XF-87 (戦闘機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Curtiss XF-87 Blackhawk.jpg

XF-87は 、アメリカ合衆国戦闘機メーカーカーチスが、アメリカ空軍向けに開発した夜間・全天候型迎撃戦闘機[1][2]。愛称はブラックホーク(Blackhawk)。カーチス社が開発した最後の戦闘機でもある[1]

概要[編集]

本機は当初、ジェット攻撃機XA-43として第二次世界大戦中に設計されていたものであった[1]。1945年2月にアメリカ陸軍航空軍P-61の後継となる夜間・全天候型戦闘機を要求すると、それに合わせて設計に変更が加えられ、夜間戦闘機としてXP-87の開発が開始[1]された。なお、XA-43は1945年11月に開発中止となっている[1]

直線翼の複座ジェット戦闘機であり、4発機であり、エンジンは2基を一まとめにし主翼の中ほどに装備している[2]。水平尾翼の位置は、垂直尾翼の中ほどにあり、座席の配置はパイロットとレーダー手のサイドバイサイドとなっている[1][2]。武装は、機首に20mm機銃4門と尾部に12.7mm機銃2門を装備する計画であった[1]。当初案には20mm機銃4門を機首の旋回機銃とする案もあった[1]

XP-87は1947年8月に完成し、初飛行はミューロック乾湖で1948年3月5日に行われた[1]。1948年6月に名称はXF-87へ変更され、戦闘機型のF-87Aが57機、写真偵察機型のRF-87Aが30機発注されている[1]。F-87Aでは、エンジンをGE J34(推力:1.3t)からJ47(推力:3.2t)に変更する予定であった[1]。しかし、エンジンは出力不足であり[1][3]、運動性等の評価も芳しくなく[1]、P-61の更新機としてはノースロップF-89が採用されたため、本機の開発は同年10月10日に中止となり、2機の試作機はともにスクラップとして処分された。

各型[編集]

  • XF-87:試作機。2機製造。当初名称、XP-87[1]
  • F-87A:戦闘機型。57機の量産発注のみで、実機は無い[1]
  • RF-87A:写真偵察機型。30機の量産発注のみで、実機は無い[1]

要目[編集]

概要
  • 乗員:2名(パイロット、通信士)
  • 総生産数:2機
寸法
  • 全長:62 ft 0 in (18.9 m)
  • 全幅:60 ft 0 in (18.3 m)
  • 全高:20 ft 4 in (6.2 m)
  • 翼面積:55.7 m2(600 ft2
重量
  • 空虚重量:25,930 lb (11,760 kg)
  • 最大離陸重量:49,900 lb (22,600 kg)
動力
  • エンジン:Westinghouse XJ34-WE-7 ターボジェットエンジン × 4
  • 推力:3,000 lbf (13 kN)
性能
  • 最大速度:600 mph (970 km/h)
  • 航続距離:1000 miles (1,600 km)
  • 実用上昇限度:41,000 ft (12,500 m)
  • 馬力荷重:0.12
武装
  • 固定武装:20mm機関砲 × 4、12.7mm機銃 × 2(計画のみ)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p ミリタリーエアクラフト 1994年1月号 「アメリカ空軍戦闘機 1945-1993」, P54-55,デルタ出版
  2. ^ a b c 航空ファン別冊 No.32 アメリカ軍用機1945~1986 空軍編,P131,文林堂,1986年,雑誌コード 03344-8
  3. ^ USAF Museum: XF-87

関連項目[編集]

外部リンク[編集]