F-84 (戦闘機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

リパブリック F-84 サンダージェット
F-84F サンダーストリーク

オハイオ州空軍のF-84F

オハイオ州空軍のF-84F

F-84とはアメリカ合衆国航空機メーカー、リパブリック社で開発され冷戦期西側諸国を中心に使用されたジェット戦闘機である。P-47の後継として開発された。

大きく分けて、直線翼を持つF-84A~E/G サンダージェット(Thunderjet)と、後退翼を持つF-84F サンダーストリーク(Thunderstreak)に分類され、偵察型のRF-84F、試作に留まったがターボプロップエンジンを装備したXF-84Hのインテークは外側(主翼付け根)に配置されている。後退翼型の技術は後にF-105へと継承されることになる。

F-84A~E/G[編集]

開発と特徴[編集]

F-84の設計はXP-84として1944年から始まった。初飛行は1946年2月28日。まず実用試験機YP-84Aが15機製造された後、幾度の改設計を加えたF-84Bが空軍に採用され、226機が発注された。1947年からの部隊配備開始と並行してリパブリック社では生産が行われ、約1年間で発注機数を納入している。

ジェット時代初期の機体らしく、エアインテークが機首に配置され、主翼はオーソドックスな直線翼を採用した。しかし、細く洗練された胴体によりF-86とほぼ同等の速度性能を示した。だが、高高度での機動性はF-86に劣っており、またエンジン推力が不足気味で「地面を離れようとしないあばずれ」と言われるほど離陸滑走距離が長かった。それでもP-47の後継らしく機体の強靭さには定評があった。また早い段階で空中給油能力が付加され、1950年9月22日にはターボジェット単座戦闘機として初めて空中給油により北大西洋の無着陸横断に成功している。

F-84G サンダージェット

最初の量産型であるF-84Bは、整備性にまつわるトラブルや主翼の強度不足が判明したため、1952年に早々と退役し、F-84Cへ生産が移行した。その後も改良が続けられ、最終型となったF-84GはF-84Fの開発遅延を補うために約3,000機が生産された。この型は、単座戦闘機として初めて核爆弾を搭載可能な戦闘爆撃機でもあった。サンダージェットはNATO加盟国を中心とした同盟国にも多数が供与され、1950年代前半の航空兵力の一翼を担った。また、1953年に結成されたサンダーバーズの初代使用機として1955年まで使用された。

実戦[編集]

1950年に勃発した朝鮮戦争にてF-84Gが主に対地攻撃において活躍した。介入当初は北朝鮮側の航空兵力が貧弱だったこともあり特に問題も存在しなかったが、中華人民共和国が「義勇軍」(中国人民志願軍)の形で介入し出すと鴨緑江を越えてMiG-15が飛来するようになり、機動性で劣るF-84は防戦気味になってしまった。その後、制空戦闘はF-86が行い、F-84は2tの搭載量と長い航続距離、そして対弾性能を高さを活かし対地支援等の攻撃任務に活用された。それでも9機のMiG-15撃墜を記録している。

スペック[編集]

F-84Cの三面図
  • 全幅:11.1m
  • 全長:11.61m
  • 全高:3.83m
  • 空虚重量:5,043kg
  • 総重量:8,455~10,670kg
  • エンジン:J35-A-29 1基
  • 推力:24.9kN
  • 最大速度:540kt (1000km/h)
  • 実用上昇限度:12,340m
  • 航続距離:1,738nm
  • 武装:12.7mm機銃×6
  • 乗員:1名

F-84F[編集]

開発と特徴[編集]

F-84Fによるサンダーバーズ編隊飛行
F-84Fの三面図

リパブリック社の設計陣は、XP-84の初飛行後から後退翼機の検討を進め、1947年3月にはアメリカ陸軍航空隊へXP-84の後退翼版を提案したが戦後の軍縮の最中であり、この提案を受け入れられる環境にはなかった。1949年に入り、陸軍から独立したアメリカ空軍へ再度提案し、YF-96として試作機1機の開発が認められた。試作機は167日間で完成し、飛行試験が行われたが搭載エンジンのXJ35の推力不足が原因で思うような速度性能が出せず、空軍も採用には消極的だった。

