BAe ホーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

BAe ホーク

イギリス空軍のホーク T.1

イギリス空軍のホーク T.1

BAe ホークBritish Aerospace Hawk)は、ホーカー・シドレー社が開発した単発ジェット練習機。軽攻撃機としての使用も可能である。ホークの製造と販売は、1977年にホーカー・シドレーからブリティッシュ・エアロスペース (BAe) に移り、BAeは1999年BAEシステムズとなった。総生産機数は900機以上で30年以上に渡って生産されている。

概要[編集]

開発経緯[編集]

イギリス空軍1964年より、練習機フォーランド ナットホーカー ハンターの後継機を求めていた。当初は、英仏共同開発のSEPECAT ジャギュアをそれに充てる計画でいたが、練習機としては高価なものとなったために練習機としての使用をとりやめ、より経済性の高い機体を開発することとなった。

1970年末に発行された要求仕様ASR397にアルファジェット社、ホーカー・シドレー社、BAC社の3社が応じ、このうち1968年より検討していたホーカー・シドレー社の亜音速練習機HS.1182モデルが1971年10月に採用され、1973年に「ホーク」の名称が与えられた。ホーカー・シドレー社はコスト削減のため、試作機を製造せずに量産を始めることを提案され、初期量産機のうち5機が運用試験に使われた。1974年8月21日にダンカン・シンプソンの操縦する初号機が初飛行し、同年のファーンボロ航空ショーで一般に公開された。

1976年1月4日にイギリス空軍の訓練学校に引き渡され、1977年から兵器訓練のため、同空軍の戦術兵器部隊 (TWU) での使用が開始されている。レッドアローズが使用していたナットも1979年からホークへの交代が始まり、1980年からホークで曲技飛行を披露するようになった。レッドアローズ所属機には胴体下部にはオイルや染料を入れるタンクが備えられ、3つの管から放出できる。一部の機はT.1Aへ改装し、戦時には局地防衛に投入することを想定されている。

特徴[編集]

曲技飛行を披露するレッドアローズのホーク T.1

機体は、単発ジェットの亜音速機である。主翼はゆるい後退角を持つ低翼配置となっており、着陸の容易さを狙って主脚の間隔は広く取られている。乗員は2名で、座席はタンデム配置。キャノピーは大きく、視界が広く取られており、前後の座席の高低差も大きいため、後席の視界も良い。パイロンは主翼各2箇所と胴体中央の計5箇所にあり、爆弾もしくは機銃ポッドを搭載する。T.1A以降はAIM-9L サイドワインダー空対空ミサイルが搭載できるようになった。

その後も改良が続けられ、電子機器や攻撃能力を強化したホーク100、レーダーを搭載し単座戦闘機として再設計されたホーク200が登場しており、現在も生産中である。

本機は、簡素だが堅実な設計が評価され、各国への輸出も好調である。アメリカ海軍も艦上練習機としてT-45 ゴスホークの名称で採用したほか、現在T-38練習機の後継を必要としているアメリカ空軍にもホーク100をベースにしたタイプが提案されている。

派生型[編集]

フィンランド空軍のホーク Mk.51
T.1
初期生産型。イギリスで使用している練習機型である。176機製造。エンジンはアドーアMk.151。
T.1A
T.1を改装し、サイドワインダー空対空ミサイルを搭載できるようにしたもの。88機改装。
ホーク50
エンジンをアドーアMk.851に換装。
Mk.51/51A
フィンランド向け(57機)。
Mk.52
ケニア向け(12機)。
Mk.53
インドネシア向け(20機)。
韓国空軍のホーク Mk.67
ホーク60
エンジンをアドーアMk.861に換装。
Mk.60/60A
ジンバブエ向け(13機)。
Mk.61/63
アラブ首長国連邦向け(29機)。
Mk.62
ベネズエラ向け(計画のみ)。
Mk.64
クウェート向け(12機)。
Mk.65/65A
サウジアラビア向け(30機)。
Mk.66
スイス向け(20機)。
Mk.67
韓国向け(20機)。ホーク100のように機首が延長されている。
イギリス空軍のホーク T.2(Mk.128)
ホーク100
エンジンをアドーアMk.871に換装。機首を延長し、FLIRレーザー目標指示装置をオプションで装備可能に。翼端に空対空ミサイルを搭載できる『コンバット・ウイング』に主翼を改設計。グラスコックピットを導入し電子機器も近代化。
Mk.102
アラブ首長国連邦向け(13機)。
Mk.103
オマーン向け(5機)。
Mk.108
マレーシア向け(13機)。
Mk.109
インドネシア向け(7機)。
Mk.115
カナダ向け(19機)。カナダではCT-155と呼称。
Mk.127
オーストラリア向け(33機)。
Mk.129
バーレーン向け(6機)。
Mk.132
インド向け(81機)[1]。旧称Mk.115Y。
ホークLIFT
LIFTは『戦闘機前段階訓練機』の略。ホーク100をベースにエンジンをアドーアMk.951に換装。
Mk.120
南アフリカ共和国向け(24機)。
Mk.128
イギリス向け(28機)。ホーク T.2の名称で採用。
ホーク Mk.200のデモンストレーター機
ホーク200
ホーク100をベースにした単座戦闘攻撃機型。機首を再設計し、AN/APG-66Hレーダーと固定機関砲を装備。ただし実際にレーダーを搭載した機体は量産されなかった。構想では防空戦闘任務を念頭に置いていたものの、レーダーを備えていないことから実際には軽攻撃機として使用されている。
Mk.203
オマーン向け(11機)。
Mk.205
サウジアラビア向け(計画のみ)。
Mk.208
マレーシア向け(13機)。
Mk.209
インドネシア向け(11機)。
T-45ゴスホーク
アメリカ海軍向けの練習機。航空母艦での運用のため尾翼の拡大や着陸脚の強化などが行われている。

採用国[編集]

ホークの採用国

運用中[編集]

退役[編集]

  • スイスの旗 スイス - ピラタス PC-21と交代して退役。退役した機体はアラブ首長国連邦が購入を検討しているといわれる。
  • ジンバブエの旗 ジンバブエ - ムガベ政権に対する欧米諸国の経済制裁によりスペア部品の不足に陥り、BAe社のサポートも不可能となった事から退役したとみられる。
    ジンバブエ空軍は後継として中国製のJL-8を導入した。

仕様(T.1A)[編集]

  • 乗員:2名
  • 全長:11.86 m
  • 全幅:9.40 m
  • 全高:3.99 m
  • 翼面積:16.72 m²
  • 運用空虚重量:3,635 kg
  • 最大離陸重量:8,342 kg
  • 最大着陸重量:7,711 kg
  • 動力:ロールス・ロイス/チュルボメカ アドーア Mk 151 ターボファンエンジン × 1
  • 推力:23.13 kN
  • 最大速度:1,059 km/h
  • 航続距離:3,148 km
  • 上昇限度:15,240 m
  • 上昇率:2,835 m/min
  • 武装
    • 機銃:30mm ADEN機関砲(機銃ポッドに搭載)
    • 爆弾:最大 3t
    • ミサイル:IR-AAM を最大2発

出典[編集]

外部リンク[編集]