YC-15 (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

マクドネル・ダグラス YC-15

カリフォルニア州エドワーズ空軍基地に展示されているYC-15の試作機

カリフォルニア州エドワーズ空軍基地に展示されているYC-15の試作機

YC-15は、アメリカ空軍の「先進中型短距離離着陸輸送機計画」(AMST, Advanced Medium STOL Transport)に基づいてマクドネル・ダグラスが製造した軍用輸送機である。

ボーイングの開発したYC-14とともに競争試作されたが、両機とも制式採用はされなかった。

概要[編集]

1970年代前期にアメリカ空軍はC-130を代替する「先進中型短距離離着陸輸送機計画」を開始し、それに応じてマクドネル・ダグラスが開発した機体がYC-15である。

YC-15の特徴は、EBF方式(Externally Blown Flaps)によるパワード・リフトによりSTOLを可能としていることにある。これはターボファンエンジンの排気を直接フラップに当てることにより、上方推力を得る方式である。また二重隙間フラップを用いているため、フラップを通過した排気の一部はコアンダ効果により、揚力増加効果をもたらす。エンジンノズルに工夫を凝らすことにより、排気温度の低下も行なわれていた。

胴体および尾翼はC-130のものを流用しており。主翼は高翼配置の直線翼とし、翼断面形状にはスーパークリティカル翼型を用いている。尾翼はT字尾翼となっていた。エンジンにはターボファンエンジンを4基装備している。

2機が製造され、試作1号機は1975年8月26日に初飛行し、1号機と2号機により合わせて600時間ほどの飛行試験が行われた。しかし、競争試作機のYC-14と同様、短距離離着陸性能の過度の追求による高コストがネックとなり、1979年にはAMST計画は中止となり、本機の開発も中止となった。その後はデビスモンサン空軍基地モスボール化されて保管された。

後に1機は博物館に送られたが、もう一機は1997年に飛行可能状態に戻し技術試験機として使用する計画があり、復元作業も行われたが、途中で計画中止となった。

YC-15は制式採用はなされなかったものの、本機によって実証されたEBF方式によるパワード・リフトは、後にマクドネル・ダグラス(現:ボーイング)によって開発されたC-17 グローブマスターIIIに採用され、本機の開発によって得られた各種データはC-17の開発に大いに生かされている。

要目[編集]

YC-15 試作1号機
F-4 ファントムを伴っての飛行試験時の撮影
  • 全長:37.9m
  • 全幅:33.6m(試作1号機)/40.4m(試作2号機)
  • 全高:13.2 m
  • 翼面積:162 m^2
  • 空虚重量:47.6 t
    • 最大離陸重量:98.286 t
  • 最大積載量:35 t ないし 武装兵員 150 名
  • エンジン:P&W JT8D ターボファンエンジン (推力 68.9kN)4基
  • 最高速度:861 km/h
  • 航続距離:4,810 km
  • 乗員:3名

関連項目[編集]

外部リンク[編集]