ピラタス PC-9

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ピラタス PC-9

オーストラリア空軍のPC-9/A

オーストラリア空軍のPC-9/A

ピラタス PC-9(Pilatus PC-9)は、スイスピラタス社がPC-7 ターボトレイナーの高性能型として開発した、ターボプロップ単発の練習機。世界で15ヶ国以上に採用され、アメリカ空海軍の初等練習機T-6 テキサンIIの原型機にもなっている。

概要[編集]

ピラタス社はPC-7 ターボトレイナーの開発で成功を収めたが、より高性能で幅広い訓練を実施できる次世代練習機の開発を検討し、1982年5月から開発に着手した。この次世代練習機はPC-7の基本設計を踏襲することとし、1982~83年にかけてPC-7を使った空力構成要素の試験が行われ、先行量産機2機の製造が開始された。先行量産型初号機は1984年5月7日に初飛行し、2号機も同年7月20日に初飛行した。1985年9月19日には曲技機としての型式証明を取得した。

機体形状はPC-7に似ているが、PC-7との共通部分は10%程度しかない。コックピットは後席の位置を15cm高くし、後席からの前方視界を改善した他、座席はマーチン・ベイカー製の射出座席となった。胴体下にはエアブレーキが追加され、プロペラブレードは4翅に増やされた。エンジンはプラット・アンド・ホイットニー・カナダ製のPT6A-62が搭載され、最大出力857kWを708kWに減格しているが、それでもターボプロップ練習機としてはパワフルなものになった。主翼にはハードポイントが6箇所あり、PC-7同様武装して軽攻撃任務にも使用可能であるが、軽攻撃機として運用している国は少ない。

派生型として、アメリカ空海軍のJPATS(統合基本航空機訓練システム)計画向けの改修を施したPC-9 Mk.IIT-6 テキサンIIとして採用)や、PC-7 Mk.IIで使われた技術をフィードバックし外見もPC-7 Mk.IIと同様になった能力向上型PC-9Mなどが存在する。また、スロベニア空軍のPC-9MはHOTAS概念チャフフレアディスペンサーなどを追加した軽攻撃機仕様で、フドウルニク(Hudournik)の名称が与えられている。

ピラタス社では、PC-9は初等訓練から高等訓練まで対応できるとしているが、初めて航空機を操縦する人間にとっては現実的に扱える機体ではないため、PC-9導入国の中には、より小型の練習機で初等訓練を行っている国もある。ドイツでは標的曳航用として民間企業のホルステネア社がドイツ空軍に代わって機体を運用している他、コンドル航空でも使用している。また、曲技飛行機としても運用可能なことから、オーストラリア空軍の「ルーレッツ」、クロアチア空軍の「クリラ・オルイェ」などのアクロバット・チームでも使用している。

派生型[編集]

PC-9
初期生産型。
PC-9 Mk.II(T-6 テキサンII
アメリカのJPATS計画向けに提案された改良型。
PC-9M
PC-7 Mk.IIで使われた技術をフィードバックした能力向上型。
PC-9/A
オーストラリア空軍向け生産型。
PC-9B
ドイツ空軍向け標的曳航型。
PC-9M フドウルニク
スロベニア空軍向け軽攻撃機型の名称。
BF.19
タイ空軍でのPC-9の呼称。

採用国[編集]

ブルガリア空軍のPC-9M
スロベニア空軍のPC-9M フドウルニク

性能諸元[編集]

  • 全幅:10.19m
  • 全長:10.14m
  • 全高:3.26m
  • 主翼面積:16.28m2
  • 空虚重量:1,725kg
  • 最大離陸重量:2,350kg (曲技仕様)/3,200kg (汎用仕様)
  • 兵装搭載量:1,220kg
  • エンジン:プラット・アンド・ホイットニー・カナダ製PT6A-62ターボプロップ×1
  • 推力:708kW
  • 最大運用速度:320kt (592km/h)
  • 最大水平巡航速度:298kt (551km/h)
  • 海面上昇率:1,183m/min
  • 実用上昇限度:1,1580m
  • 航続距離:860nm (1,590km)
  • 乗員:2名

参考資料[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]