ピラタス PC-21

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ピラタス PC-21

スイス空軍のPC-21

スイス空軍のPC-21

ピラタス PC-21は、スイスピラタス社で製造されている単発ターボプロップ高等練習機である。

開発[編集]

現代の戦闘機は高度なアビオニクスを搭載するため、戦闘機パイロットの教育もアビオニクスの操作に重点を置かれるようになり、調達経費も運用コストも高価なジェット練習機を使うのは不経済になってきた。こうした点に目を付けたピラタス社は、長期に渡って広範囲な調査と研究を実施し、結果こうした訓練を効率よく行うには運用コストの低いターボプロップ練習機が最適であるという結論に至った。[1]

ピラタス社は1997年11月に次世代ターボプロップ練習機の改善点をテストするためにPC-7 Mk.IIの改造型を飛行させた。一連のテスト結果を受けて同社は1998年11月に新しい訓練システムの開発に資金を拠出することを決定し、PC-21の開発を1999年1月に開始した。開発にあたっては、今日のターボプロップ練習機を凌ぐ空力特性、より強力で柔軟性に富み、かつ費用対効果に優れた統合訓練システム、今日のターボプロップ練習機を越えないライフサイクルコストなどが基本主眼に置かれた。

試作初号機は2002年4月30日にスイスのシュタンス(Stans)にあるピラタス社の工場からロールアウトし、同年7月1日に初飛行を行った。試作機の中の1機HB-HZBが2005年1月13日にスイスのブオッシュ(Buochs)エアロバティック飛行の練習中に墜落して操縦士が死亡し、地上にいたもう1人が怪我を負った。他の試作機のHB-HZA と HB-HZCは現在でも飛行中。

設計[編集]

斜め上から見たPC-21

PC-21は全く新しい航空機である[2]。エンジンはPC-9のPT6A-62(857kW)よりも高出力のPT6A-68B(1192kW)を採用し、プロペラは高速飛行や高機動飛行を可能にする5翅ブレードのものを使用している。これによって最高速度はターボプロップ機としては極めて高速なものとなり、ジェット戦闘機で多用される訓練速度域をカバーしている。機首には上面に大きな傾斜が付けられており、前席・後席共に良好な下方視界を有する。また、主翼は前縁にのみ約12度の後退角をつけ幅を切り詰めたテーパー翼としており、ロールレートは毎秒200度とこのクラスのターボプロップ機としては驚異的な速さを発揮する。機体の制限荷重も+8G/-4Gとジェット戦闘機並みである[3][1]

タンデム配置のコックピットバードストライク対策の施された全周視界の風防で覆われ、3つの大型液晶ディスプレイヘッドアップディスプレイHOTASコントロールを備えたグラスコックピットとなっている。ディスプレイやスイッチの機能はスイス空軍の主力戦闘機であるF/A-18と同一にされており、F/A-18への直接的な移行を容易にしている。さらに、ディスプレイは暗視ゴーグル対応型なので暗視ゴーグルを使用した訓練にも対応できる。また、機体に統合された訓練システムにより武装の運用シミュレーションを実施することができ、空対空戦闘も2対2までシミュレートできる。他にも機上酸素発生装置やマーチン・ベイカー製のゼロゼロ式射出座席(速度、高度が共に「ゼロ」でも作動可能)が標準装備されている。[3][1]

これによってジェット練習機とほぼ同様の訓練が可能になっているものの、さすがにジェット戦闘機特有の空中戦闘機動の訓練を行うことは不可能であり[1]、PC-21を採用した国の中には、より高性能なジェット練習機を同時に採用した国もある。

配備[編集]

スイス空軍は6機のPC-21を受領し、最初の4機が2008年4月に配備された[4]。同年には早くも最初の訓練が開始され、経済効率の良さを証明した[1]

2008年1月21日にシンガポール空軍向けの最初のPC-21が就役に先立って行われた納品テストを完了し[5]、同年7月13日にはシンガポール空軍に配備された。更に6機が、同年8月に配備予定の7機と共に現在順次配備中である[6]

アラブ首長国連邦2009年に25機の発注を発表し、最初の機体は2010年11月22日に初飛行した。

このほかにもサウジアラビアカタールからの発注も得ており、ピラタス社では将来的に1,000機程度の需要があると見込んで販売活動を行っている[3]

運用国[編集]

スイスの旗 スイス

スイス空軍が2003年から順次退役中のBAe ホークの後継として、6機のPC-21を高等練習機として運用[7]

シンガポールの旗 シンガポール

シンガポール空軍がSIAI-アエルマッキ S-211の後継として、2008年6月初めから[5]19機のPC-21を高等練習機としてピアース空軍基地(オーストラリア)で運用[8]

アラブ首長国連邦の旗 アラブ首長国連邦

アラブ首長国連邦空軍がPC-7の後継として25機を配備予定。

要目[編集]

(PC-21)[9]

  • 乗員:2名
  • 全長:11.233 m (36 ft 11 in)
  • 全幅:9.108 m (29 ft 11 in)
  • 全高:3.749 m (12 ft 4 in)
  • 翼面積:15.221 m² (163.848 ft²)
  • 翼面荷重:208 kg/m² (42.7 lb/ft²)
  • 空虚重量:2,270 kg (5,005 lb)
  • 最大離陸重量:3,100 kg (エアロバティック) / 4,250 kg (utility) (6,834 lb (エアロバティック) / 9,370 lb (utility))
  • 馬力重量比:0.39 kW/kg (0.23 hp/lb)
  • エンジン:1 × プラット・アンド・ホイットニー・カナダ PT6A-68B ターボプロップ エンジン、1,200 kW (1,600 shp)
  • 最大速度:685 km/h (370 knots, 428 mph)
  • 失速速度:170 km/h (フラップ、車輪 上げ) / 150 km/h (フラップ、車輪 下げ) (92 knots, 106.25 mph (フラップ、車輪 上げ) / 81 knots, 93.75 mph (フラップ、車輪 下げ))
  • 巡航高度:11,580 m (38,000 ft)
  • 航続距離:1,333 km (700 nm, 805 miles)
  • 上昇率: 1,219 m/min (4,000 ft/min)
  • Gリミット:+8G、-4G
  • 武装:
    • ハードポイント:対反乱作戦用に1,150 kg (2,535 lb)までの空対地攻撃兵器を搭載できるハードポイントを主翼下に4箇所、胴体中央に1箇所。

関連項目[編集]

出典[編集]

外部リンク[編集]