ボルボ・エアロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ボルボ・エアロ
Volvo Aero
本店所在地 スウェーデン
主要株主 GKN
外部リンク http://www.volvo.com/volvoaero/
テンプレートを表示
展示されているF-104
Svenska Flymotoer AB RM 2B
Volvo Flygmotor RM 6C
Volvo RM6B
Volvo Flygmotor RM8B

ボルボ・エアロVolvo Aero )は、航空機と航空機用エンジンを開発・製造するスウェーデンの企業で、英エンジニアリング大手GKNの子会社。3,600名の従業員を抱え、2003年の時点で総売上高は9億ユーロを記録した。

概要[編集]

1930年にスウェーデンの航空局向けに航空機用エンジンを製造するため、NOHABの子会社としてノーハブ・フリューグモートルファブリーケル(Nohab Flygmotorfabriker AB )がトロルヘッタンで創業された。1937年、ノーハブ・フリューグモートルはSAABの傘下に移ってスヴェンスカ・フリューグモートル(Svenska Flygmotor AB )となった。しかし、1941年にボルボがほとんどの株式を保有したことで同年にボルボ・フリューグモートル(Volvo Flygmotor )へと社名を変更した。1950年代、同社はスウェーデン空軍の主要なエンジン供給元になった。

1990年代の初期にプラット・アンド・ホイットニーと協同でジェットエンジンの開発に携わり、以降、ターボシャフトエンジンなどを専門に世界中のエンジン開発計画に参加している。そして、スウェーデン語では伝わりにくいので、現在のボルボ・エアロへと社名を変えた。 2012年、英エンジニアリング大手GKNによって買収され、同社の子会社となった。

外部リンク[編集]