サーブ 39 グリペン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

サーブ 39 グリペン

JAS Gripen a (cropped).jpg

サーブ 39(JAS39 JASは「ヤース」と発音)は、スウェーデンサーブ社を中心として開発された戦闘機。愛称はグリペンスウェーデン語Gripen (有翼獅子))

概要[編集]

JAS39のJASは、スウェーデン語のJakt(戦闘)、Attack(攻撃)、Spaning(偵察)の略で、文字通り戦闘攻撃偵察をすべてこなすマルチロール機(多目的戦闘機)である。機体のサイズで分類すれば軽戦闘機となり、航続距離などで妥協する代わりに運用の容易性と高いコストパフォーマンスを実現している。

開発[編集]

要求[編集]

冷戦期のスウェーデンは軍事的に中立という政策を打ち立てていたため、戦時は同盟国による支援を受けられる可能性は無かった。そのため先制攻撃を受けてもダメージが少なくてすむよう、戦闘機は空軍基地に配備するだけでなく各地に分散して配備し、通常は山をくりぬいて作ったシェルターなどに格納している。そして作戦時は高速道路を使用して離着陸する。当然、高速道路で滑走路のように何キロも直線状になっているものは少ない。そのためスウェーデンの戦闘機は短距離の直線道路で離着陸(STOL)できる必要がある。また、シェルターのように整備が十分にできない場所でも整備ができるように、高い整備性も求められた。

経緯[編集]

サーブ 37 ビゲンの後継として1980年から開発が開始、1981年に機体初期提案がなされ翌1982年に政府はこれを承認、試作機5機と量産型30機の開発契約が与えられた。

試作初号機は1988年12月9日に初飛行を行った。試作初号機が1989年2月3日に試験飛行中にフライ・バイ・ワイヤのソフトの欠陥から機体振動(PIO[1])を起こし、着陸に失敗。試作初号機が大破したため、その穴埋めとしてJAS39A量産初号機が試験に使用された。これは1992年に初飛行している。そして量産2号機が実質量産初号機となり1993年に初飛行したが、この機体も試作初号機と同じくフライ・バイ・ワイヤの欠陥から同年8月8日に墜落、ソフトウェアの改善が必要とされ生産の計画は大幅に遅れることとなる。

1995年を見込んでいた最初の飛行隊の発足は1年遅れ、1996年になってからであった。なお複座型のJAS39Bは1996年に初飛行を行った。

^PIO:Pilot Induced Oscillation(パイロットに起因する振動)

特徴[編集]

機体[編集]

グリペンはカナード(先尾翼)とデルタ翼の組み合わせであるクロースカップルドデルタという、ビゲンを踏襲した形状となっている。ただしビゲンのカナードが揚力カナードであるのに対し、それ以降のクロースカップルドデルタ形式は、揚力を発生しない制御カナードを用いる例が多い。グリペンも同様であり、カナード全体が昇降舵のように可動するオールフライング方式を採用している。さらに着陸時には前に最大まで傾き、エアブレーキの役目を果たす。

機体構造は59%がアルミ、20%がCFRP、8%がチタン、8%が鋼材、5%がその他。CFRPは主にカナード、主翼、尾翼に使用され、レーダーカバーはGFRP、尾翼先端はAFRPが使用されている。キャノピーは厚さ9mmのアクリル樹脂製でキャノピー前方のウィンドシールドは厚さ26.5mmで、重さ1Kgの鳥に時速1000kmで衝突した衝撃に耐えられる。

操縦系統は3重デジタル・フライ・バイ・ワイヤとマニュアル1系統の計4系統。操縦データはMPU68040が処理し、TIDSP TMS320C30が入出力とバックアップを行う。

コックピット[編集]

HOTAS概念を採用、ヒューズ社とエリクソン社共同開発の250×280mm回析型HUD(D-HUD)、昼夜間で表示色の変わる多機能ディスプレイ(MFD)は3基でA/B型は127×152mmモノクロ・ブラウン管のEP-17Mk.1/2、C/D型は158×211mmカラー液晶(LCD)のEP-17Mk.3/4。HUD下にメインモード選択・機体状態表示装置があり、ボタンを押しただけで戦闘、攻撃、偵察の各任務に適した飛行モードが選択できる。

