立川飛行場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
立川飛行場
Tachikawa Airfield
IATA: noneICAO: RJTC
概要
空港種別 軍用
所有者 防衛省
運営者 陸上自衛隊
所在地 東京都立川市
建設年 1922年
指揮官 東部方面航空隊長 兼任
所在部隊 東部方面航空隊
第1飛行隊
警視庁航空隊
東京消防庁航空隊
標高 313 ft / 95 m
座標 北緯35度42分39秒
東経139度24分11秒
地図
RJTCの位置(日本内)
RJTC
RJTC
空港の位置
滑走路
方向 全長 表面
ft m
01/19 900×45 舗装

立川飛行場(たちかわひこうじょう)は、東京都立川市に所在する防衛省所管の飛行場。旧立川飛行場は立川市と昭島市にまたがって所在していた。

概要[編集]

現在の立川飛行場は1982年3月から運用が開始され[1]、主に各官公庁のヘリコプターが運用されている。陸上自衛隊立川駐屯地の一部であると同時に立川広域防災基地としての役割があることから、東京消防庁航空隊本部(旧:多摩航空センター)や警視庁航空隊立川飛行センターが併設され共用している。常駐機はないが海上保安庁の海上保安試験研究センターもヘリコプターの駐機場・格納庫・給油施設を備える[2]。訓練のため定期的に航空自衛隊C-1輸送機や海上保安庁のヘリコプターが飛来する。滑走路の長さは900m[3]であるが、離着陸滑走時に使える北側の部分を含めると1,200mである。

航空管制[編集]

種類 周波数(VHF 周波数(UHF
TWR 118.85MHz 123.10MHz 123.45MHz 126.20MHz
138.05MHz 139.80MHz 141.65MHz
236.80MHz 298.80MHz
GCA 121.30MHz 125.30MHz 134.10MHz 138.30MHz 235.00MHz 270.80MHz 335.80MHz
  • 太字は主要波を、斜体は救難用波をそれぞれ表す。
  • 出域管制は横田DEP、入域管制は横田APP/RDR/ARRIVALによる管制を受ける。

歴史[編集]

立川陸軍飛行場[編集]

立川飛行場は大正時代1922年、帝都防衛構想の陸軍航空部隊の中核拠点として開設された。当時、立川駅北口には広大な土地があり、鉄道に近く燃料輸送や兵員輸送にも好都合だった。立川飛行場には前年に岐阜県各務原で編成された飛行第五大隊が移駐し、同隊は1925年に飛行第五連隊へと昇格した。立川飛行場は昭和時代の初めに民間空港としても共同利用されていた時期があり、1929年には立川と大阪を3時間で結ぶ日本初の定期航空路が開設された。その後、満州事変が始まった1931年に東京飛行場(現在の羽田、東京国際空港)が開港し、1933年に民間機は東京飛行場に移転して立川飛行場は陸軍専用となったが、1937年にパリを目指して飛び立った神風号の出発は立川飛行場からだった。

日中戦争下の1938年に飛行第五連隊隷下の戦闘中隊は飛行第五戦隊に改編され、翌年には柏飛行場千葉県)へ移駐した。そのため太平洋戦争中は実戦部隊こそ置かれていなかったが、立川飛行場は陸軍航空部隊の研究・開発・製造の一大拠点として重要な地位を占めていた。立川飛行場の隣には立川陸軍航空工廠などの軍の工場や陸軍航空技術研究所1928年移駐)などがあり、少し離れた場所には陸軍獣医資材本廠があった。また周辺には軍用機を製造する立川飛行機日立航空機昭和飛行機工業など多くの民間工場が建てられ、これらは戦争末期に連合軍による激しい爆撃を受けた(立川爆撃)。

アメリカ空軍立川基地[編集]

航空写真に見る1974年撮影の立川飛行場付近。全面返還前。右端の黒くなっている辺りが現立川飛行場の滑走路である。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成
航空写真に見る1989年撮影の立川飛行場付近。全面返還後。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