しかし、1950年の朝鮮戦争勃発で戦闘爆撃機が大量に必要になったことから、エンジンを強化した試作機YF-84F 2機の開発を認めた。YF-84Fは燃料搭載量増加のため胴体をサンダージェットと比し太くした上で、エンジンを強力なJ65(アームストロング・シドレー サファイアライセンス生産型)に換装し、1950年6月3日の初飛行で大幅な性能向上を示したため直ちに採用された。しかしエンジンの不具合により配備は1954年までずれ込み、朝鮮戦争には間に合わなかった。

後退翼の採用とエンジンの強化により速度性能が向上したが、太い胴体と大型化した空気取り入れ口によって空気抵抗が増加し、F-86を僅かに上回る程度しか向上しなかった。また重量増加により機動性は逆に低下してしまっていた。しかしサンダージェットから受け継いだ搭載量と航続性能はさらに高まっており、総合的な性能は向上したと言える。

偵察機型RF-84FはサンダーフラッシュThunderflash)の愛称で呼ばれ、空気取り入れ口が主翼付け根に移され、再設計された機首に合計6台のカメラが設置されたことで外見が大きく変化している。

サンダーストリークは偵察機型も合わせ3,426機が生産された。この内、約1,600機がサンダージェットを運用していた同盟国に後継機として供与された。また、サンダーバーズの2代目使用機として1955年から1956年の1年間だけ使用された。配備された頃には既に超音速ジェット戦闘機が登場し始めており、性能面で特に優れている所がないと判断されたため、基本的に対地攻撃機として使用され、1960年代に入ると早くも第一線を退いている。なお、サンダーフラッシュはギリシャにおいて1991年まで運用されていた。

実戦[編集]

配備が朝鮮戦争終結後で、ベトナム戦争開戦時には第一線を退いていたためほとんど実戦経験はなく、フランス空軍機が1956年スエズ動乱においてエジプトを空爆した程度である。

スペック[編集]

  • 全幅:10.23m
  • 全長:13.21m
  • 全高:4.57m
  • 主翼面積:30.4m²
  • 空虚重量:6,190kg
  • 総重量:12,250kg
  • エンジン:J65-W-7 1基
  • 推力:34.7kN
  • 最大速度:604kt (1118km/h)
  • 実用上昇限度:11,400m
  • 航続距離:2,036nm
  • 固定武装:12.7mm機銃×6
  • 乗員:1名


派生型[編集]

RF-84F サンダーフラッシュ
XF-84H サンダースクリーチ
XP-84
試作機。2機製造。
XP-84A
増加試作機。
YP-84A
実用試験機。15機製造。
F-84B
初期量産型。226機製造。
EF-84B
トムトム計画用の寄生戦闘機B-36爆撃機を護衛するため、その翼端にF-84を取付けるというもの。XF-85の失敗を受け、より現実的プランとして考えられたが、結局はものにならなかった。
F-84C
エンジンをJ35-A-13に換装。191機製造。
F-84D
エンジンをJ35-A-17に換装。154機製造。
F-84E
エンジンをJ35-A-17Dに換装。胴体を延長し、燃料容量を拡大、離陸補助ロケットの装備が可能。843機製造。
EF-84E
各種テスト用。
YF-96
F-84Fの試作機。
F-84F
後退翼型。
GRF-84F
寄生戦闘機。24機改装。
RF-84F
偵察機型。715機製造。
F-84G
戦闘爆撃機型。3,025機製造。
EF-84G
ゼロ距離発進用の試作機。
XF-84H
当時、高速と大航続力を実現する手段として期待されていたターボプロップエンジンと超音速プロペラ装備の試作機。期待通りの性能は得られず、方向安定性の欠如、振動など多くの問題が露呈し、さらに40km先でも地上でのエンジンテストの音が聞こえたほど騒音がひどかった。非公式にサンダースクリーチThunderscreech、リパブリック社の伝統的愛称のサンダーに「金切り声」を意味するスクリーチを組み合わせた合成語)の愛称で呼ばれた。
YF-84J
J73エンジン装備。試作のみ。
F-84KX
アメリカ海軍で使用した無人標的機型。80機改装。

採用国[編集]

ベルギーの旗 ベルギー
中華民国の旗 中華民国台湾
デンマークの旗 デンマーク
フランスの旗 フランス
西ドイツの旗 西ドイツ
ギリシャの旗 ギリシャ
イランの旗 イラン
イタリアの旗 イタリア
オランダの旗 オランダ
ノルウェーの旗 ノルウェー
ポルトガルの旗 ポルトガル
タイの旗 タイ
トルコの旗 トルコ
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 ユーゴスラビア


関連項目[編集]