デ・ハビランド・カナダ DHC-4

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

デ・ハビランド・カナダ DHC-4 カリブー

オーストラリア空軍のDHC-4A

オーストラリア空軍のDHC-4A

デ・ハビランド・カナダ DHC-4 カリブー(de Havilland Canada DHC-4 Caribou)は、カナダデ・ハビランド・カナダ社が開発したSTOL輸送機。愛称のカリブーとはトナカイのことである。カナダ国防軍での呼称はCC-108

概要[編集]

本機は貨物なら3.1トン、兵員なら32名という搭載量を持ちながら400m以内の距離で離着陸が可能である[1]。矩形断面の貨物室と後部ローディングランプを備え、高翼配置の主翼と尾部を高く上げたデザイン、そして低い床によって積み込みが容易になるよう配慮されており、車両等の自走搭載も可能だった。

開発経緯[編集]

DC-3の搭載量とDHC-2 ビーバーDHC-3 オッターのSTOL能力を併せ持つ機体として1956年に開発が決定した。この計画はカナダ国防軍及びアメリカ陸軍の注目するところとなり、カナダから2機、アメリカから5機の試作発注を受ける形で開発が進められ、試作機は1958年7月30日に初飛行を行った。そしてカナダではCC-108、アメリカではAC-1の名称で採用され、配備が進められた(アメリカについては後述)。なお、生産24号機以降は最大離陸重量が増加したDHC-4Aに生産が移行している。[2]

その性能は海外でも高く評価され、世界中の空軍のみならず民間でも広く採用された。生産は1973年まで続けられ、総生産数は307機。カナダでは後継機のDHC-5 バッファローに置き換えられ、他の多くの運用国でも退役したが、その卓越したSTOL性能から一部の国では少数が未だ現役にある。[2]

アメリカでの採用[編集]

C-7A

アメリカ陸軍は試作発注した機体による評価試験の末、AC-1の名称でDHC-4を採用した。「AC」というのは空軍独立後・三軍名称統一前の時期にアメリカ陸軍が航空機に付けた記号で、固定翼輸送機を示す。

AC-1は当時の空軍と陸軍の固定翼機の大きさに関する協定を大きく逸脱しており、論議を呼んだが、制限を撤廃することで陸軍の装備・運用が認められた。AC-1は56機生産され、その後第2次生産分のAC-1Aに移行した。AC-1はその後すべてAC-1A規格に改修されている。

AC-1、AC-1Aは1962年の三軍の航空機名称統一の際に、CV-2A/Bと改称した。その間も陸軍と空軍の管轄問題は論議され続け、1966年になってようやく「固定翼戦術輸送機は空軍」ということで決着し、1967年1月にCV-2A/Bは空軍に移管されてC-7A/Bとなった。

C-7はヘリコプターの大型化がまだ進んでいない時期にあって極めて有力な前線輸送機であり、カナダ軍のDHC-4と共にベトナム戦争で多用された。インド空軍などにも援助として少数が引き渡されている。また、北ベトナムによって捕獲されたC-7が1970年代の終わりまで同国内で使用されていた。

生産機[編集]

  • YAC-1:5機。シリアル57-3079~3083
  • AC-1 / CV-2A / C-7A:56機。シリアル60-3762~3768、5430~5444、61-2384~2407、2591~2600
  • AC-1A / CV-2B / C-7B:103機。シリアル62-4144~4196、12583~12584、63-9718~9765

使用国[編集]

軍用[編集]

アメリカ陸軍
アメリカ空軍
インド空軍
ウガンダ警察航空隊
オーストラリア空軍
オマーン空軍
ガーナ空軍
カナダ空軍
クウェート空軍
ケニア空軍
スウェーデン空軍
スペイン空軍
タイ国家警察
タンザニア空軍
南ベトナム空軍
マレーシア空軍


民間[編集]

ERIM(Environmental Research Institute of Michigan)のDHC-4
エア・アメリカ
Bannock Aerospace
Chieftain Air
Deutsche Aviation
Environmental Research Institute of Michigan
Fowler Aeronautical Service
H A T Aviation Inc.
John Woods Inc.
New Cal Aviation
Pen Turbo Aviation
Trigana Air
AMOCO Ecuador
Anglo-Ecuador Oilfields
Aerolineas Condor of SA
アンセット-MAL
La Sarre Air Services
Air Inter Gabon
Air Asia
Garamut Exploration Services
Vanimo Trading
New Cal Aviation

要目[編集]

(DHC-4A)[2]

  • 全幅:29.15 m
  • 全長:22.13 m
  • 全高:9.68 m
  • 翼面積:84.72 m²
  • 自重:8,238 kg
  • 最大離陸重量:12,927 kg
  • 最大速度:335 km/h(高度6,500 ft)
  • 巡航速度:291 km/h(高度7,500 ft)
  • エンジン:P&W R-2800-7M2(1,440hp)2基
  • 実用上昇限度:7,560 m
  • 最大搭載航続距離:389 km
  • ペイロード:3,964 kg。兵員32席(空挺隊員26席)または担架22床。
  • 乗員:2名

出典[編集]

  1. ^ 『世界の軍用機パーフェクトBOOK』 2012年 コスミック出版
  2. ^ a b c 『週刊 ワールド・ウェポン』No.107 2004年 デアゴスティーニ

参考図書[編集]

  • 『現代アメリカ軍用機』(酣燈社、「航空情報」1966年11月号増刊)
  • "United States Military Aircraft since 1909" , Gordon Swanborough & Peter M. Bowers , PUTNUM , 1989

関連項目[編集]