C-9 (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

C-9

C-9A

C-9A

C-9(しーないん)は、ベストセラー短距離旅客機であるダグラス DC-9-30を軍用輸送機としたモデル[1]1967年に制式採用が決定し、アメリカ空軍は患者輸送型のC-9A 21機と、政府高官輸送型C-9C 3機を使用していた。

C-9A[編集]

C-9A型の愛称はナイチンゲール (Nightingale)。1968年1973年にデリバリーされ[1]アメリカ合衆国本土スコット空軍基地及びドイツラインマイン空軍基地フィリピンクラーク空軍基地(後に日本横田基地に移動)の各基地に配備された。

本機は担架40床または座席40(双方のコンビも可能)と、重症患者用のスペシャルケア・コンパートメント(特別空調装置を備える)を持ち、通常5名の医師看護員を乗せる。また、前胴左側には車椅子や担架搬入のための緩やかな傾斜のタラップを自蔵した、大型昇降口(3.5m×2.1m)を備えている。

2005年にC-9Aが退役すると空軍の患者輸送の任務はボーイングKC-135に引き継がれた。

C-9B[編集]

C-9B型の愛称はスカイトレインII (Skytrain II)[2]アメリカ海軍及び海兵隊で使用された型[3]で、こちらは通常の人員・貨物輸送機である。1973年より受領を開始している[4]。C-9Aと同等の機体であり、患者輸送型にも転換できる[2]。新規に製造されたほか、1982年以降は民間で就役していた中古のDC-9を購入した上で所要の改装を施された[2]

海軍と海兵隊の兵站輸送を長い間担っていたが、旧式化は否めずC-40Aと交代しつつある。退役したC-9Bのうち1機はNASAの微小重力訓練機「嘔吐彗星」となった。

C-9C[編集]

C-9C1973年にVIP輸送機VC-9Cとして3機発注された[1]1975年アンドルーズ空軍基地の89MAWに配備されている[1]。本機は大統領をはじめとするアメリカ政府要人の国内移動に使用されているが、ジミー・カーター政権時にVがとれてC-9Cと改称された。

その他[編集]

クウェート空軍C-9Kを2機[2]ベネズエラ空軍DC-9-15型機を1機、イタリア空軍DC-9-32型機を2機。それぞれ導入したがいずれも退役している。

要目[編集]

DC-9-30に同じ。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 航空ファン別冊 No.32 アメリカ軍用機1945~1986 空軍編 P158 雑誌コード 03344-8 1986年 文林堂
  2. ^ a b c d 航空ファン別冊 No.35 アメリカ軍用機1945~1987 海軍/陸軍編 文林堂 雑誌コード03744-2 P46
  3. ^ Douglas Jetliners, Guy Norris&Mark Wagner ,Zenith Pr ,P30 ISBN 9780760306765
  4. ^ Classic American Airliners, Bill Yenne ,Zenith Pr ,P160 ISBN 9780760307861

外部リンク[編集]