九九式襲撃機

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

キ51 九九式襲撃機/九九式軍偵察機

部隊マークとして日章を描いた飛行第44戦隊所属の九九式軍偵察機(キ51)

部隊マークとして日章を描いた飛行第44戦隊所属の九九式軍偵察機(キ51)

九九式襲撃機(きゅうきゅうしきしゅうげきき)は、第二次世界大戦時の大日本帝国陸軍の襲撃機(攻撃機)。キ番号(試作名称)はキ51。略称・呼称は九九襲襲撃機など。連合軍コードネームSonia(ソニア)。開発・製造は三菱重工業

また、本機の派生型として九九式軍偵察機(きゅうきゅうしきぐんていさつき。九九式軍偵九九軍偵軍偵)が存在し(キ番号は同じくキ51)、本項ではその両機について詳述する。

襲撃機[編集]

襲撃機とは、1938年(昭和13年)1月に参謀総長より陸軍大臣に提出された「次期飛行機ノ性能等ニ関スル作戦上ノ要望」の中ではじめて明文化された日本陸軍軍用機の機種である[1][2]1935年前後からソビエト連邦軍航空部隊でシュトゥルモヴィーク(直訳すると襲撃者である)による、高度100メートル程度の超低空飛行で森などの陰に隠れて接近し敵を急襲する戦法を、日本陸軍でも機体のコンセプトを含めて採用したものである[1]。その用途は「主として敵飛行場に在る飛行機並びに地上軍隊の襲撃」とされ、「超低空並びに降下爆撃に適し努めて行動を軽快ならしむ」ために要求すべき性能が定められている。他方、軽爆撃機は「水平爆撃を主とし降下爆撃をも実施し」と用法に差別化が図られていた。

襲撃機はいわゆる近接航空支援に比重が置かれた「地上攻撃機」に相当するものであり、軽快な低空運動性のかわりに常用高度は低く、爆弾の搭載量は抑えられるものの固定機関銃または機関砲を装備し、要部の装甲など防弾装備が軽爆撃機との違いであった。

概要[編集]

終戦後、金浦飛行場に集積された九九式襲撃機または軍偵察機

1937年(昭和12年)、陸軍は三菱重工業に対し軍偵察機としてキ51の開発を内示し、1938年(昭和13年)1月末に試作を命じた[3]。ところが7月、試作研究の途中で「陸軍航空本部兵器研究方針」の改正があり、軍偵察機と襲撃機を同一機種とすることが明示されたため、キ51は襲撃機を主用途とした[4]。大木喬之助技師を設計主務者とする開発陣は指示書に従い、エンジンに三菱製ハ26-IIを採用した単発複座単葉低翼固定脚の機体を設計した。

固定武装は両翼内に7.7mm機関銃八九式固定機関銃)を2挺、後部座席に旋回式7.7mm機関銃(テ4)を1挺装備した。ただし翼内7.7mm機銃は実戦投入後に空戦及び地上銃撃時の威力不足が指摘されたため、1943年(昭和18年)11月より12.7mm機関砲ホ103 一式十二・七粍固定機関砲)に換装された。爆弾は当初200kg(12kg×12または50kg×4)まで搭載可能であった。また、低空飛行で地上を攻撃する任務の性格上、敵地上部隊からの反撃を受ける可能性が高いことや、陸軍の防弾装備への深い理解から防弾についても考慮されており、11号機(増加試作機)からはエンジン下面、操縦席下面、背面、胴体下面、中央翼下面を6mm厚の防弾鋼板で保護し、また燃料タンクはゴム張りの自動防漏タンク(セルフシーリング式タンク)とされていた。

試作機におけるテスト結果は飛行性能および操縦性も良好であったが、機体の振動や着陸時の失速特性の悪さといった問題も指摘され、量産型では主翼前縁にスラットを設けることでその解決を図り、1940年(昭和15年)5月に九九式襲撃機として制式制定された[5]。 当時、陸軍は 皇紀2600年制式の兵器の命名方針を定め切れていなかったため、前年度年式と同じ「九九式」とされた。

また本機は生産過程で一部仕様(艤装)を変更するだけで軍偵察機にする事もでき、この型は九九式軍偵察機として制式制定された。この派生型では後部座席の副操縦装置や防弾鋼板を取り外し、胴体下・横に開けられた小窓から外部を空中撮影するための写真機が設置された。この仕様変更に対応するため、胴体内に爆弾を収納するスペースは無くなり、爆弾は両翼下に搭載された。また視界を広げるために機体に比して風防・天蓋が大きく設計されている。ただし艤装以外は元の九九式襲撃機とほとんど同じものである。

生産数は三菱製が1,472機であり、1944年(昭和19年)以降は立川陸軍航空工廠でも1,000機近くが生産され、軍偵型も含めた総数は2,385機。

1941年(昭和16年)、性能向上のために九九式襲撃機のエンジンをハ112に換装し、固定脚を引込脚に変更したキ71が満州飛行機によって試作された[6]が、期待した程の性能向上が見られなかったため実用化には至らずに終わった。

