RQ-7 (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イラクで活動するRQ-7

RQ-7 シャドー(shadow, 英語、幻影、尾行者などの意)は、アメリカ陸軍アメリカ海兵隊で採用されているAAI社製の無人航空機(UAV)である。離陸は専用のカタパルトから射出する形で行われ、着陸空母艦載機と同じようにアレスティングギアを使用する。ジンバル搭載、デジタル安定、液体窒素冷却式の電子光学/赤外線(EO/IR)カメラを搭載しており、それにより撮影した映像をCバンドLOSデータリンク経由で地上誘導ステーション(GCS)にリアルタイムで送信できる。

シャドーの操縦および整備を担当する兵士や民間人は、アリゾナ州フォートフュチュカのアメリカ陸軍無人航空機システム訓練大隊で教育されている。

概要[編集]

RQ-7 シャドーは、RQ-6 アウトライダーの開発中止後も同じ用途のUAVを探していたアメリカ陸軍によって1999年に採用された。シャドーシステムはUAV4機、地上誘導ステーション(GCS)2機、発進用トレーラーおよび支援用の車両と人員で構成されている。将来的にはSIGINT用の機材をシャドーに搭載することが予定されているが、武装の搭載は現在のところ計画されていない。

RQ-7 シャドー200の派生型として、翼幅の延長やアビオニクスの改良が行われたRQ-7Bと機体が大型化されたシャドー600がある。

2010年に放送されたNHKスペシャル「貧者の兵器とロボット兵器」で墜落したRQ-7 シャドーを現地武装勢力が集団で痛めつけるように破壊する様子が紹介されたが、これは無人機が武装勢力の憎悪の対象になっている事実と、有人機であった場合は乗員が虐待や殺害される可能性が高く、このような任務での無人機の有用性を示しているとも言える。

スペック[編集]

カタパルトから射出されるRQ-7
  • 全長 11.2ft in(3.41m)
  • 翼幅 14ft in(3.87m)
  • 全高 3.3ft in(1m)
  • 空虚重量 186lb(77kg)
  • エンジン WankelUAVエンジン741, 38hp(28.5kW)
  • 行動半径 50-200km(オプションのデーターリンクによる)[1]
  • 滞空時間 5-7時間
  • 実用上昇限度 15,000ft(4,572m)
  •  備考 (小型合成開口レーダー搭載予定)[2]

関連項目[編集]