RQ-11 レイヴン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

RQ-11 レイヴン

RQ-11を組み立てるアメリカ陸軍兵士

RQ-11を組み立てるアメリカ陸軍兵士

イラクでレイヴンの発進準備をするアメリカ陸軍兵士
イラクでアメリカ陸軍兵士の手から飛び立ったレイヴン

RQ-11 レイヴンRaven, 英語でワタリガラスの意)は、AeroVironment社製の小型無人偵察機であり、アメリカ軍とその同盟国で運用されている。主な用途は市街戦野戦における近距離偵察

概要[編集]

RQ-11は翼幅1m, 重量2kg程度の小型固定翼機である。手投げ(ハンド・ローンチ)により発進し、飛行中は二次電池の電力で電動モーターを駆動し、プロペラを回して推力を得る。上昇限度は海面高度で15,000フィート、また、対地高度では1,000フィート(約300メートル)まで。飛行速度は45-97km/h(28-60 mph)で、航続距離は10km(6.2マイル)。

飛行方法としては、地上からの無線操縦(ラジコン)による飛行と、GPSを用い、設定したウェイポイントを経由させる完全自律飛行の両方が可能である。管制ステーションには市販のノートパソコンを利用し、ボタン1つで発進した場所に帰還する機能を備える。標準的なペイロードとしては、カラーのCCDビデオカメラ赤外線ナイトビジョンカメラを搭載する。

価格は1機あたり35,000ドル、システム全体では250,000ドルである。

2014年現在、アメリカ空軍海兵隊特殊作戦軍で5,000機以上が配備されている。オーストラリアイタリアデンマークスペイン他、19ヶ国で採用されており、生産数は1万9,000機を越え、世界で最も生産されたUAVと言われている。

イギリス空軍イラクで機材と運用のための人員をアメリカ軍から借りて使用している。デンマーク陸軍2007年9月に12セットのレイヴンを購入し運用している。オランダは770万ドルでRQ-11Bを購入(機数不明)すると言われている。

派生型[編集]

RQ-11A レイヴンA(生産終了)
RQ-11B レイヴンB

採用国[編集]

オーストラリアの旗 オーストラリア
チェコの旗 チェコ
デンマークの旗 デンマーク
エストニアの旗 エストニア
スペインの旗 スペイン
イギリスの旗 イギリス
イラクの旗 イラク
イタリアの旗 イタリア
ケニアの旗 ケニア
レバノンの旗 レバノン
オランダの旗 オランダ
ノルウェーの旗 ノルウェー
ルーマニアの旗 ルーマニア
サウジアラビアの旗 サウジアラビア
タイの旗 タイ
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ウガンダの旗 ウガンダ
イエメンの旗 イエメン

仕様[編集]

  • 翼幅:1.0m(4ft3in
  • 全長:1.1m(3ft7in)
  • 重量:1.9kg(4.2lb
  • エンジン:Aveox 27/26/7-AV 電動モーター
  • 最大巡航速度:97km/h(60mph
  • 航続距離:10km(6.2マイル
  • 飛行時間:80分

関連項目[編集]