敗戦に伴いアメリカ軍は立川飛行場を接収して、既存の滑走路の東側に延長約2000メートル(オーバーラン含む)の新滑走路を建設した。アメリカ軍は新滑走路から東側を極東航空資材司令部(FEAMCOM - Far East Air Material Command、 FAC 3011、通称フィンカム基地)、西側を極東空軍輸送飛行場(FAC 3012)とした。朝鮮戦争後の1954年(昭和29年)4月には第315航空師団が移駐し、これと前後して軍事航空運輸サービス(MATS - Military Air Transport Service)の旅客ターミナルが開設された。しかし立川飛行場の滑走路は両端が囲障に近く、実効延長は1500~1800メートルでボーイング707やダグラスDC-8などのジェット輸送機の離着陸が困難だった。そのため1月から3月の日米合同委員会(JC)で、アメリカ軍は立川を始め木更津・新潟・小牧・横田・伊丹の各飛行場の拡張を要求した。

1956年(昭和31年)1月にアメリカ軍は2つの基地を統合して、立川航空基地Tachikawa Air Base、FAC 3012、日米安保条約上の施設名称は「立川飛行場」)と名づけた。1950年代から1960年代にかけて、基地の西側は兵員や軍事物資、軍関係の旅行者を乗せた飛行機で賑わい、多くのレシプロ貨物機が飛来した。軍用輸送機としてはダグラスC-124ロッキードC-46、C-47、C-54、C-130などが飛来し、ダグラスDC-6Bやロッキード コンステレーションなどの民間チャーター機も飛来した。最盛期には平均約2300回/月の発着と約2万人/月の空輸が行われたが、国会によると乗客の中には新潟日赤センター爆破未遂事件を支援するために日本に潜入した韓国工作員も居たと言う[4]。一方、東側の極東航空資材司令部は組織改編に伴い極東航空兵站軍(FEALOGFOR - Far East Air Logistics Force)、航空資材軍太平洋地区(AMFPA - Air Material Force Pacific Area)などに名称を変更しながら後方支援施設として機能した。

一方、ジェット機への対応は北側への滑走路拡張計画に対して、地元地権者や学生活動家が猛反対した。1957年の強制測量をきっかけに砂川事件が起き、1959年には最高裁判所が駐留米軍の合憲性を判断する事態にまで発展した。1960年(昭和35年)にベトナム戦争が始まったが、砂川事件の裁判が続き拡張計画の実施は停滞した。アメリカ軍は横田飛行場(旧陸軍立川飛行場付属多摩飛行場)の滑走路を1300メートルから3350メートルに延伸し、兵員施設を整備して、1960年(昭和35年)から立川の軍事航空運輸サービスを順次移転した。

1969年、リチャード・ニクソンがアメリカの大統領に就任した。この頃、立川では最終的に拡張予定地の90%にあたる約25.5万m²の土地買収が完了していたが、最初の拡張要求から14年が経過し、日本の防衛力整備が進んだことなどを主な理由としてアメリカ軍は1968年(昭和43年)12月20日に滑走路延長計画の中止を発表した。さらに1969年(昭和44年)3月には第315航空師団の解散と第22軍事空輸中隊の活動停止が発表され、同年10月には立川飛行場における飛行活動の全面停止が決定。12月8日をもってアメリカ軍による全ての飛行活動は停止された。

主な配置部隊[編集]

