急降下爆撃機

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

急降下爆撃機(きゅうこうかばくげきき)とは、主に戦間期第二次世界大戦期に用いられた急降下爆撃を行える爆撃機攻撃機のこと。

概要[編集]

急降下を行う際の負荷が大きいため爆撃機としては小型の機体が多く、高い機動性が求められるために戦闘機なみに頑丈な構造となっている。急降下時に引き起こし不能な速度に達しないように減速させる、空力ブレーキ(ダイブブレーキ)を備えているものが多い。

なお、急降下爆撃機はあくまで水平爆撃・緩降下爆撃・機銃掃射とともに急降下爆撃をひとつの戦術として使用する軍用機の総称であるため、急降下爆撃専用の機体ではない。

地上戦闘における急降下爆撃機[編集]

特に第二次大戦期のドイツ空軍で盛んに使用され、電撃戦では威力を発揮した。地上軍(陸軍)に直接協同し、戦車装甲擲弾兵から構成される機甲部隊の突破口を作る重要な役目を果たした。

制空権を確保している場合、急降下爆撃による地上部隊への支援は非常に有効であった。しかしそうでない場合には、速度が遅いため爆撃前に敵戦闘機に撃墜されやすく、威力を発揮することは難しかった。西部戦線ではバトル・オブ・ブリテンで大損害を出して以降、東部戦線でもドイツ軍が制空権を失い始めるとその運用数は減少した。一方、他国では地上部隊への支援に襲撃機日本陸軍ソ連空軍)や、戦闘爆撃機アメリカ陸軍イギリス空軍、日本陸軍)を用いている。

なお、ドイツ空軍は急降下爆撃に過大な信頼を抱いており、エンジンが4発の大型爆撃機にも急降下爆撃の性能を求めたために設計・製造上多くの問題が発生した。

海上戦闘における急降下爆撃機[編集]

第二次世界大戦においては、急降下爆撃機による艦船への爆撃が、枢軸国連合国双方で数多く行われた。雷撃機に比べ、運動性の高い急降下爆撃機は、奇襲効果・命中率の面から有利であり、艦上構造物の破壊も効果的に行えた。

また、対魚雷防御技術(戦闘艦艇は水面下に何重もの装甲や破壊を見越したバルジ)の発展や艦船の対空火力の向上により雷撃機による攻撃の効果が減少したことも相対的に急降下爆撃機の評価を高めた(ただし、爆弾よりも魚雷のほうが艦船により大きな打撃を与えること、大型艦の撃沈のためには雷撃による水面下への打撃が必須であることから、攻撃に際しては双方の連携が必須であった)。

急降下爆撃機による一回の海戦での最大の戦果は、ミッドウェー海戦におけるものである。アメリカ海軍SBD ドーントレスは、日本海軍空母を攻撃し2隻を撃沈、もう2隻を大破炎上させ自沈に追い込んだ。

急降下爆撃機の終焉[編集]

高い命中率を誇り、大戦前半に大活躍した急降下爆撃機だが、損害もまた大きかった。急降下爆撃は標的上空に長く留まるをざるを得ないため、それゆえに対空砲火に狙われやすかった。このためあえてダイブブレーキを使わず、緩降下での爆撃を行う場合もあった。新型の急降下爆撃機がいくら高速になっても、降下中はやはり速度を落とさなくてはならないため、結局は同じことであった。大戦後半には近接信管による対空火器の性能向上も脅威となり、援護の無い状態では敵戦闘機の餌食になりやすかった。戦後、ジェット機の時代に入ると急降下爆撃機というジャンルは事実上消滅している。

ただし現役の航空機でもF/A-18のように急降下爆撃のできるものも存在する。

第二次世界大戦前~大戦中の急降下爆撃機[編集]

アメリカ[編集]

ドイツ[編集]

ドイツでは、戦前にアメリカにおける急降下爆撃のデモンストレーションを見学し、大きな影響を受けたエルンスト・ウーデット航空機総監の極端な急降下爆撃偏重主義により、これらの他に本来水平爆撃で事足りるはずの機種であるDo 217シリーズやJu 88シリーズ、挙句の果てに大型爆撃機のHe 177にまで急降下爆撃能力を要求している。これは爆撃機開発の大きな妨げになった。これらの中型・大型爆撃機に急降下爆撃能力を付与するという試みはことごとく失敗しており、Do217の場合生産途中でエアブレーキを撤去している他、He177は結局急降下爆撃できなかった。また、Ju88は急降下爆撃が可能だったと言われているが、実際には緩やかな降下角度でもって行う“緩降下爆撃”であった。
なお一般にJu 87の愛称として知られる「Stuka」(ドイツ語読み「シュトゥーカ」、日本語読み「スツーカ」)は本来急降下爆撃機全般を指す単語である。Stukaは略語で、略さない場合はSturzkampfflugzeug(シュトゥルツ・カンプフ・フルークツォイク)という。

イギリス[編集]

日本[編集]

(陸軍)

(海軍)

ソ連[編集]

ルーマニア[編集]

関連項目[編集]