B-25 (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ノースアメリカン B-25 ミッチェル

B-25 Mitchell "Sarinah".jpg

B-25 ミッチェル (Mitchell)ノースアメリカン社によって開発・製造されたアメリカ合衆国の双発中型爆撃機のこと。

概要[編集]

本機は第二次世界大戦中のあらゆる局面において用いられ、連合国に敵対するドイツ日本に対する攻撃に使用された。「ミッチェル」の愛称はアメリカ陸軍の将校ウィリアム・ミッチェル准将にちなむ。なお、アメリカの軍用機のうち個人名が愛称として採用されたのはこのB-25「ミッチェル」のみである。派生型を含めた総生産数は約10,000機。

開発は1938年より開始された。初飛行は、1939年1月29日。主翼は中翼配置であり、レシプロエンジンを2基装備している。尾翼は双垂直尾翼である。

B-25を運用したのはアメリカ陸軍海軍だけではない。オーストラリアイギリス(900機以上)、中華民国オランダソ連を含む国々によって多数のB-25が運用された。

B-25が爆撃機として日本で一躍有名になったのは、1942年4月18日ドーリットル空襲太平洋戦争でアメリカによる初の日本本土空襲)のときであった。またアメリカでは1945年7月28日ニューヨークエンパイアステートビルディングに激突炎上した飛行機としても有名である。

B-25H[編集]

B-25Hの機首のクローズアップ。12.7mm 機銃4艇と、75mm砲が望める。

B-25Gを改良した地上・艦船襲撃バージョン。機首には4挺のM212.7mm機関銃、1門の75mm砲、それに加え、ポッド式の12.7mm機関銃を機首横に4挺装備している。75mm砲はG型のM4を軽量化したT13E1 75mm砲である。なお、T13E1はM24軽戦車の主砲の原型となった。

上部ターレットは前方に移され、下部ターレットは撤去、代わりに12.7mm機関銃が横に装備されている。爆弾搭載量は3,200ポンドに引き上げられている。

1943年5月にB-25Cブロック10を改良したH型試作機が初飛行。

換装を含めて1,000機が生産された。

運用国[編集]


スペック[編集]

North American B-25 Mitchell 3-view.svg

以下スペックはB-25Jの物

  • 乗員: 6名
    操縦2 航法・爆撃1 銃座・技師1
    無線・中央銃座1 後部銃座1
  • 全長: 16.1 m
  • 全幅: 20.6 m
  • 全高: 4.8 m
  • 翼面積: 57 m2
  • 空虚重量: 9,580 kg
  • 最大離陸重量: 19,000 kg
  • 動力:ライト製 R-2600 サイクロン × 2
  • 最大速度: 442km/h
  • 巡航速度: 370km/h
  • 航続距離: 4,300km(フェリー)
  • 作戦行動半径:2,170km
  • 実用上昇限度: 7,600m
  • 固定武装: 12.7 mm 機銃 x12門

関連項目[編集]

外部リンク[編集]