マウザー BK-27

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マウザー BK-27
Mauser BK-27 LKCV.jpg
マウザー BK-27
種類 ガス圧駆動リヴォルヴァーカノン
原開発国 ドイツの旗 ドイツ
運用史
配備先 運用国を参照
開発史
開発者 マウザー(現ラインメタル
開発期間 1976年
製造業者 マウザー(現ラインメタル)
製造期間 1977年-現在
製造数 3,100-
諸元
重量 100 kg (220 lb 7 oz)
全長 2.31 m (7 ft 7 in)
銃身 1.73 m (5 ft 8 in)

砲弾 27x145mm
口径 27 mm (1.063 in)口径
砲身 1.73 m (5 ft 8 in)
銃砲身 砲身
作動方式 リヴォルバー
発射速度 1,000-1,700rpm(+/-100rpm), 選択式
初速 1,025 m/s (3,360 ft/s)

マウザー BK-27(Mauser BK-27)は、ドイツマウザー社が開発した27mmリヴォルヴァーカノンである。現在はラインメタル社が製造している。BKとはドイツ語の"Bordkanone"(ボルトカノーネ、搭載砲の意)の略称である。

概要[編集]

BK-27はMRCA(Multi-Role Combat Aircraft)、後のパナヴィア トーネードに搭載するための新型機関砲として、1960年代後期に開発が始まった。初期の空中試射はイギリスで行われたが、このときの試験はライトニング戦闘機30mm ADEN Mk.IVを換裝して行っており、後にトーネード IDS試作機でも試験が行なわれた。弾薬はこの機関砲のために新規開発された27x145mm弾を使用する。従来はベルトリンクを用いた給弾機構であったが、ユーロファイター タイフーンに採用される際に、M61 バルカンのようなベルトコンベア式のリンクレスフィード型に改め、信頼性がより向上した。

本砲は、それまでNATO空軍機に用いられていた口径30mmのADEN及びDEFA 550の両リヴォルヴァーカノンに比べ、若干小口径になっているが発射速度・砲口初速共に速く、弾頭重量も破壊力も大きくなっていた。ヨーロッパではソ連地上軍機甲部隊との交戦を考慮すれば20mmでは口径不足との意見が強く、そのために大口径を用いていたが、マウザー社は新型機関砲の口径として、それまでの30mmでもなければソビエトで主力となっている23mmでもなく、その間を埋める理想の口径として27mmを選び弾薬も新規開発した。ちなみにADENやDEFAは第二次世界大戦中にマウザーが開発して間に合わなかった30mm MK 213/C30を原型とするものであり、分家の後継者を本家で開発した形となる。トーネードをはじめとして、アルファジェットユーロファイターグリペンなど多数の軍用機に搭載されている。

また、アメリカ空軍F-35に搭載するため一時はライセンス生産を提案したが、結果的に計画ではGAU-12 イコライザー機関砲が選ばれた。

海軍向けにMN 27 GSやMLG 27などもある。

運用国[編集]

ドイツ海軍のエルベ級支援母艦に備えられたMLG 27
オーストリアの旗 オーストリア
ボリビアの旗 ボリビア
カメルーンの旗 カメルーン
カナダの旗 カナダ
チェコの旗 チェコ
ドイツの旗 ドイツ
ハンガリーの旗 ハンガリー
イタリアの旗 イタリア
ポルトガルの旗 ポルトガル
南アフリカ共和国の旗 南アフリカ共和国
サウジアラビアの旗 サウジアラビア
スウェーデンの旗 スウェーデン
スペインの旗 スペイン
タイ王国の旗 タイ
イギリスの旗 イギリス

諸元[編集]

  • 分類:単砲身機関砲
  • 機構:ガス圧駆動リヴォルヴァーカノン
  • 口径:27mm(1.06in)
  • 弾薬:27x145mm
  • 全長:2.31m(7ft 7in)
  • 砲弾重量:260g(9.2oz)
  • 総重量:100kg(220lb)
  • 発射速度:1,700rpm(最大毎分1,700発)
  • 砲口初速:1,025m/s(3,362ft/s)

外部リンク[編集]