射出座席マーチンベイカー社製Mk.10L Sタイプ(S10LS)複座のB/D型は前後席の間のキャノピー枠から前席射出時の燃焼炎や破片を除ける為のエアバッグが展張される。

エンジン[編集]

エンジンはF/A-18に使用されているゼネラル・エレクトリック F404-GE-400 ターボファンエンジンをボルボ・エアロが改良したRM12を1基搭載している。吸気流量を約10%排気流量を約15%増大させ推力は1万6000ポンドから1万8000ポンドに上げられた。制御系は機械油圧式と電子式を併用し冗長性を50%から90%に向上させた。全自動デジタルエンジン制御(FADEC)は米国国防総省が技術提供しなかった為にボルボ社が独自に開発した。内部を内視鏡で覗く窓を13箇所設置、そのうち12箇所は機体に搭載したまま使用可能。エンジンを7つのモジュ-ルで構成しモジュールごとの交換が可能で作業効率が向上。20個のセンサーを取り付けて飛行5回ごとにデータが自動でダウンロードされ整備や改良などに使用される。C/D型からFADECがデジタル式になり、フレームホルダーを空冷式に換装し寿命を約3倍にしてエンジン排気温度を下げノズルからの赤外線放射を抑制させた。

電子機器[編集]

中央情報処理装置はエリクソン社が汎用コンピューターを航空機用にしたSDS-80 D80Eを搭載。CPUはパスカルD80(駆動周波数266MHz)3基、HDDが160MB(320MBまで拡張可能)、メモリーが64MB、PROMが32MB、MIL-STD 1553Bデータバス3基で接続され通信速度は毎秒1MB。C/D型からはMACS D96に変更された。これはアップル インコーポレイテッドPowerPC(駆動周波数266MHz)を使いデータバスが5基に増加され処理速度が約10倍に向上した。プログラムは「Ada」で記述され初期は「Ada83」、2002年以降は「Ada95」に変更され、プログラムサイズはグリペンNGで300万桁以上になっている。交信記録や飛行データはアナログビデオレコーダーでHi8ビデオテープに記録される。C/D型からは「DiRECT」デジタル記録方式に変更されMMCに記録される。データは飛行中でもデータリンクによりTCP/IP形式で地上に送信される。C/D型からユーロファイター タイフーン採用のヘルメット搭載表示基(HMD)「ストライカー」の発展型「コブラ」に対応している。

レーダーはエリクソン・マイクロウェーブ・システムズ社とGECマルコーニ社が共同開発したPS-05/AでBAe シーハリアーFA.2搭載のブルーヴィクセン・レーダーのレーダー基部、作動機構を流用している。アンテナ直径は約60cm、使用周波数8-12GHz(Xバンド)、発振出力1Kw(最大8.2Kw)、探知距離はスウェーデン空軍発表でAN/APG-65より短く、ミラージュ2000のRDYより20%、AN/APG-68より40%長い。空対空で8モード、空対地で7モードあり、空対空では毎秒60度の走査が可能。C/D型からはMk.3になり処理速度が向上、Mk.4は探知距離が約30%向上し、合成開口(SAR)モードが追加された。フェーズドアレイレーダーは2009年6月にグリペンDemoにタレス社のRBE2(ラファール搭載のレーダー)を搭載したが性能に満足出来ずSELEXガリレオ・アヴィオニカ社のES-05レイブンに換装した。IRSTは内装式のSELEXガリレオ・アヴィオニカ社のスカイワード-Gが提案されているものの外装式の可能性も高い。

電子戦装備はエリクソン・サーブ社製EWS39で4基のレーダー警戒受信機(RWR)と1基の中央電子戦装置(EWCU)で構成される。レーダー警戒受信機(RWR)は当初 広域帯受信型のAR830を使用していたが1999年以降は狭域帯受信アンテナを追加したBOW-21に換装している。RWR自体もECM機能を持っている。EWCUはチャフ/フレアの射出を制御している。約300発のチャフ/フレアと2基の曳航式デコイを装備している。

整備性[編集]

