T-46 (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

T-46 イーグレット

T-46

T-46

T-46は、アメリカ合衆国フェアチャイルド・リパブリック社が1980年代に開発していた練習機である。愛称はイーグレット(Eaglet:小さなワシの意)。

制式採用は行われず、少数の試作機が製造されたのみであった。

概要[編集]

1980年代に入り、アメリカ空軍は、NGT(Next Generation Trainer:次世代練習機計画)としてセスナT-37ジェット初等練習機の後継機を求めていた。1982年にフェアチャイルド・リパブリック社の案が選定され、1985年10月15日に初飛行した。

T-46の制式名称が与えられたこの機体は、T-37を全面的に更新する計画で、1993年までに650機が生産される計画であったが、予算削減により1986年に計画はキャンセルされ、3機のみが製造されただけに終わった。

フェアチャイルド・リパブリック社はこの時、T-46以外の生産計画を持っていなかったため、計画キャンセルにより経営に行き詰まり、会社を閉鎖することとなった。

現存する機体はエドワーズ空軍基地において保管されている。

機体[編集]

T-46はT-37と同じく双発のジェット練習機であり、並列複座のコクピットに大型のキャノピーを有する点で同様のコンセプトを持つ。垂直尾翼と水平尾翼がH字状に配置され、主翼は高翼配置の直線翼とし、射出座席も備えていた。低運用コストであることが追求され、軽攻撃機としての販売も考えられていた。

要目[編集]

  • 全長:8.99 m
  • 全幅:11.78 m
  • 全高:3.86 m
  • 翼面積:14.95 m²
  • エンジン:ガレットF109-GA-100 ターボファンエンジン(推力:5.9KN)2 基
  • 最大速度:736 km/h
  • 航続距離:2,130 km
  • 空虚重量:2,351 kg
  • 最大離陸重量:3,092 kg
  • 乗員:2名