実戦・評価[編集]

1945年1月6日、ルソン島の戦いにおいて軽巡洋艦コロンビア」に命中直前の九九式襲撃機もしくは軍偵察機の特攻機
1945年1月8日、ルソン島の戦いにおいて重巡洋艦ルイビル」 に命中した九九式襲撃機ないし軍偵察機の特攻機。特攻部隊は「石腸隊」あるいは「進襲隊」

九九式襲撃機・九九式軍偵察機は、支那事変後期から太平洋戦争大東亜戦争)全期に渡って使用され、飛行分科「襲撃」「軍偵」[対潜」の飛行戦隊独立飛行中隊に配備、中国大陸から南方戦線(マレー半島ビルマフィリピンインドネシアなど)各地の広範囲で活躍した。低空運動性の高さ(敵戦闘機撃墜の報告もある[7])、固定脚である故の不整地からの離着陸性能の良さ、また搭載されている翼銃・翼砲は機首配置の場合のプロペラ同調式ではないため整備性が良く、戦地での酷使にも耐える実用性の高い機体であった。また、素直な操縦性から教導訓練用の高等練習機として重宝され、連絡機や人員輸送機としても盛んに使用されている。

九九式軍偵察機は大戦後半には対潜哨戒機としても活躍しており、中でも1945年(昭和20年)8月6日にはバリ島沖・ロンボク海峡にて、アメリカ海軍の潜水艦「ブルヘッド (USS Bullhead, SS-332) 」を60kg爆弾にて確実撃沈している。なお、「ブルヘッド」は第二次大戦において敵の攻撃により喪失した最後の連合軍艦艇である。

しかし大戦後半になると旧式化は否めず、敵戦闘機に比べ相対的に低速になったために撃墜される事が多くなり損害が増大している。また他の日本機と同様に爆弾の搭載量が少なく、航続距離も不足しがちであった。それでもその信頼性の高さから終戦まで陸軍地上攻撃機の主力機として第一線で活躍し続け、大戦末期には胴体下に250kg爆弾が搭載できるように改造され、対艦攻撃機もしくは特攻機として用いられることも多かった。

本機は有名なアメリカの飛行家である、チャールズ・リンドバーグの駆るP-38戦闘機とも戦っている。リンドバーグの僚機2機を相手に、高い運動性をもって翻弄していた1機が、リンドバーグ機との反航戦での撃ち合いに破れ撃墜されている。

戦後、海外に残存した一部の機体が現地の軍隊で運用された。特に、国共内戦の際の中国人民解放軍インドネシア独立戦争の際のインドネシア人民軍で運用されたことが知られている。その内、現存機としては修復された実機がインドネシア空軍中央博物館に一式戦闘機「隼」と共に保存・展示されている。

主要諸元[編集]

  • 構造:単発、低翼単葉、全金属製応力外皮構造、固定脚
  • 乗員:2名
  • 全長:9.21 m
  • 全幅:12.10 m
  • 主翼面積:24.20 m2
  • 自重:1,873 kg
  • 全備重量:2,798 kg
  • エンジン:三菱 ハ26-II(瑞星) (空冷星型複列14シリンダー、離昇出力940hp
  • プロペラ:住友ハミルトン 油圧式可変ピッチ3翅
  • 最高速度:424 km/h (高度3,000m)
  • 実用上昇限度:8,270 m
  • 上昇率:5000mまで8'47"
  • 航続距離:1,060 km (燃料608Lの場合)
  • 武装:翼内7.7mm機関銃(八九式固定機関銃)×2(前期型)、翼内12.7mm機関砲(ホ103)×2(後期型)、後方7.7mm旋回機関銃(テ4)×1
  • 爆装:最大200kg(250kg爆弾は特攻仕様)
  • 離陸滑走距離:165 m
  • 着陸滑走距離:276 m

関連項目[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 『陸軍航空兵器の開発・生産・補給』177頁
  2. ^ 昭和13年「密大日記」第3冊(防衛省防衛研究所)』 アジア歴史資料センター Ref.C01004421000 
  3. ^ 『陸軍航空兵器の開発・生産・補給』246頁
  4. ^ 『陸軍航空兵器の開発・生産・補給』178-181,246頁
  5. ^ 昭和14年12月採用内定。昭和15年5月の軍需審議会で制式手続き。
  6. ^ 野原茂『日本軍用機辞典 陸軍篇』 イカロス出版、2005年、120頁、ISBN 978-4871497329
  7. ^ 大内建二『陰で支えた軍用機』 光人社、2004年、(戦争初期フィリピン上空で米陸軍のP-40との交戦で相手機を撃墜。

参考文献[編集]

  • 野沢正編 『日本航空機総集 (第1巻) 三菱篇』 出版協同社、1981年(改訂新版)、84-87頁。
  • 防衛庁防衛研修所戦史室『陸軍航空兵器の開発・生産・補給』朝雲新聞社戦史叢書〉、1975年。

外部リンク[編集]