セスナ 150

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
セスナ FA150K

セスナ 150(Cessna 150)は、1950年代後半から生産されたアメリカ合衆国の軽飛行機である。総生産数は23,839機に達し、民間機としては史上4位の生産数である。アメリカ空軍空軍士官学校でもT-51Aとして3機が練習機などの用途に用いられている。

本項では、改良型のセスナ 152についても解説する。

概要[編集]

セスナ 140の後継機として開発された。140が尾輪式であったのに対して、3車輪式とすることによって離着陸の操縦が容易になった。そのためセスナ 172とよく似た外見になったが、172が4座席なのに対しこちらは2座席であるため、キャビンの大きさで容易に見分けることができる。初飛行は1957年9月12日で、1958年9月からカンサス州のウィチタ工場で生産が始まった。1961年から150Aのようにモデル名に末尾にアルファベットがつけられ、1971年までは毎年、改造が加えられモデル名が変えられるようになった。 1969年には曲技飛行用に機体構造強化などの改修を施したA150 エアロバット(Aerobat)も登場した。1966年からフランスのランス・アビアシオン社でもライセンス生産が始まり、フランス製のセスナ 150はF150と呼ばれた。1975年の150Mが最後のモデルとなり、1977年にセスナ 152に生産が移行するまで生産が続けられた。

セスナ 152は、基本的に150のエンジンを強化したモデルで、1976年6月16日に初飛行した。150と同様に曲技飛行用のエアロバット型も存在し、ランス社でもライセンス生産された。152シリーズは、1980年代中期に製造終了するまで7,584機が生産されている。

構造が簡単で頑丈であり、操縦が容易であることから世界中で練習機として人気を得た。視界は旋回時に旋回方向が翼でさえぎられる上方を除いて良好である。軽量な機体重量と小さい翼面荷重は気流の乱れに対して敏感な特性を有していた。

1950年代のセスナ 150の価格はスタンダード仕様で USD$6,995、練習機仕様で $7940、上級のコミューター仕様で $8,545であった。

派生型[編集]

セスナ 150D 初期型は垂直尾翼形状が異なる
セスナ 152
150
最初の量産型。1,018機生産。
150A
計器パネルを改良、後部側面窓を大型化、主脚柱を後方に移動。332機生産。
150B
プロペラ、スピナーなどを小規模に改良。350機生産。
150C
オプションにチャイルドシートが用意された。387機生産。
150D
後部胴体が細くなり、主翼後縁後方に大型窓を設置。681機生産。
150E
150Dを小規模改良。
150F
後退角付きの垂直尾翼を採用し、フラップの電動化、キャビンドアの大型化を行った。3,000機生産。ランス製はF150Fと呼ばれ、67機生産。
150G
150Fと基本的には同じだが、計器パネルが新しくなり、キャビンも拡大された。2,666機生産。ランス製はF150Gと呼ばれ、152機生産。
150H
150Gを小規模改良。ランス製はF150Hと呼ばれ、170機生産。
150J
降着装置を改良。ランス製はF150Jと呼ばれ、140機生産。
150K
方向舵下部にトリム・タブを追加、翼端が垂れ下がり形状になる。875機生産。ランス製はF150Kと呼ばれ、129機生産。
150L
垂直尾翼フェアリングが大型化し、降着装置脚柱が鋼管製となった。1974年からはスパッツも改良された。3,778機生産。ランス製はF150Lと呼ばれ、485機生産。アルゼンチンのDINFIA社でもA-150Lの名称で39機生産された。
150M
垂直尾翼が細く高くなった。3,624機生産。ランス製はF150Kと呼ばれ、285機生産。
A150K/L/N エアロバット
曲技飛行型。エアフレーム補強、フルシートハーネスや緊急投棄式ドアを装備。734機生産。ランス製はFA150K/Lと呼ばれ、120機生産。
FRA150L エアロバット
ランス社独自のモデルで、エンジンをO-240-Aに変更したFA150L。141機生産。
FRA150M エアロバット
FRA150LにF150Mの尾部を組み合わせたもの。75機生産。
152
150Mを基に、エンジン強化などの改良を施した。6,628機生産。ランス製はF152と呼ばれ、552機生産。
A152 エアロバット
152の曲技飛行型。315機生産。ランス製はFA152と呼ばれ、89機生産。

特記される飛行[編集]

採用国(軍用)[編集]

T-51A
セスナ 150
ブルンジの旗 ブルンジ
コンゴ民主共和国の旗 コンゴ民主共和国
エクアドルの旗 エクアドル
ハイチの旗 ハイチ
コートジボワールの旗 コートジボワール
リベリアの旗 リベリア
メキシコの旗 メキシコ
パラグアイの旗 パラグアイ
ソマリアの旗 ソマリア
スリランカの旗 スリランカ
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
セスナ 152
バングラデシュの旗 バングラデシュ
ボツワナの旗 ボツワナ
ガボンの旗 ガボン
レソトの旗 レソト

関連した航空事故[編集]

要目(1977年型セスナ 150M)[編集]

  • 乗員: 1名
  • 乗客: 1名(オプションのチャイルドシートにより子供なら2名(2人合わせて60kg以内)が搭乗可)
  • 全長: 7.3 m
  • 全幅: 10.2 m
  • 全高: 2.6 m
  • 空虚重量: 504 kg
  • 最大離陸重量: 730 kg
  • エンジン:コンチネンタル O-200-A × 1
  • 出力 100 hp (75 kW)
  • 制限最大速度: 259 km/h
  • 巡航速度: 198 km/h
  • 失速速度: 78 km/h
  • 巡航高度:4,300 m
  • 航続距離:678 km
  • 上昇率:3.4m/s

外部リンク[編集]