イラン空軍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イラン・イスラム共和国空軍のラウンデル

イラン・イスラム共和国空軍(イラン・イスラムきょうわこくくうぐん ペルシア語: نیروی هوایی ارتش جمهوری اسلامی ایران:Islamic republic of iran air force 略称:IRIAF)とはイラン・イスラム共和国の空軍である。

概要[編集]

イラン・イスラム共和国空軍はイラン・イスラム共和国軍航空戦力1979年イラン革命によりパーレビ国王が退位した後に誕生したイラン・イスラム共和国の領空、領土を守る部隊である。保有している軍用機飛行隊の編成は革命前とあまり変わらない。現在の司令官はハサン・シャーサフィー准将。

編成[編集]

イラン空軍は、1979年革命前にアメリカイギリスイタリアなどの西側諸国から大量に購入した戦闘機ヘリコプターなど、それに加えて革命後にソ連中華人民共和国などから購入した戦闘機や輸送機など、そして、湾岸戦争時にイラクから大量に逃げてきた戦闘機やヘリコプターなどさまざまな機種で編成されている。

しかし、革命前に購入したものは、その後の西側諸国との関係悪化に伴う供給停止による部品不足による整備不良などが問題となっているうえ、革命後に購入したソ連製などにしてもエンジンの寿命が短く整備費用が高いなどさまざまな問題があり、全体的に稼働率は低いと思われる。

機種と保有数[編集]

記載されている機種は保有が確認されているもののみ。保有数は憶測されているものであり、さらに稼働数の実数は不明である。

戦闘機/攻撃機
輸送機/作戦支援機

S-300供与疑惑[編集]

ロシアから最新鋭防空ミサイルS-300 (ミサイル) が極秘に供与されている疑惑。事実である場合、実戦配備後はイスラエル空軍による抑止攻撃にとって大きな障害となるため米、イスラエル両国とも警戒している。

ギャラリー[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ イランが、最新の国産戦闘機を公開”. IRIB (2013年2月1日). 2013年2月4日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]