オーストラリア空軍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

オーストラリア空軍(Royal Australian Air Force、RAAF)は、オーストラリア国防軍空軍組織。オーストラリア国防軍三軍の一つである。

歴史[編集]

1914年3月オーストラリア陸軍の組織、オーストラリア飛行軍団(Australian Flying Corps,AFC)として航空部門が設立されている。第一次世界大戦においては、連合軍としてドイツ領ニューギニアに送られた。後に中東戦線および西部戦線にも投入されている。大戦末期には8個飛行隊を擁し、士官460名、兵員2,234名の規模となっていた。

大戦終結に伴いオーストラリア帝国軍が解散されると、AFCも解散した。飛行学校のみが残されたが、1920年にはオーストラリア航空軍団(Australian Air Corps)として再編されている。オーストラリア航空軍団は、1921年3月31日に独立軍種であるオーストラリア空軍(Australian Air Force)として改編された。同年6月21日にジョージ5世が王立'Royal'の称号を与え、8月31日より王立オーストラリア空軍(Royal Australian Air Force)に改称された。

第二次世界大戦においても、連合軍として参加しており、戦闘機や爆撃機を欧州戦域と太平洋戦域の双方に投入している。太平洋戦域においては、初期のマレー半島インドネシアにおける防空戦闘や、ニューギニアやソロモン諸島において戦闘を行なっている。

第二次世界大戦後も、積極的に本土外にて活動を行っている。1948年ベルリン封鎖に際して輸送機部隊を派遣しており、朝鮮戦争に際しても戦闘機などの兵力を派遣した。1950年代のマラヤ危機でもマレー半島へ爆撃機を派遣しており、1964年から1972年にかけては、ベトナム戦争にも参加している。近年ではイラク戦争にも戦闘機を派遣し、アフガニスタンにおける戦闘にも部隊派遣を行なっている。

員数[編集]

空軍には17,375人が所属している。また2,800人の予備役が所属している。

主な保有機[編集]

F/A-18E/F スーパーホーネット

2007年F-111の更新機種としてF/A-18F ブロックII スーパーホーネット24機の採用を決定。2010年3月からクイーンズランド州アンバーレイ基地に順次配備。

24機全てのFOC(完全作戦能力)は2012年中に達成予定。

RAAFのF/A-18の半数は将来F-35が配備された時点でEA-18Gグラウラーに改修できるよう内部の配線などが配慮された設計となっているが、実際に改修を実施するかは2012年に決定されることとなっている。

F/A-18 ホーネット

1981年10月に、多用途戦闘機ダッソー・ミラージュIIIの後継機として採用。

A型55機、B型16機を装備。航法・通信・識別システム改修。AN/APG-73レーダーへの変更などの能力向上が実施されている。

JDAM-ER(統合型直接攻撃弾-射程延長型)の投下試験がF/A-18Aを使用して実施されている。

BAeホーク

Mk127型を33機装備。

MB326Hの後継として採用された転換訓練機。 F/A-18への移行を容易にするため操縦席がグラスコックピットになっており、前・後席にそれぞれ3基のカラーCRTが付けられ、前席にはヘッドアップディスプレイがある。

二義的に近接航空支援任務も有している。

B-737 AEW&C

6機を発注し、ウィリアムタウン基地ニューサウスウェールズ州)に配備。

装備計画[編集]

F-35 ライトニング II

SDDプログラムにレベル3(出資割合1-2%程度)で参加している。CTOL型のF-35Aではなく燃料搭載量が多く航続距離の長いF-35Cを購入するとも考えられている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • RAAF.gov.au オーストラリア空軍公式サイト (英語)