メッサーシュミット・ベルコウ・ブローム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

メッサーシュミット・ベルコウ・ブロームMesserschmitt-Bölkow-BlohmMBB) は、ドイツダイムラー・クライスラー傘下にあった航空機メーカー。

概要[編集]

1968年6月6日メッサーシュミットベルコウと合併し、社名をメッサーシュミット・ベルコウに変更した。

1969年5月にはハンブルクのHFBからブローム・ウント・フォス (Blohm + Voss) の航空機部門を買収し、再度社名をメッサーシュミット・ベルコウ・ブローム(Messerschmitt-Bölkow-Blohm)と変更した。

1980年フォッケウルフハインケルの後身である Vereinigte Flugtechnische Werke を吸収した。

1998年11月7日、MBBは複合企業ダイムラー・クライスラーグループに買収された。航空機部門は、ダイムラークライスラー・エアロスペースDaimlerChrysler AeroSpace AG)と名称が与えられた。

ヨーロッパの防衛連携のため2000年にフランスのアエロシパル・マトラ、スペインのCASA、そしてDASAが合併してEADSEuropean Aeronautic Defence and Space Company N.V.)が創設され、ダイムラークライスラー・エアロスペースは EADSドイツ に社名が変わった。

航空機[編集]

協力事業[編集]

外部リンク[編集]