ブローム・ウント・フォス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブローム・ウント・フォスの造船所。トロッケンドック・エルベ17(Trockendock Elbe 17)はヨーロッパでも最大の乾ドックである
ブローム・ウント・フォス造船所(1877年)

ブローム・ウント・フォス (Blohm + Voss) はドイツ造船・造機会社である。1877年4月5日ヘルマン・ブロームエルンスト・フォスによって合名会社として設立された。造船所自由ハンザ都市ハンブルク近郊のクーヴェルダー (Kuhwerder) 島に建設され、250mの岸壁を持つ1万5,000平方メートルの敷地と、3つの船台を有していた。会社のロゴは、角を丸めたダークブルーの四角形に白文字で「Blohm + Voss」と書いた簡素なものである。

概要[編集]

1939年、戦艦ビスマルクの進水式
戦後、占領軍により爆破解体されたブローム・ウント・フォス(1948年)

同社は125年の間、船やその他の重機を造り続けた。連合国軍の空襲により第二次世界大戦の終わりにはほとんど完全に破壊されたが、その後再建され、現在もなお、ドイツ海軍向けや輸出向け(「MEKO型フリゲート」参照)に軍艦を、また多くの民間顧客のために石油採掘装置や船を建造している。

1930年頃から1945年まで、ブローム・ウント・フォスは航空会社ルフトハンザドイツ空軍のための航空機の設計・製造も行った。同社が生産した航空機としては、巨大飛行艇や、左右非対称の構造を持った飛行機が名高い。航空部門は当初「ハンブルガー航空機製造 (Hamburger Flugzeugbau)」と称していたため、その飛行機は「Ha」という符号が付けられていたが、まもなく新たに与えられた「BV」の符号が付けられるようになった。

1944年7月から1945年4月まで、ブローム・ウント・フォスは、ハンブルク=シュタインヴェーバーの自社の造船所に強制収容所の囚人を収容していた。「ブローム・ウント・フォス収容所」はノイエンガンメ強制収容所の下部組織であった[1]ハンブルク空襲によってブローム・ウント・フォスの施設は破壊され、連合国占領下では産業解体の一環としてさらなる解体処分が行われた。

1955年まで、会社名の表記は「Blohm & Voss」であった。

社名はドイツ語の文書では(場合によっては英語文書でも)「Blohm + Voß」と綴られる[2]。今日ではブローム・ウント・フォスは(キールのホヴァルツヴェルケ (Howaldtswerke) やエムデンのノルトゼーヴェルケ (Nordseewerke) とともにティッセンクルップ・マリン・システムズ (ThyssenKrupp Marine Systems) の子会社となっている。

建造した船舶[編集]

ゴルヒ・フォック(キール、2001年)

ブローム・ウント・フォスによって建造された船の一覧。

大型帆船[編集]

客船[編集]

自家用ヨット[編集]

レディ・モーラ
  • MV サヴァロナ - トルコのチャーター・ヨット。全長124mの世界最大のヨットの一つ。
  • エニグマ - 現代のスーパーヨット。
  • レディ・モーラ - 10番目に大きな自家用ヨット。

軍艦[編集]

第一次世界大戦[編集]

第二次世界大戦[編集]

現代[編集]

航空機[編集]

1933年から1945年まで、ブローム・ウント・フォスはハンブルガー航空機製造社を運営し、航空機を製造した。最初は製造者コードとして工場名から「Ha」が割り振られたが、ブローム・ウント・フォス造船所との関連が強すぎたため、初期の航空機は「ブローム・ウント・フォス Ha・・・」と呼ばれることになってしまった。この混乱を収拾するため、1938年ドイツ航空省 (Reichsluftfartministerium) は強制的に製造者コードをBVに変更させた。

HaまたはBVの呼称で設計された航空機は以下のとおり。

BV 141
  • BV 40 - 滑空迎撃機
  • Ha 137 - 急降下爆撃機(試作)
  • BV 138 - 哨戒飛行艇(初期のものはHa 138と称した。)
  • Ha 139 - 長距離水上機
  • Ha 140 - 雷爆撃飛行艇(試作)
  • BV 141 - 偵察機(左右非対称な形態)
  • BV 142 - 偵察機・輸送機
  • BV 143 - 滑空爆弾(試作)
  • BV 144 - 輸送機
  • BV 155 - 高高度迎撃機(初めはMe 155と称した。)
  • BV 222 ヴィーキング - 輸送飛行艇
  • BV 238 - 飛行艇(試作)
  • BV 246 ハーゲルコルン(雹) - 長距離レーダーホーミング滑空爆弾

戦後、ハンブルガー航空機製造 (Hamburger Flugzeugbau) という別資本の会社が現れ、現代まで航空機の製造を行ったが、この会社はブローム・ウント・フォス造船所とは無関係である。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ブローム・ウント・フォス収容所はドイツの公式なリストにもNo.550として載せられている。
  2. ^ この文字「ß」(エスツェット)の使用とその書き換えについては「ß」を参照のこと。

参考文献[編集]

  • Meyhoff, Andreas. Blohm & Voss im »Dritten Reich«, Eine Hamburger Großwerft zwischen Geschäft und Politik (Hamburger Beiträge zur Sozial- und Zeitgeschichte, Band 38) (in German). Hamburg, Germany: Forschungsstelle für Zeitgeschichte in Hamburg, 2001. ISBN 3-89244-916-3.
  • Pohlmann, Herrmann. 'Chronik Eines Flugzeugwerkes 1932-1945. B&V - Blohm & Voss Hamburg - HFB Hamburger Flugzeugbau (in German). Motor Buch Verlag, 1979 ISBN 3-87943-624-X.
  • Prager, Hans Georg and Bishop, Frederick A.(Transl.). Blohm + Voss: Ships and Machinery for the World. London: Brassey's Publishers Limited, 1977. ISBN 0-90460-914-6.
  • Witthöft, Hans J. Tradition und Fortschritt - 125 Jahre Blohm + Voss (in German). Koehlers Verlag, 2002. ISBN 3-78220-847-1.

外部リンク[編集]