維持・運用経費の削減にも力が入れられていて、空軍の整備拠点に搬送しての整備を1段階減らし先代のビゲンよりも整備が1段階減らされている。平均故障間隔(MTBF)が約7.6時間、平均復旧時間(MTTR)が約2.5時間となり、48時間の作戦行動を行った時の稼働時間が約38時間とビゲンと比べ約54.5%運用効率が向上した。従来の第4世代戦闘機と比べて平均故障間隔(MTBF)で30-50%優れていて、飛行時間あたりの必要整備人員が半分から三分の一、作戦運用効率は25-30%高い。

整備機材はコンパクトで近距離では大型トラック3台で整備機材、兵装、整備要員を搬送でき、遠距離ではC-130輸送機に全て搭載可能。整備要員は正規士官または正規整備兵1名と召集兵5名。エンジン稼動状態で再装備、給油が可能で、空対空装備で10分以内、空対地装備で20分以内に再装備が可能。エンジン交換も召集兵3名とミニホイスト、ドリーがあれば1時間以内に出来る。

ビゲンとの違い[編集]

サーブ 37 ビゲン

グリペン以前にスウェーデンが使用していた戦闘機ビゲンは、スラストリバーサー(逆噴射装置)を使用することによって通常の離着陸は17×500mあれば十分という、良好なSTOL性能をもっていた。しかしビゲンは空虚重量が11800kgと重いため、通常の高速道路では着陸できず、17×800mで強化された道路滑走路規格V90が国内の高速道路に44本整備された。

グリペンは、スラストリバーサーを装備しないがビゲンよりも小型軽量化された為に離陸滑走距離は7×400m、着陸滑走距離は制動傘無しでも7×500mと道幅が減って道路の強化も必要無くなり使用可能な場所が増えて場所の特定がされやすい高速道路は使用されなくなった。

上述の通り、ビゲンのカナードが揚力カナードであるのに対して、グリペンは制御カナードである点も大きな違いである。これはグリペンがフライ・バイ・ワイヤを採用しCCV技術を導入しているからである。揚力カナードは主翼とカナードで機体の安定性を保つための必然であるが、グリペンはCCV技術により機体設計による安定性確保を妥協し、運動性を高めている。これによりカナードは純粋な姿勢制御の動翼として機能し、エアブレーキとしての動作も兼ねる事が可能となった。一方でCCV技術は高度なコンピューター制御が必須であるため、試作機においてプログラムのソフトウエアのバグが原因の事故を起こしている。

各型[編集]

