P-2 (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

P-2 ネプチューン

P-2は、アメリカ合衆国ロッキード社が製作した対潜哨戒機である。アメリカ軍における愛称はネプチューン(Neptune:ローマ神話に登場する海神ネプトゥヌス)アメリカ軍では1947年から1978年まで哨戒爆撃機と対潜哨戒機(ASW)として使用された他、各国軍隊に採用されたベストセラー機でもあった。

主に海軍で使用されていたが、大型陸上機であり、基本的には空母からの離着艦は行わない。ただし、少数機が暫定的な艦上核爆撃機としてMk.1核爆弾搭載を想定し、空母上から運用されていたことがあった(離艦はJATOを使って行い、着艦は不可能なため陸上基地に着陸するか、海上に不時着水することになっていた)

概要[編集]

第二次世界大戦中に開発が開始された。1943年2月にアメリカ海軍がベガ社にPVベンチュラ/ハープーンを置き換えるための陸上対潜哨戒機の開発要求を出した。この要求に応えて、ベガ社は1941年頃から研究を行っていたV146案を提出した。なお、1943年11月30日にベガ社はロッキード社に吸収されている。

V146案は1944年4月4日XP2V-1として試作機・2機の発注が行われた。対潜哨戒機の重要な要求点は製造と維持の容易さであった。試作機は1945年に初飛行、1946年から量産され、1947年に海軍での運用が開始された。なお、1962年からは名称整理に伴い、P-2に改称された。

ベトナム戦争でその陳腐化があらわになると、アメリカ海軍はじめオーストラリアカナダオランダではP-3A「オライオン」が導入されるようになった。アメリカ軍では1970年代まで運用していたが、1978年に引退した。他の国でも1980年代には後継機を導入するようになって順次引退したが、空中消火用の飛行機として運用している国もある。

日本での運用[編集]

鹿屋航空基地にて屋外展示されているP2V-7(2007年9月2日撮影)

1954年昭和29)に保安隊から改変発足した海上自衛隊は、当初アメリカ海軍から航空機の供与を受けたが、そのほとんどが第二次世界大戦中に使用され、アメリカで第一線を退いた中古機であり、哨戒機も例外ではなかった。

同年12月にアベンジャー哨戒機が10機、1955年(昭和30)に4機、1956年(昭和31)に6機の計20機が供与され、ロッキードハープーンも1955年1月に17機が供与されたが、何れも性能は陳腐化しているうえ、米軍機を知らない隊員には扱いにくく、整備にも大変な労力を費やし、飛行させるのが手一杯という状況であった。もっとも、米軍も日本が哨戒能力を高めることを望んでおり、いわば教材として与えられたに近かった。

1956年(昭和31)に米海軍から当時最新鋭のP2V-7が2機供与され、海上自衛隊は初めて実用的な対潜哨戒機を得た。海自はP2V-7の愛称として、『おおわし』と名づけた。P2V-7は計16機が米国から供与された後、米軍の供与(現地調達)と言う形式で、川崎航空機(当時)によって1965年(昭和40)まで48機がノックダウン生産及びライセンス生産され、5個対潜飛行隊(VP航空隊)に配属された。

1957年(昭和32)からは、米軍から新造供与されたグラマンS2F-1 60機と共に哨戒の任務につき、1982年(昭和57)に引退した。日本はP2V-7の後継として、1966年(昭和41)から主エンジンをGEターボプロップエンジンに、補助エンジンをIHIJ3エンジンに取り替えたP-2Jの生産を行い、1994年平成6)まで運用した。

VSA
防衛庁技術研究本部が「可変特性」の研究に用いる為に改造開発された機体。改装は1976年(昭和51)に川崎によって行われた。可変特性は、パイロットの操縦に対して航空機の安定性や操縦性の応答特性値を、任意の値に変換することを可能とするもので、これにより直接揚力制御は、機体姿勢(迎え角、機首の上げ下げ)を変化することなく、機体の上下運動を行い、また、直接横力制御は、バンク角(機体の傾き)をとらなくても左右に横ばいの動きをすることができる。VSAは Variable Stability Aircraft の略。

機体[編集]

中型クラスのレシプロエンジン双発プロペラ機であったが、補助推進機関としてターボジェットエンジン2基を搭載している。機内には対潜機器が並べられ、ノーズからコックピットの足元までガラス張りで、優良な視界が確保されている。

スペック[編集]

P-2H 三面図

(P-2H)

  • 全長:27.94m
  • 全幅:31.65m
  • 全高:8.94m
  • 翼面積:92.9m²
  • 自重:22,600kg
  • 離陸重量:34,000kg(標準)/36,240kg(最大)
  • エンジン:ライト R-3350-32W レシプロ(空冷式複列星形18気筒)×2、ウエスティングハウス J34-WE-36 ターボジェット×2
  • 出力:R-3350-3.750馬力、J34-1,542kg
  • 最高速度:574km/h
  • 巡航速度:333km/h
  • 航続距離:5,920km
  • 実用哨戒距離:3,520km
  • 実用上昇限度:6,700m
  • 武装:3,630kgまで搭載可能(対潜魚雷 2本など)

主な派生型[編集]

空母フランクリン・D・ルーズベルトからJATOを使用して発艦するP2V
XP2V-1
試作機。1機製造。
P2V-1
前量産型。14機製造。15機製造予定のうち1機はXP2V-2に変更。
XP2V-2
-1型のエンジン換装試作機。1機製造。
P2V-2
初期量産型。エンジンはR-3350-24Wを使用。81機製造。
P2V-3
エンジンをR-3350-26Wに換装。53機製造。
P2V-3C
空母搭載核攻撃型。12機改修。
P2V-3B
16機改修。
P2V-3W
早期警戒機型。APS-20レーダー搭載。30機製造。
P2V-3Z
VIP輸送機。座席を6席追加。2機改修。
P2V-4
エンジンをR-3350-30Wに換装。52機製造。
P2V-5
424機製造。
P2V-5F (P-2E)
-5型にJ-34ターボジェットエンジン2基を追加。
RP-2E
ベトナム戦争アメリカ陸軍で使われた電子偵察機型。後にAP-2Eと改称。
P2V-6 (P-2F)
機雷投下および偵察機型。83機製造。
P2V-6M
空対艦ミサイル搭載型。16機製造。P2V-6Bより改称。
P2V-6F
-6型にJ-34ターボジェットエンジン2基を追加。
P2V-6T
練習機
P2V-7 (P-2H)
311機製造。
P2V-7S (SP-2H)
対潜器材を改良。
P2V-7LP (LP-2J)
スキー脚装備。4機改修。
AP-2H
ガンシップ型。
RB-69A
アメリカ空軍が使用した電子偵察機型。

採用国[編集]

登場作品[編集]

銚子沖に出現したバランを攻撃したが、1機が接近しすぎて叩き落された。実写とミニチュアのほか、機首部分の実物大セットも用いられている。
音を立てて飛ぶ物体(正体はミツバチの大群)の捜索に出動。
坊ノ岬沖海戦のシーンで米軍機として登場。映像は、自衛隊の演習映像から流用。
  • 『零戦黒雲一家』
冒頭部分(海上自衛隊機として)と、攻撃機(米軍機として)として登場する。

関連項目[編集]