B-17 (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

B-17 フライングフォートレス

B-17G

B-17G

B-17は、1935年アメリカ合衆国ボーイング社が開発した四発重戦略爆撃機。愛称はフライングフォートレス(Flying Fortress=空飛ぶ要塞)。

第二次世界大戦では、初期の太平洋戦域や、中期までの北アフリカ地中海フランスでの偵察と戦術爆撃、そして後期1943年半ばからのドイツ本土への戦略爆撃に本格的に運用された。特にドイツ本土爆撃でドイツの工業力を空から喪失させ、ヒトラー政権とナチスドイツを敗北へ追い込んだ。また、高々度での優れた性能と強い防御力はドイツ空軍を悩ませた。

当初は沿岸防衛用として哨戒と敵艦の攻撃用に立案され、後(1934年)に「敵国の軍隊よりもさらに重要である、その国の工業組織を目標」にする「護衛なしでやっていける」爆撃機をめざして[1]開発が行なわれた。

開発の経緯[編集]

爆撃を行うB-17G

1934年8月8日、アメリカ陸軍は、当時の主力爆撃機だったマーチンB-10(双発機)の後継機として、航続力と爆弾搭載量を2倍に強化した『多発爆撃機』を国内航空機メーカーに要求した。当初の目的はアラスカハワイなどアメリカの沿岸地域を防衛するための爆撃だった。第二次世界大戦参戦以前のアメリカは孤立主義的傾向が強く、このような高性能の爆撃機を保有する事については議会・納税者からの反対が根強かった。そのため「敵国を攻撃するための兵器ではなく、アメリカ本土防衛のための兵器である。」という名目の下、空飛ぶ要塞と命名された。列車砲の代替兵器として、アメリカの長大な海岸線で敵上陸軍を阻止迎撃することがその念頭にあった。

技術的特徴[編集]

ドイツ上空で対空砲火を受けている
B-17Gの機首先端下にある12.7mm 2門のガンターレット

最大の特徴は「その国の軍隊よりも重要な敵の工業組織を目標」にするために「護衛なし」で「長距離を行ける」爆撃機だという点にあるが、改良を重ねても「護衛なし」という点は達成できないことが判った。

突起物の無いスマートな機体
B-17の機体ラインは非常に滑らかな曲線と直線で構成されている。後期型は機銃多数を装備した物々しい外観を有するが、機体ラインそのものは流麗である。
爆撃機として世界最初の排気タービン
排気タービン式過給器は、エンジン排気という余剰エネルギーを利用して、エンジン内に大量の空気と燃料を強制的に送り込む装置。空気の薄い高高度で飛行する際、ピストンエンジン(レシプロエンジン)の出力を確保するのに必要不可欠であった。過給機を装備したことにより、B-17の高空性能も大幅に改善されている。ドイツや日本では実用化が遅れたため、高高度から侵入するアメリカ軍爆撃機の迎撃に非常に苦労した。
この技術は後に自動車にも応用されている。
豊富な防御火器
試作機で機銃5丁、後期型のG型では実に13丁の12.7 mm M2機関銃を装備していた。
優秀な防弾装備
機体主要部は防弾が施され、優秀な防弾能力・耐久力を持っており、小火器での撃墜は困難であったとされる。しかし、この装備が有効なものとなるのは太平洋戦争突入の直前から生産が開始されたE型からであった。それ以前の型は、イギリス空軍ハンドレページ ハリファックス爆撃機と比較して劣るような内容であったが、E型以降は強化された装備、密集編隊による防御火力の濃密化によって撃墜されにくくなり、それと併せてノルデン爆撃照準器によって正確な投弾が可能であった。(但し、“正確な投弾”は理論上の話であり、実際は補正外の風や敵の投弾妨害によってあまり命中精度は良くなかったとも言われている)

活躍[編集]

欧州戦線[編集]

欧州戦線で編隊を組むB-17F

第二次大戦の開戦後、イギリスにC型が貸与され「フォートレスI型」として、E型が「フォートレスII型」、F型が「フォートレスIII型」として運用された。しかし、訓練不足及び少数機での爆撃、爆撃照準器がノルデン爆撃照準器ではないことなどから目立った戦果をあげられなかった。後に、フォートレスI型の戦訓はD型に反映されることになった。

アメリカの参戦後はアメリカ陸軍の主力爆撃機として活躍。主にイギリスを基地とした対ドイツへの昼間爆撃に従事した。だが、イギリスで兵力を蓄積しはじめた1942年は、トーチ作戦(およびその後の北アフリカの作戦)のために兵力を抽出されてしまい本格的な爆撃作戦は実施できなかった。そして兵力の蓄積が進んだ1943年から昼間爆撃が本格化、フランスへの近距離爆撃で経験を積んでからドイツ本土への爆撃にも出撃するようになった。 護衛戦闘機の航続距離が充分でなかった1943年頃まではドイツ迎撃戦闘機により多数の…時には10%を越える損害を出ていたが、B-17の編隊は密集隊形で濃密な防御砲火の弾幕を張り、ドイツ戦闘機隊の攻撃を妨害し、逆に撃墜することもしばしばだった。1944年以降はP-51を始めとする戦闘機が護衛として随伴し、B-17の損害は一気に減少した。