編成 部隊 期間 主な運用機  
航空師団 第315航空師団 315th Air Division 1954.4.24 - 1969.4.15 C-46, C-47,
C-54, C-118,
C-119, C-124,
C-130
[5]
航空団 第54輸送航空団 54th Troop Carrier Wing 1945.9.25 - 1946.1.25 C-46, C-47 [6]
第317輸送航空団 317th Troop Carrier Wing 1948.8.18 - 12.2 C-46, C-54 [7]
第374輸送航空団 374th Troop Carrier Wing 1949.3.5 - 1957.7.1 C-46, C-47,
C-54, C-119,
C-124
[8]
第1503運輸航空団 1503d Air Transport Wing 1948.7.1 - 1964.6.22 C-46, C-47,
C-54, C-97,
C-124
[9][10]
第2710基地航空団 2710th Air Base Wing 1956.? - 1961.1.1 [11]
第6100基地航空団 6100th Air Base Wing 1961.1.1 - 1961.7.1 [12]
第6100支援航空団
(関東基地司令部)
6100th Support Wing,
Kanto Base Command
1961.7.1 - 1970.7.31 C-54 [13][14]
[15]
航空群 臨時第1輸送群 1st Troop Carrier Group,
Provisional
1950.8.26 - 1951.1.25 C-46, C-47 [16]
第61輸送群 61st Troop Carrier Group 1952.3.26 - 11.18 C-54, C-124 [17]
第65軍事空輸群 65th Military Airlift Group 1966.1.8 - 1967.8.14 C-124 [18][19]
第71偵察群 71st Reconnaissance Group 1945.10.23 - 1946.1.15 P-38, P-51 [20]
第317輸送群 317th Troop Carrier Group 1946.1.15 - 1948.9.21 C-46, C-47,
C-54
[21]
第374輸送群 374th Troop Carrier Group 1949.3.5 - 1950.9.15
1950.12.17 -1958.11.18
C-46, C-54,
C-119, C-124
[22]
第375輸送群 375th Troop Carrier Group 1945.9.20 - 1946.3.25 C-46, C-47 [23]
第433輸送群 433d Troop Carrier Group 1945.9.11 - 1946.1.15 C-46, C-47 [24]
第1503航空運輸群 1503d Air Transport Group 1964.6.22 - 1966.1.8 C-124 [25]
飛行中隊 第4輸送中隊 4th Troop Carrier Squadron 1951.7.25 - 11.16 C-54, C-124 [26]
第6輸送中隊 6th Troop Carrier Squadron 1947.4.13 - 12.1
1949.3.5 - 1964.6.22
C-46, C-54,
C-124
[27]
第14輸送中隊 14th Troop Carrier Squadron 1951.11.16 - 1952.12.1 C-54, C-124 [28]
第15輸送中隊 15th Troop Carrier Squadron 1952.3.26 - 11.18 C-54, C-124 [29]
第21輸送中隊 21st Troop Carrier Squadron 1950.6.29 - 7.21
1951.1.25 - 7.26
1951.10.18 - 1952.3.28
1952.4.1 - 1955.11.4
1955.11.20 - 1958.11.15
C-46, C-47,
C-54, C-119,
C-130
[30]
第22輸送中隊 22d Troop Carrier Squadron 1948.11.16 - 1966.1.8 C-46, C-47,
C-54, C-124
[31]
第22軍事空輸中隊 22d Military Airlift Squadron 1966.1.8 - 1969.6.8 C-124 [31]
第36航空救助中隊 36th Air Rescue Squadron 1960.6.25 - 9.18
1961.6.18 - 1965.7.1
SC-54 (HC-54),
SH-19 (HH-19),
HH-43
[32]
第36航空回収中隊 36th Air Recovery Squadron 1965.7.1 - 1966.1.8 HC-130, HH-43 [32]
第36航空宇宙
救助回収中隊
36th Aerospace Rescue
and Recovery Squadron
1966.1.8 - 1969.12.1 HC-130 [32]
第39輸送中隊 39th Troop Carrier Squadron 1946.1.15 - 7.17
1946.10.16 - 1948.9.21
C-46, C-47
C-54
[33]
第40輸送中隊 40th Troop Carrier Squadron 1946.1.19 - 10.17
1948.8.1 - 11.16
C-46, C-47
C-54
[34]
第41輸送中隊 41st Troop Carrier Squadron 1946.1.19 - 1947.4.30
1947.9. - 1948.9.22
C-46, C-47
C-54
[35]
第46輸送中隊 46th Troop Carrier Squadron 1946.1.19 - 7.10
1948.10.1 - 1949.4.1
C-46, C-47 [36]
臨時第46輸送中隊 46th Troop Carrier Squadron
(Provisional)
1950.8.26 - 10.6 C-46, C-47 [16]
臨時第47輸送中隊 47th Troop Carrier Squadron
(Provisional)
1950.8.26 - 1951.1.25 C-46, C-47 [16]
臨時第48輸送中隊 48th Troop Carrier Squadron
(Provisional)
1950.8.26 - 1951.1.10 C-46, C-47 [16]
第55輸送中隊 55th Troop Carrier Squadron 1945.9.20 - 1946.3.25 C-46, C-47 [37]
第56輸送中隊 56th Troop Carrier Squadron 1945.9.20 - 1946.3.25 C-46, C-47 [38]
第57輸送中隊 57th Troop Carrier Squadron 1945.9.20 - 1946.3.25 C-46, C-47 [39]
第58輸送中隊 58th Troop Carrier Squadron 1945.9.20 - 1946.3.25 C-46, C-47 [40]
第67輸送中隊 67th Troop Carrier Squadron 1945.9.25 - 1946.1.15 C-46, C-47 [41]
第68輸送中隊 68th Troop Carrier Squadron 1945.9.25 - 1946.1.15 C-46, C-47 [42]
第69輸送中隊 69th Troop Carrier Squadron 1945.9.25 - 1946.1.15 C-46, C-47 [43]
第70輸送中隊 70th Troop Carrier Squadron 1945.9.25 - 1946.1.15 C-46, C-47 [44]
第86輸送中隊 86th Troop Carrier Squadron 1951.1.26 - 1952.3. C-46 [45]
第431戦闘中隊 431st Fighter Squadron 1947.2.20 - 11.15 P-51 [46]
第776輸送中隊 776th Troop Carrier Squadron 1965.12.26 - 1966.4.1 C-130 [47]
第801医療航空
後送中隊
801st Medical Air Evacuation
Squadron
1950.9.14 - 12.1
1951.2.6 - 1953.6.18
C-46, C-47,
C-54, C-124
[48]
第815輸送中隊 815th Troop Carrier Squadron 1960.6.25 - 1967.8.1 C-130 [49]
第815戦術空輸中隊 815th Tactical Airlift Squadron 1967.8.1 - 1969.12.15 C-130 [49]
第816輸送中隊 816th Troop Carrier Squadron 1956.9.17 - 9.18 C-119 [50]
第6485作戦中隊 6485th Operations Squadron 1956.9.17 - 1968.9.1 C-54, C-118 [5][51]
分遣隊 第7航空運輸飛行隊
A分遣隊(海軍)
Detachment Alpha, VR-7,
Naval Air Transport Squadron
1959.8 - 1966.7 C-121 [52]

