C-124 (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

C-124 グローブマスター II

アメリカ空軍のC-124

アメリカ空軍のC-124

C-124(英語:C-124 Globemaster II)はアメリカ合衆国ダグラス社が開発した軍用輸送機である。愛称はグローブマスター II(Globemaster II)。1949年に初飛行した。冷戦時代初期の戦略軍事輸送の主力であった。

概要[編集]

大型輸送機を欲していたアメリカ陸軍航空軍が、第二次世界大戦中の1942年にダグラス社に対し、大型輸送機の開発を指示していた。こうして開発されたのが4発レシプロエンジンを搭載した当時としては空前の大型機であるC-74輸送機であった。

こうして1946年よりC-74の部隊配備が開始されるが、戦争終結に伴い必要性が薄れたため、生産機数は14機にとどまった。しかし1948年にベルリン封鎖が発生すると、C-74が大活躍したため、この経験がC-124の導入に拍車をかけることとなった。

C-124は1947年から開発が進められており、1949年11月27日に初飛行した[1]。C-124は大型のヘリコプターや戦車さえも搭載できる二層のキャビンデッキを持つ大きな輸送力とともに、機体前方に大きな観音開きの貨物ドアとリフトが設置され、迅速な輸送作戦が行われるように改良された。主翼は低翼配置であり、4基のレシプロエンジンが設置されている。

1950年5月に実戦配備され、おりしも勃発した朝鮮戦争では国連軍として参加したアメリカ軍のために大きく活躍するとともに、冷戦初期の世界各地に展開するアメリカ軍に物資を送り届ける活躍をみせた。全部で448機が生産され、アメリカ合衆国戦略航空軍団1962年までC-124を運用していたが、ベトナム戦争でもジェット軍用輸送機が導入されていたにもかかわらず、場合によっては作戦に投入された。その後はアメリカ空軍州兵で運用されたが、1974年9月に退役した。

現在でも多くの機体がアメリカ各地で保存されており、韓国ソウルにある陸軍士官学校の附属博物館にも保存展示されている。

C-124を元にターボプロップ化した超大型輸送機および輸送/空中給油機としてC-132も計画されていたが、搭載予定だったエンジン(YT-57)が完成しなかったためモックアップ段階で中止された。

1950年代~1960年代を代表する巨人機であり米軍を中心に世界各地で使用された。そのため事故数も多く1952年12月10日に米国ワシントン州のラーソン空軍基地で115名を乗せたC-124が離陸直後に墜落し87名死亡の事故がおきている。また日本でも1953年(昭和28年)6月18日に立川基地を飛び立ったC-124がエンジン故障で墜落し乗っていた129名が全員死亡する事故も発生している(参照・立川基地グローブマスター機墜落事故)これら2つの事故は発生当時としては共に“航空事故史上最大の死者を出した事故”であった。

要目[編集]

日本に飛来したC-124(1952年10月)
  • 全長:40.00m
  • 全幅:53.06m
  • 全高:14.70m
  • 自重:46t
  • 最大離陸重量:98t
  • ペイロード:31tまたは完全武装兵員200名または戦病兵127名
  • 乗員:6名
  • 最大速度:520km/h
  • 最大上昇限界高度:34,000フィート
  • エンジン:P&W R-4360星型レシプロエンジン(3,800馬力)4基

脚注[編集]

  1. ^ 航空ファン別冊 No.32 アメリカ軍用機1945~1986 空軍編 P94-95 文林堂 雑誌コード 03344-8 1986年