南アフリカ国防軍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
南アフリカ国防軍
South African National Defence Force
South African Defence Force Memorial002.jpg
南アフリカ国防軍記念像
創設 1994年
派生組織
本部 ハウテン州ツワネ市都市圏(プレトリア
指揮官
司令官
総人員
徴兵制度
財政
予算 37億 USドル(2007)
軍費/GDP 1.3 %(2007)
テンプレートを表示

南アフリカ国防軍(みなみアフリカこくぼうぐん、英語: South African National Defence Force、略称:SANDF)は、南アフリカ共和国軍隊である。


概要[編集]

3軍と統合医療部隊で構成されている。

歴史[編集]

1994年のアパルトヘイト政策廃止に伴い、白人中心の旧南アフリカ国防軍South African Defence Force (SADF))を再編成する形で設立された。

南アフリカ陸軍[編集]

当初は英軍の予備部隊として誕生し、アパルトヘイト時代はアンゴラナミビア赤道ギニアの紛争に関与した。また、アパルトヘイト時代はアンゴラなどの黒人移民達と南アフリカ人やローデシア移民達によって構成された第32大隊という対ゲリラの軽歩兵大隊や諜報機関の市民協力局(Civil Cooperation Bureau)が存在していたが、アパルトヘイト終焉後に軍縮や、アパルトヘイト政権が国境紛争を起こしていたナミビアとの交渉を原因として、ネルソン・マンデラが政権を握った政府によって縮小・解体された。

同じアフリカの白人国家でありながらも軽歩兵が中心で、工業力の弱さから装甲車などが十分とは言えなかったローデシア軍と異なり、当初からセンチュリオン戦車の改修モデルであるオリファント戦車やBL 5.5インチ砲などイギリス軍装備の他に、ルーイカット装甲車ラーテル歩兵戦闘車ブッフェル装甲兵員輸送車など国産の機械化装備が揃っていた。

歩兵の個人装備としてはFN FALライセンスコピーのR1~R3シリーズの後継として採用されたIMI ガリルのライセンスコピーであるベクターR4~R6シリーズが中心となっているが、オートショットガンであるRDI ストライカー12や、リボルビンググレネードランチャーであるダネルMGL、機関砲弾である20mm弾を使用する対物狙撃銃ダネル NTW-20といったユニークな装備も見られる。機関銃は当初FN MAGが使われていたが、1977年以降は国産のSS-77機関銃へと切り替わっていった。

南アフリカ海軍[編集]

One of the new South African corvettes.jpg

主な任務は、3000kmにも及ぶ広大な沿岸と海産資源が豊富な経済水域の警備が主な任務である。これらの任務に加えて、外洋海軍としての方向性を打ち出すことを目的とした「海軍増強近代化11カ年計画」を発表し、海軍の改革に努めている。

計画の第1段として、ドイツからMEKO200(MEKO A-200 SAN)を購入し、2006年から2007年ヴァラー級として4隻就役した。1番艦であるアマトラは、ドイツ・キールB+V社で建造され、南アフリカに運ばれた。到着後は、乗員の習熟訓練を行い、2006年2月に就役した。潜水艦も老朽化したダフネ級2隻に変わり、ドイツからU209型潜水艦を購入した。

現在及び過去に保有していた艦船については南アフリカ海軍艦艇一覧を参照のこと。


南アフリカ空軍[編集]

チーター

南アフリカ空軍は、第二次世界大戦中はイギリス空軍の一部として創設され、現在にいたっている。

他国では陸軍で編成されることの多い攻撃ヘリを空軍で運用していることで有名である。攻撃ヘリには国産のAH-2 ローイファルクを運用している。主力戦闘機は、チーターを採用していたが、チーターの後継機として、2008年3月からスウェーデンよりサーブ・グリペンを購入。マカド基地のNo2Sqn(第2飛行隊)に配備されている。製造は2014年まで続ける予定のようで、二個目の飛行隊も編制する。その他の航空機は、MB-326Kインパラ1攻撃機及びMB-326Mインパラ2練習機の後継となるホーク Mk.120を運用している。

南アフリカ総合医療部隊[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]