基地返還と再開発[編集]

飛行活動停止後もアメリカ軍は倉庫や宿舎・病院などの後方支援施設として滑走路部分を除いた区域を使用していたが、管理部隊だった第6100支援航空団が1970年(昭和45年)7月に解散。1971年(昭和46年)11月からは横田飛行場で新編された第475基地航空団(475th Air Base Wing)の管理下に入り、ランドリー(洗濯工場)の閉鎖など施設の縮小が続いた。同年には陸上自衛隊とアメリカ空軍の間で立川飛行場の滑走路使用に関する協定が締結され、翌1972年(昭和47年)に陸上自衛隊の先遣隊は空から移駐を開始、立川駐屯地が発足した。

1973年(昭和48年)1月の第14回日米安全保障協議委員会(SCC)で合意された「関東平野合衆国空軍施設整理統合計画」で立川飛行場はアメリカ軍からの全面返還が発表された。地域販売所、陸軍死体処理場(1964年に横浜市港北区の岸根兵舎地区から移転)、空軍病院などといった主要施設の横田飛行場移転とともに段階的に返還が実施され、1977年(昭和52年)11月30日に全ての敷地が全面返還された。東地区の旧極東航空資材司令部付近は所有者である立飛企業株式会社や新立川航空機株式会社に返還され、商業施設のほか都立砂川高校、市立中学校、市立体育館などの公的施設用地として利用されており、旧空軍病院付近はタチヒゴルフ練習場として利用されている。その他の跡地は東部・中央部・西部の3地区に分割され、東側は陸上自衛隊立川駐屯地のほか、海上保安庁警視庁東京消防庁など各官公庁の施設が設けられ、立川広域防災基地となった。1994年には、一部がファーレ立川として再開発された。また中央部は、昭和天皇在位50年を記念して国営昭和記念公園が造営された。

残った西部地区は米軍から返還された後も30年以上実質放置されていたので、自然な森と化し、近年では稀少動植物の存在が確認されている。また、松任谷由実の「LAUNDRY-GATEの想い出」で歌われた、立川陸軍航空工廠の煙突も戦後の佇まいを残している。そのような中、2007年9月に東京都、神奈川県にある数箇所の刑務所関連施設を統合した「国際法務総合センター」(仮称)の建設案が法務省から昭島市へ要請され、北川穰一・昭島市長は要請を受理する意向を示した。法務省からのこの要請に一部の市民が刑務所施設建築反対運動を行い、27,000人を超える署名を集めて昭島市へ陳情したが、市議会で不採択となった。その後、2008年6月に東京都が利用計画を財務省に提出した[53]。2013年9月から柴崎分水路移設その他工事により、残置構造物撤去や樹木伐採が始まり基地跡に残っていた建物や煙突の一部が姿を消した。残堀川近くの三本煙突は現存するが、2014年7月以降に解体撤去される予定。

