RQ-20 (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

RQ-20

RQ20A-130304-M-DE426-001 crop.jpg

RQ-20は、エアロバイロメントピューマ AEアメリカ合衆国軍が採用した無人航空機

採用[編集]

2011年アメリカ合衆国陸軍は、既に2008年にアメリカ特殊作戦軍に採用されていたピューマ AEの採用を決定[1]、2012年3月27日に約2000万ドルの購入契約が締結され、型番としてRQ-20Aが与えられた[2]。さらに4月には空軍及び海兵隊にも採用されている[1][3]

実績[編集]

2012年8月の時点で、100機がアフガニスタンに投入され、129機が追加予定となっている[4]

要目[編集]

以下は、原型機であるピューマ AEの要目である。

出典: Puma AE Data Sheet[5]

諸元

  • 乗員: 0
  • 全長: 1.4m (4.6フィート)
  • 全高: 不明
  • 翼幅: 2.8m(9.2インチ)
  • 空虚重量: 5.9kg (13ポンド)

性能

  • 失速速度: 37km (20ノット)
  • 航続距離: 15km
  • 実用上昇限度: 152m (500フィート)
  • 滞空時間:2時間
  • 回転式モジュール(赤外線カメラ・EO(電気光学)カメラ、赤外線式イルミネーター)1基


お知らせ。 使用されている単位の解説はウィキプロジェクト 航空/物理単位をご覧ください。

出典[編集]

  1. ^ a b Puma AE: An “All Environment” Mini-UAV”. Defense Industry Daily. 2012年9月21日閲覧。
  2. ^ U.S. Army Places $20.4 Million Order for AeroVironment RQ-20A Puma AE Small Unmanned Aircraft Systems”. AeroVironment. 2012年9月21日閲覧。
  3. ^ U.S. Marine Corps First to Procure Four Different AeroVironment Small Unmanned Aircraft Systems with $5.5 Million RQ-20A Puma Order”. AeroVironment. 2012年9月21日閲覧。
  4. ^ Kimberly Johnson (2012年8月28日). “Afghanistan is the proving ground for UAS capability”. 1105 Media, Inc. 2012年9月21日閲覧。
  5. ^ Puma AE Data Sheet”. AeroVironment. 2012年9月21日閲覧。

外部リンク[編集]