AGM-65 マーベリック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
AGM-65(データはF型)
AGM-65 Maverick MG 1382.jpg
AGM-65
種類 空対地ミサイル
製造国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
設計 ヒューズ
製造 レイセオン
性能諸元
ミサイル直径 305mm
ミサイル全長 2,490mm
ミサイル重量 304kg
射程 27km
誘導方式 赤外線誘導
飛翔速度 超音速
テンプレートを表示

AGM-65 マーベリック(AGM-65 Maverick)は、アメリカ合衆国製の空対地ミサイルの一群である。「マベリック」や「マーヴェリック」とも表記される。

開発経緯[編集]

マーベリックが登場する以前の主力空対地ミサイルには、AGM-12 ブルパップAGM-62 ウォールアイがあったが、前者はASM-N-7(AGM-12A)が1959年からアメリカ海軍に配備され、CEPが平均約30m前後の高い命中率と約27kmの長射程という高いスタンドオフ性能であり、当時としては非常に高性能な空対地ミサイルとしてベトナム戦争で多くの戦果を挙げたが、その誘導方式に問題があった。

ブルパップの誘導方式は無線指令誘導方式で、発射と同時に弾体後部で発火するトレーサと呼ばれる火炎を兵器管制員が目視で確認し、ジョイスティックを操作して無線により操舵して目標まで誘導し続けなくてはならなかった。

そのため、射程と命中率は操縦者の視力と技量に依存し、発射から弾着までは誘導し続けなければならず、誘導が困難になるような激しい機動も制限された。また、発電所など大型の目標に対しては有効であったが、小型目標を狙うには不向きであり、誘導の難しさから不評だった。

ウォールアイ[編集]

ベトナム戦争が始まって2年後の1962年には、問題を抱えていたAGM-12 ブルパップの後継としてAGM-62 ウォールアイアメリカ海軍によって開発開始された。続いてその3年後である1965年にはアメリカ空軍もヒューズと共にブルパップの後継ミサイルAGM-65 マーベリックの開発に乗り出した。先に実用段階まで至ったウォールアイは、1966年にブルパップと同じくマーチンエリエッタ社と契約が結ばれAGM-62A ウォールアイ Iの生産が開始される。

ウォールアイはブルパップとは比較にならない程大きな進化を遂げている。その大きな特徴としては、誘導装置ビデオカメラを利用した点である。これはミサイルの先端部にビデオカメラを収め、その映像は母機のモニターに表示され、パイロットは映り込んだ目標をロックオンして発射すれば、後はミサイルがロックした目標へ自動で向かってくれる。それにより命中率と射程は大幅に上昇し、母機は発射直後に回避行動をとることが出来るので、SAM対空砲、敵戦闘機の脅威に長時間晒されることなく離脱することが可能となった。しかし、ウォールアイは分類上ミサイルであるが推進装置を持っておらず、射程は母機の高度に依存するので遠距離の目標を狙おうとすると機体の高度を上げなくてはならない。そのため、天候の悪い日はが邪魔してシーカーに目標が映らずロックできないと言うトラブルもあり、基本的にウォールアイが使用されるのは天気が良好でが出ている間だけである。

ウォールアイはそれら以外の問題も多々抱えており、登場以来数々の細かいアップデートが行われ、その種類は数十種にもおよぶ。その中でも長射程データリンク型のウォールアイI ER/DLや、搭載弾頭を2,000lbに増量したウォールアイ IIはベトナム戦争で活躍した。それでもブルパップを全てウォールアイに置き換えることは出来なかった。ウォールアイは高い命中率や撃ち放し能力を持っていたが、推進装置を搭載していないことから、母機から遠距離の目標を攻撃するのに向かないなどの欠点があった。

AGM-12E[編集]

その後、ブルパップの派生型でクラスター爆弾弾頭としたAGM-12Eが開発された。これは、上空で弾体が炸裂し、内部の子爆弾を広範囲に撒き散らすことから、誘導に精確性が求められず、単純な無線誘導方式なので1基あたりの価格も低廉で、搭載母機に改修などが不要という汎用性もあった。ブルパップはウォールアイの登場により使用機会は減ったが、その後も使われ続けた。

マーベリック登場[編集]

