XB-51 (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

XB-51

XB-51

XB-51

XB-51は、アメリカのマーチン社が試作したジェット爆撃機。初飛行は1949年。試作のみで、制式採用はされなかった。

概要[編集]

1945年アメリカ陸軍航空軍向けの機体・XA-45として開発が開始された。1946年に名称変更によりXB-51となる。機体の主任務は、低空爆撃と近接航空支援である。完成した試作機は、1949年10月28日に初飛行した。

機体は、軍用機としては珍しい三発機である。二発がコックピット下の機体・顎の部分にそれぞれ取り付けられ、三発目は尾部に取り付けられ、そのインテイクは垂直尾翼前方にある。主翼は後退角35度で下半角が6度ついている。主脚は胴体に二重車輪でタンデムについており、補助脚が主翼端に装備されている。乗員は2名であり、後席手が航法などを行う。

1950年アメリカ空軍A-26攻撃機を更新するために、カナダのCF-100やイギリスのキャンベラと比較した。結果、XB-51は低空飛行性能などに高い評価を受けたものの、その降着装置が未整備飛行場における運用に適しておらず、機体強度も低いと判断され、採用されなかった。

XB-51は試作機2機が製造されたのみであり、マーチン社は空軍に採用されたキャンベラ爆撃機の製造を行うこととなった。

要目[編集]

  • 全長:25.9m
  • 全幅:16.2m
  • 全高:5.3m
  • エンジン:GE J47 ターボジェット 3基(推力:23KN)
  • 乗員:2名
  • 武装:20mm機銃 8門 爆弾など最大4.7t

外部リンク[編集]