C-27J スパルタン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

C-27J スパルタン

イタリア空軍のC-27J

イタリア空軍のC-27J

アレーニア C-27J スパルタン (Alenia C-27J Spartan) は、イタリアアレーニア・アエロナウティカが開発・製造する中型軍用輸送機である。

アメリカロッキード・マーティンの協力の下開発されたアエリタリア G.222の新世代型で、エンジンとアビオニクスはロッキード・マーティンのC-130J スーパーハーキュリーズのものを使用している。

概要[編集]

1997年、G.222クラスの中型輸送機の需要が今後も大きいと考えたアレーニアは、ロッキード・マーティンとロッキード・マーティン・アレーニア・タクティカル・トランスポート・システムズ (LMATTS) を設立し、C-130Jで採用された新技術を採り入れる形でG.222の改良型の開発を決定した。この型は当初G.222Jと呼ばれていたが、アメリカ空軍のG.222がC-27A スパルタンと呼ばれていたことから、正式名称はC-27J スパルタンに決定した[1]。試作機はイタリア空軍のG.222を改造して作られ、1999年9月25日に初飛行した[2]。同年11月11日にはイタリア空軍が12機を発注し、2006年から引き渡しが開始された。

基本設計は原型機であるG.222のままだが、C-130Jと同じロールス・ロイス AE 2100エンジンと6翅プロペラを採用したことで、巡航速度が約15%、航続距離が約35%、巡航高度が約30%向上し、ペイロードも2,500kg増加した。機動性はさらに高まり、横転(ロール)や宙返り(ループ)といった曲技飛行を披露できるほどである。アビオニクスも一新され、コックピットがC-130Jと同じ技術を用いたグラスコックピットとなったことでパイロット2名での飛行が可能になった。また、貨物室周辺の機体構造強化により、貨物室の床はC-130Jと同じ強度になっている[1]。オプションでヘッドアップディスプレイ空中給油プローブ、ミサイル警報装置チャフフレアディスペンサーなどの各種防御機器を装備できる他[3]ガンシップ型AC-27Jや電子戦型EC-27など複数の派生型が提案されている。

米軍での採用[編集]

アメリカ空軍州兵のC-27J

2007年6月、アメリカ空軍・陸軍C-12C-23などの軽輸送機の後継となる統合貨物航空機(JCA)にC-27Jを選定し[3]、最初の調達分として空軍向け24機、陸軍向け54機の計78機を発注した。しかしこの選定でロッキード・マーティンが競合するC-130Jを勧めたためLMATTSは解散[4] 、アレーニア・アエロノーティカはL-3 コミュニケーションズと共同でグローバル・ミリタリー・エアクラフト・システムズ (GMAS) を設立し[5]、後にボーイングも加わった[6]。これにより、米軍仕様の機体はL-3の工場で改装が行われることになり、同時に海外からの受注機もアメリカのFMS(対外有償軍事援助)によりL-3から輸出されるようになった[7]

機体は2008年から引き渡しが開始されているが、国防予算削減の流れなどもあり、2009会計年度の予算において調達要求が78機から38機に大幅削減され[8]、最終的に21機で調達は打ち切られた[7]。さらに2013会計年度に向けての予算案では、C-27J全機を退役・処分する計画が示されており[9]、今後のC-27Jの調達・運用継続についての情勢は流動的になっている。なお、輸出方式もイタリアのアレーニア本社と北米子会社アレーニア・ノースアメリカが直接販売することが可能な方式に改められる予定[7]

運用[編集]

C-27Jの採用国
ルーマニア空軍のC-27J
オーストラリアの旗 オーストラリア
ブルガリアの旗 ブルガリア
ギリシャの旗 ギリシャ
イタリアの旗 イタリア
リトアニアの旗 リトアニア
モロッコの旗 モロッコ
メキシコの旗 メキシコ
ペルーの旗 ペルー
ルーマニアの旗 ルーマニア
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国

仕様 (C-27J)[編集]

旋回を披露するC-27J

出典: Alenia Aeronautica,[11] C-27J facts[12]