1972年になるとマーベリックの初期型であるAGM-65Aが空軍に納入される。マーベリックの特徴は、弾体中央上部から後部にかけて伸びるデルタ翼や、後部に僅かにある操縦翼などAIM-47 ファルコンAIM-54 フェニックスなどと同様の外形を採用していて小型なために、1つのキャリッジに最大3発のマーベリックを装着することができる。A-10では14発のマーベリックが搭載可能である。

誘導方式はウォールアイと同じくTV誘導方式で、短射程ながら運動性も良く、ベトナムで数発が試験使用されて予想以上の命中率を示した。好成績を収めたAGM-65Aは、1973年に勃発した第四次中東戦争イスラエル国防軍に供与され、80%の命中率を記録した。良好な命中率と信頼性を示したマーベリックは、ウォールアイでは果たせなかったブルパップの完全置き換えを達成し、その優れた性能から後にアメリカ海兵隊にも採用された。その後シーカーの倍率を上げたタイプや、レーザー誘導やIRシーカー搭載の全天候型、威力向上型、対艦型、CCDシーカー搭載型などの派生型が作られ、湾岸戦争イラク戦争などで使用された。また、ユーゴスラビアに供与されたマーベリックはクロアチア独立戦争ボスニア・ヘルツェゴビナ内戦においてユーゴスラビア連邦空軍(および後身のセルビア空軍)が使用していた。

基本型と派生型[編集]

基本となったAGM-65Aから、6つ以上の派生型が作られた。

型式名 誘導方式 発射重量 弾頭 信管 最大射程 主な用途
AGM-65A TV画像 210kg 57kg成形炸薬 着発 3km 米空軍向け
AGM-65B
AGM-65D 画像赤外線 20km
AGM-65E セミアクティブ・レーザー 293kg 136kg榴弾 遅延 米海兵隊向け
AGM-65F 画像赤外線 307kg 136kg成形炸薬 着発 25km 米海軍向け
AGM-65G
AGM-65H TV画像 210kg 57kg成形炸薬 20km 米空軍向け
  • A型は続くシリーズの基本となったものである
  • B型はA型のTVシーカーに目標画像拡大機能が加えられたものである
  • D型は赤外線式TV画像を使ったシーカーを備えた形式であり、1983年に実用化された
  • E型はロケットモーターが排煙の目立たない改良型によって射程も延伸された形式であり、1985年に実用化された
  • F型はD型を艦船目標向けに調整したもので、1989年に実用化された
  • G型はD型の赤外線式TV画像シーカーのソフトウェアを改良したもの。誘導システムの精度を高めて小型車両も目標にできるG2型も作られた。1990年に実用化された
  • H型は1991年より開発が始まり、当初はミリメートル波のアクティブ・シーカー型として開発されていたが、1993年に一度開発が中止となり、その後再開された時には新たにCCD型TVシーカーが採用された。CCD型TVシーカーは2段階で視野が切り替えられる
  • J型はF型のCCD向上型である
  • K型はG型のCCD向上型である

AGM-65の弾頭は、57kg(125ポンド)と136kg(300ポンド)の2種類である。軽量の方はミサイルの先端に着発信管を備えた成形炸薬弾頭であり、重量のある方は遅延信管を備えてやや弾殻が厚く、運動エネルギーで目標表面を貫通してから内部で爆発する爆風破片効果を持つ弾頭である。後者の方が大型の硬目標に対する破壊力は大きい。いずれの弾頭も後部の固体燃料ロケットで推進される[出典 1]

運用[編集]

湾岸戦争1991年「砂漠の嵐」作戦で、F-16A-10が運用し、イラク軍に対して大きな戦果を挙げた。

AGM-65用のLAU-117発射機(単・連ランチャー)は、海軍および空軍航空機に多数搭載されている。また、初期に運用されていたLAU-88発射機(三連装ランチャー)は、信頼性の問題から湾岸戦争のころにはほとんど使用されないようになった[1]

攻撃機
戦闘機戦闘爆撃機
哨戒機
ヘリコプター


海外での運用[編集]

以下の34ヶ国で運用されている。


脚注・出典[編集]

  1. ^ 航空ファン』NO632 文林堂 2005年 63-64頁
  1. ^ 青木謙知 『アメリカの対艦/対地攻撃兵器』 「空自F-2/F-1戦闘機と世界の戦闘攻撃機」軍事研究2009年8月号別冊、ジャパン・ミリタリー・レビュー、2009年8月1日発行、ISSN 0533-6716

関連項目[編集]

外部リンク[編集]