レーダー警報受信機

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
電子戦 > 電子戦支援 > レーダー警報受信機
シーハリアーFA.2の垂直尾翼。RWRのアンテナを備えている。

レーダー警報受信機(レーダーけいほうじゅしんき、英語: Radar warning receiver, RWR; レーダー警戒受信機ミサイル警報機とも)は、自衛用の電子戦支援(ESM)装置の一種。レーダーから発せられる電波を探知し、そのレーダーの形式、識別および方向などの情報を提供する広帯域受信機である[1]

RWRシステムは、通例、基本的な機能として捜索機能を備えており、ノッチフィルタにより連続波(CW)信号から防護された広帯域受信機(クリスタルビデオないしIFM式)がその機能を果たす。またCWまたは高デューティ比信号に対応するため、狭帯域受信機も搭載される。例えばパルスレーダーによる電波を受けている場合、RWRシステムは下記のような信号諸元の解析を行い、そのレーダーの種類・動作モードおよび位置の特定を行う[1]

  • 周波数
  • パルス幅(PW)
  • パルス繰返し周波数(PRF
  • 電波到来方向(DOA
  • アンテナスキャン(アンテナのスキャンタイプの判別)

1966年アメリカ軍で採用されたAN/APR-25のように、もっとも原始的な機上用RWRシステムの場合、インターフェースとしてはベクトルスコープが用いられており、受信信号をあらわす輝線の向きと長さによってその方向(通常、平均方位の周りで不規則に変化していた)と強度が表示されるのみで、その信号がどのような種類のレーダーがどのようなモードで発したものであるかなどの分析は加えられていなかった。ベトナム戦争後期にはデジタルディスプレイが導入された。これは脅威の種類を分析し、スクリーン上にシンボルとして表示することができた[1]。現代のシステムでは、例えばSu-27戦闘機で使用されているSPO-15ベリューザの場合、受信した電波を、内蔵の情報ライブラリーと照合して脅威電波の識別とその度合いの分析を行い、その方位と距離、レーダーの形式を表示できるようになっている[2]

参考文献[編集]

  1. ^ a b c デビッド・アダミー 『電子戦の技術 基礎編』 東京電機大学出版局、2013年ISBN 978-4501329402
  2. ^ 青木謙知 『戦闘機年鑑2013-2014』 イカロス出版2013年、161頁。ISBN 978-4863207035

関連項目[編集]