B-66 (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

B-66 デストロイヤー

B-66B

B-66B

RB-66C デストロイヤー

B-66は、アメリカ合衆国のダグラス社がアメリカ空軍向けに軽爆撃機(戦術爆撃機)および偵察機として開発した機体である。愛称はデストロイヤー(Destroyer)。アメリカ海軍向けのA3D攻撃機を基に改設計したものである。

概要[編集]

1951年にアメリカ空軍は、B-26などの戦術爆撃機の後継機を求め、各社に提案を要求した。その中で、ダグラス社が開発中であった、XA3D-1の改修案が選定され1952年より開発が開始された。海軍機としてはA3Dは大型機の扱いであるが、空軍機としては「軽爆撃機」であった。

機体は、エンジンが主翼下にパイロンで装備され、左右各一基ずつ装備されている。主翼は高翼配置であり、後退角を持っていた。

偵察機型の開発が優先され、初めにRB-66Aの開発が行われた。開発当初は、A3Dより艦載機用装備(着艦拘束機材やカタパルトワイヤー、主翼折りたたみ機構など)の取り外しのみの予定であった。海軍向けのA3Dは高空作戦用の機体であったが、空軍が低空飛行用に改修することを求めたため、より大規模な改修が行われることとなった。主翼断面の再検討を初めとして、射出座席の装備、油圧系統や照準装置および防御機銃の変更、空中給油装置の付加などである。エンジンもJ57からJ71に換装された。

RB-66Aは5機が製造され、1954年に初飛行した。しかし、飛行性能に問題があったため、量産は行われず試験機の扱いになった。初めての量産型はRB-66Bであり、照明弾を搭載し夜間偵察任務につけられている。爆撃機型のB-66Bは1955年に初飛行し、1956年から配備についた。

しかしその後F-105のような搭載量の大きい戦闘爆撃機の登場によって、アメリカ空軍においてはこのような軽爆撃機は不要とみなされるようになり、1962年には退役した。しかしB-66は機体規模に余裕があったことから電子戦機や気象偵察機にも転用され、電子戦機型はベトナム戦争にも投入され、1973年まで運用された。

派生型[編集]

RB-66A
偵察機型。実質は試作機。5機製造。
RB-66B
偵察機型。145機製造。
B-66B
爆撃機型。72機製造。
EB-66B
電子戦機型。B-66Bより13機改造。
RB-66C
電子戦/電子偵察機型。36機製造。オペレーター4名搭乗。
EB-66C
RB-66Cの名称変更。
WB-66D
気象偵察機型。36機製造。オペレーター2名搭乗。
EB-66E
電子戦機型。RB-66Bより52機改造。

要目[編集]

  • 全長:22.9m
  • 全幅:22.1m
  • 全高:7.2m
  • エンジン:アリソン J-71 ターボジェット(推力:45 kN)2基
  • 最大速度:982km/h
  • 乗員:3名(操縦手、航法手、機銃手)
  • 武装:20mm機銃 2門、爆弾など6.8t

関連項目[編集]

外部リンク[編集]