日戦没)
  • 三笠丸(東亜海運。3,143トン。1943年頃。1944年11月11日多号作戦で戦没)[4]
  • 吉野丸(日本郵船。8,990トン。1943年頃。1944年7月31日戦没)[4]
  • 竜興丸(大阪商船。2,962トン。1943年頃。1944年1月15日戦没)[4]
  • 和浦丸(三菱海運。6,804トン。1945年1月18日~4月25日。1945年7月30日釜山港で触雷座礁。戦後韓国船「コリア」)

日本以外の病院船[編集]

オーストラリアの旗 オーストラリア

  • セントー

ブラジルの旗 ブラジル

  • オスワルド・クルズ級(河川病院船)

中華人民共和国の旗 中国

920型病院船(和平方舟)

このほか、民間のコンテナ船に医療モジュールとヘリポートを搭載した即席病院船の訓練が行なわれている[8]

ドイツの旗 ドイツ

イギリスの旗 イギリス

ペルーの旗 ペルー

  • モロナ(河川病院船)

ロシアの旗 ロシア

  • オビ級

アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国

コンフォート級病院船ホープ
マーシー級病院船コンフォート

脚注[編集]

  1. ^ 大内、p.112
  2. ^ 有鄰平成12年9月10日  第394号氷川丸・70年の航跡
  3. ^ 「内外商船ニュース 病院船建造の調査費計上へ」『世界の艦船』第748集(2011年10月号) 海人社
  4. ^ a b c d e f g h i j 帝国陸軍運輸部船舶司令部「輸送船(甲)要目表」(1943年10月作成。『戦前船舶資料集 第113号』所収)に病院船として掲載されている船舶
  5. ^ 帝国陸軍運輸部船舶司令部「輸送船(甲)要目表」(1943年10月作成。『戦前船舶資料集 第113号』所収)に病院船として掲載されている船舶
  6. ^ 920型病院船(アンウェイ型/安衛型) - 日本周辺国の軍事兵器
  7. ^ 中国病院船「和平方舟」、台風被害のフィリピンで活動 - サーチナ 2013年11月29日(エキサイトニュース)
  8. ^ コンテナ型船舶医療モジュールシステム - 日本周辺国の軍事兵器

参考文献[編集]

  • 江畑謙介「今週の軍事情報 変わる病院船の概念」『世界週報』第85巻第3号、2004年1月27日
  • 大内建二 『商船戦記』 光人社、2004年。
  • 海人社『世界の艦船』1995年11月号 No.503 特集・日本の病院船
  • 木俣滋郎『写真と図による残存帝国艦艇』図書出版社、1972年
  • 駒宮真七郎『続・船舶砲兵』出版共同社、1981年
  • 木津重俊編『世界の艦船別冊日本郵船船舶100年史』海人社、1984年、ISBN 4-905551-19-6
  • 財団法人海上労働協会編『復刻版 日本商船隊戦時遭難史』財団法人海上労働協会/成山堂書店、1962年/2007年
  • 塩川洋志「今日の武力紛争における病院船の活動についての法的考察」『波涛』第23巻第1号、1997年5月
  • 帝国陸軍運輸部船舶司令部/戦前船舶研究会「輸送船(甲)要目表」『戦前船舶資料集 第113号』戦前船舶研究会、2007年
  • 西村慶明『モデルアート 日本の客船シリーズ No.01 橘丸』モデルアート、2006年
  • 西村慶明『モデルアート 日本の客船シリーズ No.02 に志き丸 こがね丸 るり丸 ~瀬戸内海の貴婦人~』モデルアート、2006年
  • 野間恒、山田廸生(みちお)編『世界の艦船別冊日本の客船1 1868~1945』海人社、1991年、ISBN 4-905551-38-2
  • 野間恒『商船が語る太平洋戦争 商船三井戦時船史』私家版、2004年
  • 林寛司、戦前船舶研究会「特設艦船原簿」「日本海軍徴用船舶原簿」『戦前船舶 第104号』戦前船舶研究会、2004年

関連項目[編集]

  • 慈善船
  • 済生丸 - 瀬戸内海で運航される民間の巡回診療船。入院設備は有さず、各地の離島で外来診療を行っている。

外部リンク[編集]