RQ-170 (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

RQ-170 センチネル

RQ-170 センチネル

RQ-170 センチネル

RQ-170 センチネル(Sentinel,監視者、歩哨などの意)はアメリカ空軍が採用している無人航空機。開発はロッキード・マーティン社のスカンクワークス。現在アフガニスタンに配備され、不屈の自由作戦に参加している。

2009年12月4日にアメリカ空軍が公式に存在を認めるまでは存在そのものが隠されていたが、それ以前にアフガニスタンでRQ-170を目撃したジャーナリストからはカンダハールの野獣(Beast of Kandahar)と呼ばれていた。 また、ウサーマ・ビン・ラーディン殺害作戦の際の偵察活動にも使用されたとされる。

2011年12月6日にイラン軍は「戦闘機・地上からの攻撃ではなく、電子的に侵入して奪った。損傷はほとんどない」という声明を発表し、鹵獲されたRQ-170を放映し、同12日、オバマ米大統領もそれを本物であると会見で認め正式に返還を求めた[1]

概要[編集]

形状はステルス性を意識した無尾翼全翼機で、以前開発されていたRQ-3 ダークスターポールキャットとよく似ている。詳しい性能などはまだ発表されていないが、名称が非武装の偵察用無人機を意味するRQであるため武装は搭載できないと推測されている。

開発と実戦配備がいつ行われたのかについては一切公開されていないが、制式コードに使われている170という数字は、RQ-1からRQ-21まで開発順に連番(12と13は欠番)で付けられている数字とかけ離れている。このような慣例にとらわれない命名は、同じく極秘に開発されていた世界初のステルス機F-117でも行われた。

関連項目[編集]