なおB-17は頑丈で優れた安定性を持つ機体であるため、エンジンがひとつや二つが止まっても、機体や翼が穴だらけになってもイギリスまで帰ってきたものが多数あった。 ドイツ本土への侵攻では、撃墜されてしまうとそれだけ多くの搭乗員を失ってしまうため(脱出しても捕虜になってしまうため)、ボロボロになっても搭乗員を連れ帰ることができるということは非常に重要だった。そのような特徴は多くの搭乗員に愛され、「空の女王」という異名も授かっている。

都市への夜間爆撃を担当したイギリス軍ランカスター爆撃機以上に、ドイツの継戦能力を削ぐ立役者となった。B-17とランカスターは、第二次世界大戦中に各々約60万トンの爆弾を投下したといわれている。[2]

太平洋戦線[編集]

日本に鹵獲され、日の丸国籍標識を描きテスト飛行中のB-17

主にアメリカの植民地フィリピンや、同じ連合国軍のオーストラリアに配備され、太平洋戦争中期まで活動したが、同時期はアメリカ軍をはじめとする連合国軍が日本軍に対して完全に劣勢だったこともあり、ヨーロッパ戦線のような活躍は出来ず、さらにコレヒドール島などでB-17CやB-17Dなど複数の機体が日本陸軍に完全な形で鹵獲された。

鹵獲された機体は南方で対大型重爆戦の攻撃訓練に使用されたほか(加藤隼戦闘隊こと飛行第64戦隊など)、P-40ハリケーンバッファローロッキードハドソンなど他の鹵獲機ともども内地の陸軍飛行実験部に送られ研究対象にされた。また、「敵機爆音集」と題し銃後の防空意識高揚のため高度別エンジン音と解説を収録されたり、羽田飛行場での鹵獲機展示会で展示された後、全国を巡回展示されたものもあり、一式戦闘機「隼」の開発模様を描いた1942年10月公開の映画翼の凱歌』では、終盤の戦闘シーンにおいて鹵獲B-17が飛行第1戦隊(撮影協力の飛行戦隊)に所属する多数の一式戦ともども撮影に動員されている。

日本海軍の主力戦闘機であった零式艦上戦闘機隊が「最初にてこずった[3]」機体となったが、日本陸軍によって鹵獲された機体を教材に訓練を重ねた結果、接近戦に持ち込み撃墜することが増えた。ガダルカナル島攻防戦の第一線にあった第六海軍航空隊小福田少佐は、零戦対B-17の対決を以下のように記している。

「一般的にいってB-17とB-24は苦手であった。そのいわゆる自動閉鎖式防弾燃料タンクのため、被弾してもなかなか火災を起こさなかったことと、わが対大型機攻撃訓練の未熟のため、距離の判定になれず、遠距離から射撃する場合が多く、命中弾が得にくいからであった。
(中略)
撃墜はしたが、それは主として零戦がしつこく、しかも寄ってたかって敵機を満身創痍という格好にしたり、またわが練達の士が十分接近して20ミリ銃弾を十分打ち込んだり、または勇敢な体当たりによるもので、尋常一様の攻撃ではなかなか落ちなかった。(後略)」[4]

南東方面ではポートモレスビーを主たる基地として出撃し、ラバウルブイン等の日本軍根拠地に対する爆撃のほか、洋上哨戒にも活躍した。しかし、航続距離に優れるB-24が揃ってくると、1942年から1943年にかけてB-17装備部隊は順次B-24に改編されるか他方面に転出していき、戦争後半には偵察や救難などに従事している機体を除きB-17は姿を消した。偵察や救難などに従事している機体は日本本土空襲の支援を行った。

生産数[編集]

生産数
生産数 内訳 初飛行
モデル 299 1 1935年7月28日
YB-17 13 1936年12月2日
YB-17A 1 1938年4月29日
B-17B 39 1939年6月27日
B-17C 38 1940年7月21日
B-17D 42 1941年2月3日
B-17E 512 1941年9月5日
B-17F 3,405 1942年5月30日
ボーイング 2,300
ダグラス 605
ベガ 500
B-17G 8,680
ボーイング 4,035
ダグラス 2,395
ベガ 2,250
総計 12,731

各型の詳細は(en) B-17 Flying Fortress variantsを参照

B-17各型の合計生産数は12,731機。そのうちボーイングによるものは6,981機、そのほかに3,000機がダグラス、2,750機がロッキード傘下のベガ・エアクラフトによって製造された。

諸元[編集]