備考[編集]

  • 現在の立川飛行場滑走路は旧米軍立川基地滑走路の西約200mに新設されたものである。旧滑走路上には立川広域防災基地を構成する各官公庁の施設やヘリポートが整備された。北側の旧滑走路末端標識については現在でも航空写真で確認できる。なお、南側の旧滑走路末端は国営昭和記念公園の立川口駐車場入口から西に100mほど進んだ辺りに存在した。
  • 多摩都市モノレール線立飛駅の名称は、駅周辺に所在するタチヒグループに由来するものであり、現立川飛行場である陸上自衛隊立川駐屯地とは距離がある。
  • 2000年以降、国営昭和記念公園に場所を移して行われていた箱根駅伝予選会のコースが、2005年に飛行場の東からスタートし、北上してから公園に入るコースになり、2006年からは飛行場の滑走路がスタート地点となり、コースも一部が市街地を経由してから公園に入るようになった。予選会参加校の増加に伴い、スタートを公園内にするには限界があり、選手の安全面も配慮されてのものである。
  • 2013年より始まった「柴崎分水路移設その他工事」や「国際法務総合センター建設工事」などの立川基地跡地再開発事業により、森林と化していた立川陸軍航空工廠立川支廠跡や立川陸軍航空工廠跡にあった建物や煙突、鉄道遺構が解体撤去された。木も伐採され更地となりつつあり、30年以上続いた処分留保状態は終わった。

脚注[編集]