JAS39A
単座型。スウェーデン空軍名称はAdam。
バウロス1、バウロス2/バッチ1。バウロス2/バッチ2の3種類ある。サーブ社内名称ではバウロス1はMk.1グリペン、バウロス2/バッチ1とバウロス2/バッチ2はMk.2グリペンと呼称されている。
JAS39B
複座型。機銃なし。スウェーデン空軍名称はBertil。
胴体が65.5cm延長されている。後部座席の設置により胴体の2番燃料タンクが削られ燃料容量が3000Lから2850Lと約5%減っている。前脚と主脚ホイールベースも70cm延長され5.9mになった。
JAS39C
単座型。GPS端末を装備するなどA型の電子装置を改良したもの。2002年2月にスウェーデンは中立政策放棄を行っており、テロ対策及びヨーロッパでの戦争に対して積極的な役割を果たすという新ドクトリンを打ち出している。これに伴い、国外運用およびNATO軍との連携を考慮、プローブアンドドローグ方式空中給油装置を追加装備している。
空中給油装置は左舷空気取り入れ口のカナード翼取り付け基部にあり、英国フライトリフュエリング社製の望遠鏡式に伸びるブームで引き込み式。
バウロス2/バッチ3では機体構造が変更され、APUをハミルトン・サンドストランド社製のT-62T-46LC-1に変更され、データバスが5本に増加され、コクピット表示装置がアクティブマトリクス式カラー液晶EP-17 Mk.3に変更され、計器表示が英語に変更され、暗視スコープに対応し、機上酸素発生装置を搭載し、パイロンチャフ/フレア射出器を装備し、コミュニケーション&データリンク39(CDL39)を装備し、ローデ&シュヴァルツ シリーズ600 UHF/VHF無線機を搭載し、NATO互換の敵味方識別装置(IFF)に変更し、多気候に対応した。
バウロス3ではコクピット表示装置がEP-17 Mk.4に変更され、飛行記録装置がMMCMPEG-2で動画記録するDiRECTに変更され、新機上航法装置(NINS)と新計器着陸装置(NILS)が搭載され、電子戦装置がEWS39に変更され、NATO互換パイロンに変更され、対応兵装が増加し、機内環境電子制御装置(GECU)が搭載され、降着装置が強化され、最大離陸重量が1万4000Kgに増加された。
降着装置は英国プレシジョン・ハイドロリックス社(APPH)製で前脚、主脚の両方にブレーキが付いている。今回は素材と部品分割が変えられブレーキが強化されている。
スウェーデン空軍名称はCaesar。バウロス2/バッチ3、バウロス3の2種類ある。サーブ社内名称ではバウロス2/バッチ3がMk.3グリペン、バウロス3がMk.4グリペンと呼称されている。
JAS39D
複座型。C型同等の改良を施したもの。
スウェーデン空軍名称はDavid。C型と比べて全長が65.5cm長く、空虚重量が約300Kg増加している。
グリペンDemo
グリペンNGの先行試験機。複座型をベースに2008年4月23日にロールアウト[2]、同5月27日に初飛行した[3]。エンジンをRM12(F404改)からF414Gになり空対空形態でM1.2の超音速巡航が可能になった。レーダーをPS-05/AからSELEXガリレオ・アヴィオニカAESAレーダー、ES-05レイブンに換装。エリクソン社製機上多機能自衛アビオニクス(MIDAS)がレーダーと組み合わされている。内装型IRSTスカイワード-Gの装備も検討されている。さらに主脚を再設計し、格納位置を胴体部分から主翼付け根部分に移動させる事でエアフレームを流用したまま40%の燃料搭載量の大幅な増加を図り空対空形態での戦闘行動半径が1300km(30分間の戦闘を含む)になった。また、主脚の格納方式の変更に伴い、胴体下のハードポイント数が2個増加し兵装搭載量が13%増加。最大離陸重量が18%増加して1万6500Kgになった。
JAS39E/F(グリペンNG)
グリペンDemoの改修を基にさらなる改修を施した発展型。C/D型からの変更点はエンジンのF414GF/A-18E/Fに採用されている、推力約10t)への換装で超音速巡航能力を獲得、SELEXガリレオ・アヴィオニカAESAレーダーES-05レイブンの搭載、IRSTの装備、HMDコブラの採用、センサーフュージョン機能、コンピュータアビオニクスの改良、衛星通信能力・改良型データリンク、デュアルデータリンク、ビデオリンク、改良型電子戦機器、次世代型データ処理、高度なデータ通信、ネットワークセントリック戦術機能などの導入があげられる。スイスが採用したほか、スウェーデンでも既存機のE/F型への改修と新造機の導入を決定した[1]
シーグリペン
艦載型として計画中のグリペンNG。計画はスウェーデンと英国が共同で行い英国で設立され、艦載機などの専門家や経験のあるGKNエアロスペース社と契約されている。着陸装置の強化、アレスティング・フックの取り付け、カタパルト射出用アタッチメントの取り付け、海水に対する腐食対策などが行われる。

このほかにも、D型をUCAV化する計画が現在スウェーデン空軍で行なわれている。また、2008年6月26日に発表された発展型案もありエンジンを双発、垂直尾翼を双翼にし、胴体下面中央と両主翼付け根に兵倉を設置し、ステルス性と超音速巡航能力を向上し、翼幅約12m、全長17-18mと大型化したP306と単発のP305があり韓国FXに提案された。

輸出[編集]

前任のビゲンの他国への輸出がゼロだった結果を反省し、グリペンは輸出にも積極的である。同世代の戦闘機に比べ能力的には劣るものの、安価(特に機体の維持整備に関わるコストが安い)で小型軽量な多目的戦闘機という特徴を生かし、イギリスBAEシステムズと提携して、各国の次期主力戦闘機候補として売り込みを行っている。主な取引先は、以下の通り。

南アフリカ共和国の旗 南アフリカ共和国

南アフリカ空軍が運用しているチーターC/Dの代替として、28機の購入を決定している。2006年9月よりD型の引渡しが開始され、2010年2月よりC型の引渡しが開始された。