諸元

  • 乗員: 3名: 操縦士、副操縦士、ロードマスター
  • 定員:
    • 兵士60名 または
    • 空挺部隊46名または
    • 負傷者36名と6名の医療要員
  • ペイロード: 11,500 kg (25,353 lb)
  • 全長: 22.7 m (74 ft 6 in)
  • 全高: 9.6 m (31 ft 8 in)
  • 翼幅: 28.7 m(94 ft 2 in)
  • 翼面積: 82 m² (882.7 ft²)
  • 空虚重量: 17,000 kg (37,479 lb)
  • 最大離陸重量: 30,500 kg (67,240 lb)
  • 動力: ロールス・ロイス AE 2100-D2A ターボプロップ、4,637 shp (3,460 kW) × 2

性能

  • 最大速度: 602 km/h (325 kts, 374 mph)
  • 巡航速度: 583 km/h (315 kts, 362 mph)
  • フェリー飛行時航続距離: 5,926 km (3,200 nmi)
  • 航続距離: 最大燃料時 4,260 km, 最大積載時 1,852 km (最大燃料時 2,300 nmi, 最大積載時 1,000 nmi)
  • 実用上昇限度: 9,144 m (30,000 ft)
  • 離陸滑走距離: 最大積載時 580 m (1,900 ft)
  • 着陸滑走距離: 最大積載時 340 m (1,120 ft)


お知らせ。 使用されている単位の解説はウィキプロジェクト 航空/物理単位をご覧ください。
主な中型戦術輸送機の比較
C-1
日本の旗
G.222
イタリアの旗
C-27J
イタリアの旗
C-295
スペインの旗
An-26
ソビエト連邦の旗
An-72
ソビエト連邦の旗
乗員 5名 4名 3名 2名 5名 3〜5名
全長 29.0 m 22.7 m 24.50 m 23.80 m 28.07 m
全幅 30.6 m 28.7 m 25.81 m 29.20 m 31.89 m
全高 9.99 m 9.8 m 8.60 m 8.58 m 8.65 m
空虚重量 23,320 kg 14,590 kg 17,000 kg 11,000 kg 15,200 kg 19,050 kg
最大離陸重量 38,700 kg 28,000 kg 30,500 kg 23,200 kg 24,000 kg 34,500 kg
最大積載量 8,000 kg 9,000 kg 11,500 kg 9,250 kg 5,500 kg 10,000 kg
発動機 P&W JT8D ×2 GE T64-GE-P4D ×2 RR AE 2100-D2A ×2 P&Wカナダ PW127G ×2 プログレスAI-24VT ×2 I-P D-36 ×2
ターボファン ターボプロップ ターボファン
巡航速度 650 km/h 439 km/h 583 km/h 480 km/h 440 km/h 600 km/h
航続距離 0 t/2,400 km
6.5 t/2,185 km
8 t/1,500 km
フェリー時/4,633 km
9 t/1,371 km
フェリー時/5,926 km
6 t/4,260 km
11 t/1,852 km
フェリー時/5,220 km
4.5 t/4,300 km
9.2 t/1,445 km
0 t/2,550 km
5.5 t/1,100 km
フェリー時/4,800 km
10 t/800 km
最短離陸
滑走距離
460 m 662 m 580 m 670 m 1,240 m 400 m
初飛行 1970年 1999年 1997年 1969年 1977年

脚注[編集]

  1. ^ a b 『週刊 ワールド・エアクラフト』No.181 2003年 デアゴスティーニ
  2. ^ 『週刊 ワールド・エアクラフト』No.175 2003年 デアゴスティーニ社
  3. ^ a b 『JWings』No.122 2008年 イカロス出版
  4. ^ LM To Join JCA Competition With Four-Engine Offering
  5. ^ C-27J Team
  6. ^ Boeing Jumps on JCA Competition
  7. ^ a b c 『JWings』No.174 2013年 イカロス出版
  8. ^ “U.S. Senators Back Purchase Of More C-27s” (英語) 2010会計年度におけるC-27Jの調達に関して報じるアメリカの国防系ニュースサイト“DefenseNews”の記事。2010年7月8日掲載、2012年2月20日閲覧。
  9. ^ “Defense Budget Priorities and Choices” (英語) 国防総省が公表した2013会計年度に向けての予算案の概要説明冊子。9ページ目の“Mobility Aircraft Implications”(機動航空機に関する事項)の項
  10. ^ 『JWings』No.187 2014年 イカロス出版
  11. ^ Alenia Aeronautica official site
  12. ^ C-27J essential facts, C-27j.com

関連項目[編集]

外部リンク[編集]