F-89 (戦闘機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ノースロップ F-89

Northrop_F-89J

Northrop_F-89J

F-89ノースロップアメリカ空軍向けに開発した戦闘機。愛称はスコーピオン(Scorpion)。全天候戦闘機・要撃機として運用された。初飛行は1948年8月16日

概要[編集]

P-61の後継のジェット夜間戦闘機として、1945年12月より開発が開始され、1950年から実戦配備が行われた。機体はレーダー手を乗せるためにタンデム複座となっており、機首にレーダーを搭載している。エンジンは胴体下部に並列に装備しており、ノズルは胴体後部、主翼直後にある。尾翼は細いテールの先に設置されており、主翼は中翼配置の直線翼である。主翼端には増槽を装備できるが、後期型では増槽と武器庫が兼用となった大型ポッドとなった。この大型の増槽のおかげで航続距離は長く、広大な北極海をパトロールする必要があるアラスカの部隊において好評であった。そのため超音速戦闘機が実用化・配備されていき、同時期の単座亜音速全天候戦闘機であるF-86D/Lが退役する一方で、本機は非常に長く使われ、最後の空軍州兵の機体が退役したのは1968年である(航空自衛隊において「アメリカ空軍で余剰になった旧式機」として供与されたF-86Dが退役するのと、同年である)。

各型[編集]

  • XF-89:試作機。レーダー・FCSが間に合わず、空力的な試験のみを行った。J35-A-9エンジン装備。20mm機関砲4門。1機のみ製造。
  • YF-89:増加試作機。J35-A-21エンジン装備。主翼端の増槽を固定装備。20mm機関砲6門。
  • F-89A:初期量産型。空力的な不具合があり11機のみ製造。AN/APG-33レーダー搭載。
  • F-89B:電子機器・エンジンの換装。37機製造。
  • F-89C:各所を改良。167機製造。
  • YF-89D:F-89Bを改造。F-89Dのための試作機。1951年10月初飛行。
  • F-89D:機銃を降ろし、燃料容量を増加させている。さらに主翼端の増槽を大型化、武器庫と兼用になり、ポッドの前部に70mmロケット弾52発(2基計104発)を搭載。77機はAIM-4 ファルコン空対空ミサイル3発と70mmロケット弾21発のポッドを搭載。AN/APG-40レーダー。682機製造。
  • YF-89E:J71エンジン搭載。試作1機のみ。
  • F-89F:J47エンジン搭載。計画のみ。
  • F-89H:D型よりFCSを改良。156機製造。
  • F-89J:F-89Dより改造。ジーニミサイルを装備可能。350機改造。

要目(F-89D)[編集]

  • 全長:16.40m
  • 全幅:18.41m
  • 全高:5.33m
  • 自重:11t
  • エンジン:J-35-A-33ターボジェット(推力 2.4t)2基
  • 乗員:2名
  • 最大速度:1,020km/h

参考文献[編集]

  • ミリタリーエアクラフト 1994年1月号 「アメリカ空軍戦闘機 1945-1993」 P.68 デルタ出版
  • 航空ファン別冊 No.32 アメリカ軍用機1945~1986 空軍編 文林堂 雑誌コード 03344-8 1986年

外部リンク[編集]