XSN2J (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ノースアメリカン XSN2J

試作2号機のノースアメリカン XSN2J-1 テキサン II (BuNo 121450)、1947年頃

試作2号機のノースアメリカン XSN2J-1 テキサン II (BuNo 121450)、1947年頃

ノースアメリカン XSN2JNorth American XSN2J-1、社内名称:NA-142)は、アメリカ海軍向けにノースアメリカン社がSNJ テキサンの代替となるために開発した高等偵察/練習機である。フェアチャイルド XNQと競争試作となったが両機共に評価試験では不満足と判定された。しかしXSN2Jの開発は、後にアメリカ空軍向けのT-28 トロージャンとなり成功を収めた。

要目[編集]

XSN2J-1の3面図
  • 乗員:2名
  • 全長:
  • 全幅:
  • 全高:
  • 翼面積:
  • 翼面荷重:
  • 空虚重量:
  • 全備重量:
  • 有効搭載重量:
  • 馬力/重量:
  • エンジン:2 × ライト R-1820-78 星型エンジン、820 kW (1100 hp)
  • 最大速度:435 km/h (270 mph)
  • 巡航高度:9,144 m (30,000 ft)

関連項目[編集]

出典[編集]

外部リンク[編集]