C-101 (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

C-101 アビオジェット

スペイン空軍のパトルーラ・アギラが使用するE.25 ミルロ

スペイン空軍のパトルーラ・アギラが使用するE.25 ミルロ

CASA C-101 アビオジェットAviojet)は、スペイン空軍のジェット練習機である。「C-101 アビオジェット」は、CASA社が付けた名称で、スペイン空軍ではE.25 ミルロ(E.25 Mirlo)の制式名称を付与している。

概要[編集]

1975年9月、スペイン空軍のジェット練習機として開発が始まり、1976年にCASA社が公式に開発契約を結んだ。契約に「1978年末までに原型機4機の製造、1500時間の飛行試験を完了すること」などがあるため、CASA社はドイツのMBB社とアメリカのノースロップ社に機体の一部設計を委託した。

座席は後席が一段高い縦列複座、主翼はほぼ直線翼に近い低翼、ターボファンエンジン、胴体は両側面に空気取り入れ口、後部はエンジン上方でブーム状になり垂直尾翼続いている。また、整備を簡単にするために機体各部はモジュラー構造になっている。

原型機XE-25はが1977年6月27日に初飛行し、1978年4月17日には4機がスペイン空軍に引き渡された。1980年3月17日よりE.25の名称で、量産型の引き渡しが開始された。

C-101BBは輸出用で、胴体下と主翼下にハードポイント、エンジンをギャレット社製TFE731-3-1Jに換装している。C-101BBは、チリ空軍がT-36ハルコンの名称で採用し、チリのエナエル社においてライセンス生産された。

C-101CCはC-101BBの発展型で、エンジンをギャレット社製TFE731-5-1Jへ換装し、外部搭載量と燃料搭載量が増加している。初号機が1983年11月16日に初飛行した。チリではA-36ハルコンの名称でライセンス生産された。

C-101DDはC-101CCの能力向上型で、新型の電子機器類ヘッドアップディスプレイ(HUD)、レーダー警戒装置、チャフ/フレアディスペンサーを装備し、コクピットにはHOTAS概念を導入した。試作機は1985年5月25日に初飛行したが、発注がなく量産されなかった。

チリ空軍は、フランスのSAGEM社とA-36の能力向上改修契約を交わし、HUDの装備、HOTAS概念の導入、GPS/INS併用航法・攻撃システムなどの改修を行った。改修された12機は、A-36ハルコンIIと名称された。

採用国[編集]

各型[編集]

  • XE-25:原型機。エンジンはTFE731-2-2 ターボファンエンジン(推力1,588kg) 1基
  • C-101EB:複座練習機型。スペイン空軍呼称E.25。
  • C-101BB:輸出用武装練習機型。チリ空軍呼称T-36ハルコン。ホンジュラス軍も採用。
  • C-101CC:輸出用軽攻撃機型。チリ空軍呼称A-36ハルコン。ヨルダン空軍も採用。
  • C-101DD:CCの能力向上型。原型機1機。
  • A-36ハルコンII:A-36の能力向上改修型。
  • A-36トクィ:A-36へのシーイーグル空対艦ミサイル運用能力付与計画型。

主要諸元(C-101BB)[編集]

  • 全長:12.50m
  • 全幅:10.60m
  • 全高:4.25m
  • 自重:3,500kg
  • 最大離陸重量:4,850kg(練習機型) 5,600kg(攻撃機型)
  • エンジン:ギャレット社製TFE731-3-1 ターボファンエンジン(推力1,678kg) 1基
  • 最高速度:430kt (796km/h) 最大マッハ数 M0.8
  • 巡航速度:330kt (611km/h)
  • 航続距離:フェリー時2,000nm (3,704km) 
  • 戦闘行動半径:280nm (519km) 
  • 乗員:2名

関連項目[編集]