Boeing B-17G.png
B-17G


派生型[編集]

XB-38
アリソンV-1710-89換装型。試作のみ。
B-40
編隊を敵機から掩護するために銃座を増設した護衛爆撃機。日本軍の翼端援護機に相当する。しかし、銃弾の重量で飛行速度が鈍足で編隊についていけず、爆弾投下後は身軽になった編隊との性能差は更に開き、足手まといにしかならなかった。折しも護衛戦闘機の航続距離に目処がついたため、そのまま計画中止となり、大半の機体は元のB-17Fに戻された。
XB-40
B-17Fの1機をベガ社で改造。
YB-40
20機改造。
TB-40
YB-40の搭乗員練習機。4機。Y/TB-40はベガ社のモデルナンバーを持つが改造作業はダグラス社で行われた。
PB
海軍型。P2BあるいはP4D/P3Vとならずボーイング・モデル50(PB)とおなじ型番が与えられ、重複しているため注意されたい。また20機のB-17Gがその名称のまま海軍で使用された。
XPB-1
各種テストに使用された。
PB-1G
B-17H/SB-17Gに相当する海上救難型。
PB-1W
早期警戒型
F-9
写真偵察型。1945年にFB-17に、さらに1948年にRB-17と呼称が変更された。第二次大戦後も1952年からCIAの協力で、台湾の国府空軍第8大隊第34中隊が運用。対中国情報収集のため、同隊のB-26と共に838回の夜間偵察を行い、迎撃により3機が失われた。これら偵察機とは別に第一線を退いた老朽機が1947年までRB-17と類別されていたがZB-17となった。
BQ-7
無線誘導飛行爆弾。完全な無人機では無く離陸後乗員は脱出する。
CQ-4
BQ-7の誘導母機。
C-108
試作輸送機型。これとは別に輸送機に改造された機体はCB-17あるいはVB-17と呼称された。
ドルニエ Do 200
ドイツ空軍が輸送機として捕獲運用していたB-17に与えた秘匿名称。
ボーイング307
B-17主翼・尾翼を利用した旅客機。世界で最初に客室を与圧した機体として有名。
C-75
軍用に徴発された307。

運用国[編集]

イスラエルのエジプト爆撃ではBf109Fに護衛されたB-17がエジプト軍のスピットファイア戦闘機に邀撃される事態が生じた。


その他[編集]

ボーイングとタミヤの間でこの航空機の模型化に関して、商標権の使用権料で折り合いがつかず、商品化を断念した事がタミヤの経営責任者により明らかにされた。

登場作品[編集]

映画
登場する垂直離着陸機「メリーアン」は本機をベースにしている。
世にも不思議なアメージング・ストーリー』の一編。底部銃座に取り残された乗員を描く不思議な掌編映画。
大戦初期の零戦の強敵として登場。
北アイルランド・ベルファストとミシガン州を舞台にした戦時メロドラマ。1941年5月シーンと1944年シーンをB-17G実機で演出。
テレビドラマ
  • 『頭上の敵機 (第1シーズンの邦題)』、『爆撃命令 (第2シーズンの邦題)』(en)
  • TAKEN テイクン
第二次大戦中連合軍のパイロットからの報告にある「Foo Fighters」をモチーフにしたスピルバーグ監督のテレビドラマ。冒頭、主人公が大戦中B-17に搭乗し、未確認飛行物体を発見する。
文学
上記『メンフィス・ベル』と同じシチュエーションに陥ったB-17乗員の間のドラマを描いた小説。
漫画・アニメ
作品的には上記『メンフィス・ベル』の世界観をモデルにしているが、内容的にはまったく別物(主人公であるスタンレー大尉以下、搭乗クルー全員が、何等かの軍規違反により軍法会議を受け、銃殺刑の執行と引き換えに、戦争が終わるまで、搭乗を続ける点が大きな違いである)
ダンピール海峡で護衛艦「みらい」攻撃作戦の指揮官機として出撃。
「成層圏気流」の話で不時着したB-17をドイツ空軍によって使われ、原爆を輸送する。『ザ・コクピット』のタイトルでOVA化もされた。
テレビシリーズ『The Transformers Season2』に登場。ガダルカナル島に埋まっていた本機の残骸を使い、スタースクリームが宇宙兵ブレストオフを誕生させる。
ゲーム

脚注[編集]

  1. ^ マーチン・ケイデン著 南郷洋一郎訳「 空の要塞B17」フジ出版 昭和52年 55~70
  2. ^ ちなみにB-29が日本へ投弾した量は約17万トンだが原子爆弾は2発だった。
  3. ^ 『零戦』(堀越二郎奥宮正武)より
  4. ^ 『零戦』(堀越二郎・奥宮正武)より

参考文献[編集]

  • 航空情報編集部編 『第2次大戦アメリカ陸軍機の全貌』 1964年・酣燈社刊。

外部リンク[編集]