MF.11 (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
モーリス・ファルマン MF.11

モーリス・ファルマン MF.11第一次世界大戦期のフランス偵察爆撃機である。設計者はモーリス・ファルマンMaurice Farman)。初飛行は1913年末。

概要[編集]

本機はモーリス・ファルマン MF.7の改修型で、主な変更点はエンジンをより強力な物に換装し、ライト式カナードを廃して水平尾翼を単葉とし、その分転覆防止用の橇を前へ延長している。

英国ではショートホーンと呼ばれているが、それは突き出た二本の橇から来ている。

運用[編集]

大戦初期の西部戦線における航空作戦に充当され、1914年12月21日英国海軍航空隊のMF.11がベルギーオーステンデにあるドイツ軍陣地を攻撃したのが最初の爆撃となった。

1915年には西部戦線からは撤退したが、仏軍ではマケドニア中近東、英軍ではダーダネルスメソポタミアで運用が続けられた。

輸出機[編集]

イタリアフィアットでは1915年初頭から発動機をフィアット A.10に換装した物をライセンス生産している。

1916年オーストラリア練習機として購入。

日本では1914年大正3年)に輸入し陸軍モ式四型偵察機として制式採用。陸軍所沢飛行場で量産している(ただしこれはライセンスの認識不足による違法生産であった)。後に発動機をメルセデス100馬力に換装した物をモ式六型偵察機として134機生産している。一方海軍も尾部浮舟付の双浮舟型をモーリス・ファルマン式大型水上機(モ式ロ号水上機)として制式採用、横須賀海軍工廠で量産している。

性能諸元[編集]

  • 乗員 2名
  • 全長 9.45m
  • 全幅 16.15m
  • 全高 3.18m
  • 自重 550kg
  • 全備重量 928kg
  • 発動機 ルノー 8B V型8気筒70馬力
  • 最大速度 100km/h
  • 実用上昇限度 3,800m
  • 航続距離 3時間45分
  • 武装  7.5mm機銃×1(前方旋回)
    • 爆弾 7.3kg×18

保存機[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]