  1. ^ 立川駐屯地 - 飛行場の歴史
  2. ^ 海上保安庁総務部海上保安試験研究センター
  3. ^ AIS JAPAN
  4. ^ 第033回国会法務委員会第6号”. 衆議院 (1959年12月8日). 2010年2月5日閲覧。
  5. ^ a b AFHRA Fact Sheet, 315th Air Division. U.S. Air Force Historical Research Agency, 2007. Retrieved: 17 Dec 2012.
  6. ^ Maurer (1983). p. 397.
  7. ^ Ravenstein (1984). p. 168.
  8. ^ Endicott (1998). p. 260.
  9. ^ Abstract, History of 1503d Air Transport Wing (Jan-Jun 1964). Air Force History Index.org. Retrieved: 17 Dec 2012.
  10. ^ Abstract, History of 1503d Air Transport Wing (Oct 1950). Air Force History Index.org. Retrieved: 17 Dec 2012.
  11. ^ Abstract, History of 315th Air Division (Jan-Jun 1956). Air Force History Index.org. Retrieved: 17 Dec 2012.
  12. ^ Abstract, History of 6100th Air Base Wing (Jan-Jun 1961). Air Force History Index.org. Retrieved: 17 Dec 2012.
  13. ^ Headquarters, U.S. Forces, Japan, History of Headquarters United States Forces, Japan, 1 April - 30 June 1968. Fuchu AS, Tokyo: Office of the Assistant Chief of Staff, J3 (Plans and Operations Div.), HQ USFJ. p. 29.
  14. ^ Abstract, History of 6100th Support Wing (Jan-Jun 1961). Air Force History Index.org. Retrieved: 17 Dec 2012.
  15. ^ Abstract, History of 6100th Support Wing (Apr-Jul 1970). Air Force History Index.org. Retrieved: 17 Dec 2012.
  16. ^ a b c d Endicott (2001). p. 91.
  17. ^ Maurer (1983). p. 126.
  18. ^ Abstract, History of 61st Military Airlift Wing (Jul-Dec 1967). Air Force History Index.org. Retrieved: 17 Dec 2012.
  19. ^ Fletcher (1993). p. 197.
  20. ^ Maurer (1983). p. 139.
  21. ^ Maurer (1983). p. 196.
  22. ^ AFHRA Fact Sheet, 374th Operations Group. U.S. Air Force Historical Research Agency, 2010. Retrieved: 17 Dec 2012.
  23. ^ Maurer (1983). p. 263.
  24. ^ Maurer (1983). p. 304.
  25. ^ Abstract, History of 1502d Air Transport Wing (Jan-Jun 1964). Air Force History Index.org.Retrieved: 17 Dec 2012.
  26. ^ Endicott (1998). p. 346.
  27. ^ Endicott (1998). p. 372.
  28. ^ Endicott (1998). p. 439.
  29. ^ Endicott (1998). p. 443.
  30. ^ Endicott (1998). p. 480.
  31. ^ a b Endicott (1998). p. 489.
  32. ^ a b c AFHRA Fact Sheet, 36th Rescue Flight. U.S. Air Force Historical Research Agency, 2007. Retrieved: 17 Dec 2012.
  33. ^ Endicott (1998). p. 546.
  34. ^ Endicott (1998). p. 550.
  35. ^ Endicott (1998). p. 554.
  36. ^ Maurer (1982). p. 205.
  37. ^ Maurer (1982). p. 226.
  38. ^ Endicott (1998). p. 601.
  39. ^ Endicott (1998). p. 605.
  40. ^ Maurer (1982). p. 232.
  41. ^ Maurer (1982). p. 253.
  42. ^ Maurer (1982). p. 255.
  43. ^ Maurer (1982). p. 258.
  44. ^ Maurer (1982). p. 260.
  45. ^ Maurer (1982). p. 298.
  46. ^ Maurer (1982). p. 533.
  47. ^ AFHRA Fact Sheet, 776th Expeditionary Airlift Squadron. U.S. Air Force Historical Research Agency, 2010. Retrieved: 17 Dec 2012.
  48. ^ Endicott (2001). p. 108.
  49. ^ a b AFHRA Fact Sheet, 815th Airlift Squadron. U.S. Air Force Historical Research Agency, 2008. Retrieved: 17 Dec 2012.
  50. ^ Maurer (1982). p. 766.
  51. ^ Commander in Chief, U.S. Pacific Command: CINCPAC Command History 1965, Vol. I. p. 18; CINCPAC Command History 1966, Vol. I. p. 17; CINCPAC Command History 1967, Vol. I. p. 16; CINCPAC Command History 1968, Vol. I. p. 21. Camp H.M. Smith, HI: Historical Branch, Office of the Joint Secretary, HQ CINCPAC. 1966 - 1969.
  52. ^ Naval Air Transport Squadron Seven Alpha. NavyMATS.com. 2008. Retrieved: 17 Dec 2012.
  53. ^ 立川基地跡地 昭島地区の利用計画について 東京都都市整備局

参考文献[編集]

  • 立川飛行場の歴史(立川駐屯地公式サイトより)
  • 立川飛行場の概要 (PDF) (立川市公式サイトより。立川広域防災基地関連ファイル)
  • 駐留軍用地跡地利用(立川飛行場) (PDF) (内閣府沖縄総合事務局総務部跡地利用対策課公式サイトより。電子図書館所蔵文書)※数秒後にアクセス可能
  • Endicott, Judy G., ed. Active Air Force Wings as of 1 October 1995: USAF Active Flying, Space, and Missile Squadrons as of 1 October 1995. Maxwell AFB, AL: Office of Air Force History, United States Air Force, 1998.
  • Endicott, Judy G., ed. The USAF in Korea, Campaigns, Units and Stations 1950-1953. Maxell AFB, AL: Air Force Historical Research Agency, United States Air Force, 2001. ISBN 0-16-050901-7
  • Fletcher, Harry R. Air Force Bases , Vol. II, Air Bases Outside the United States of America. Washington, DC: Center for Air Force History, United States Air Force, 1993. ISBN 0-912799-53-6
  • Maurer, Maurer, ed. Air Force Combat Units Of World War II. Maxwell AFB, AL: Office of Air Force History, United States Air Force, 1983. ISBN 0-89201-092-4
  • Maurer, Maurer, ed. Combat Squadrons of the Air Force, World War II (reprint ed.). Washington, DC: Office of Air Force History, United States Air Force, 1982 (1969). ISBN 0-405-12194-6
  • Ravenstein, Charles A. Air Force Combat Wings Lineage and Honors Histories 1947-1977. Maxwell AFB, AL: Office of Air Force History, United States Air Force, 1984. ISBN 0-912799-12-9

関連項目[編集]