ハンガリーの旗 ハンガリー

ハンガリー空軍で運用しているMiG-29A/UBの代替として14機のリースを決定済み。2006年3月から2007年12月の間に配備された。

チェコの旗 チェコ

チェコ空軍のグリペン
チェコ空軍向けに一度24機の購入を決めたものの、2002年にヨーロッパで発生した大洪水により被害を受けた首都復興に予算が充てられ一旦取り消しとなった。評価は続けられ、その後の再考の結果、リースではあるが再び14機の採用を決定した。
2005年度中に同国空軍で運用中の全てのMiG-21MF/MFN/UMを代替するとして、同年8月には全ての機体の納入が完了した。リース期限は2014年末に切れるため、スウェーデン政府はリースから買い取りへのオプションを提案している。

タイの旗 タイ

タイ王国空軍F-5の代替として、12機の購入を閣議決定している。第1ロットの6機は2011年2月に配備された。[4]価格は第1ロット6機が整備部品や訓練費用込みで190億バーツ(約610億円)、第2ロット6機が154億バーツ(約495億円)となっている。[5][6]2011年2月22日、タイ南部スラートターニー空軍基地に第1ロット6機が配備された[2]

イギリスの旗 イギリス

機体の輸出ではないが、王立テストパイロット学校(ETPS)が、高速ジェット練習機課程にてスウェーデン空軍とともにシミュレータを用いた訓練を行い、さらにサーブ社において同機の複座型に搭乗しての教育を行っている[3]

スイスの旗 スイス

スイス空軍が運用しているF-5E/Fの代替として、グリペンNGを22機導入することを発表した[4]

ブラジルの旗 ブラジル

ブラジル空軍は、現有機の代替としてグリペンNG 36機の購入を決定した。契約金額は約45億ドル[5]。納入は2018年の予定で、それまでスウェーデン空軍の余剰機12機をリースする予定[6]

スペック(JAS39C)[編集]

JAS39 Gripen.svg
  • 乗員:1名(B/D型は2名)
  • 全長:14.1m(B型:14.8m)
  • 全幅:8.4m
  • 全高:4.5m
  • 翼面積:30.0m²
  • 空虚重量:6,800kg
  • 最大離陸重量:14,000kg
  • 戦闘航続距離:約800km
  • フェリー飛行時航続距離:約3,000km
  • 実用上昇限度:15,240m
  • 最高速度:マッハ2.0
  • Gリミット:+9G、-3G
  • エンジン:ボルボ・フリューグモートル社製 RM12(ゼネラル・エレクトリック F404ベース)×1基
  • ミリタリー出力:5,488kgf
  • アフターバーナー出力:8,210kgf

武装

(携行弾数120発、発射速度毎分1700発)
AIM-9L(Rb74):米国製、スウェーデン空軍使用
IRIS-T(Rb98):共同開発、スウェーデン空軍使用
ASRAAM :英国製
AIM-9X:米国製
パイソン4/5:イスラエル製
A・ダーター英語版:南アフリカ製
AIM-120 AMRAAM(Rb99):米国製、スウェーデン空軍使用
ミーティア:共同開発、スウェーデン空軍使用
ダービー:イスラエル製
R・ダーター英語版:南アフリカ製
AGM-65 マーベリック(Rb75):米国製、スウェーデン空軍使用
ブリムストーン:英国製
DWS 39スウェーデン語版:ドイツ製、スウェーデン空軍使用
タウラス英語版:ドイツ製
AGM-154 JSOW:米国製
RBS-15F:スウェーデン製、スウェーデン空軍使用
GBU-10/11/12 ペイブウェイI:米国製、スウェーデン空軍使用
GBU-24 ペイブウェイIII:米国製
JDAM GBU-31/32/38:米国製
SDB GBU-39:米国製
リザ-ドII/III:イスラエル製
スパイス英語版:イスラエル製
  • 偵察用装備
モジュラー偵察ポッドシステム(SPK39):スウェーデン空軍使用
タレス・グループ 18/72C:フランス製
RECCELITE:イスラエル製
AN/AAQ-28ライトニング照準ポッド英語版:イスラエル製、スウェーデン空軍使用
  • その他
落下式燃料タンク(1100L)
AACMIポッド EHUD/FPR

登場作品[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]