九一式戦闘機

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

九一式戦闘機

Nakajima 91sen.jpg

  • 用途戦闘機
  • 設計者:アンドレ・マリー、小山悌
  • 製造者:中島飛行機
  • 運用者:日本陸軍
  • 生産数:444機

九一式戦闘機きゅういちしきせんとうき)は、第二次世界大戦前の日本陸軍最初の単葉戦闘機であり、陸軍初の日本オリジナルの設計による戦闘機である。複葉の甲式四型に代わって制式機となった。中島飛行機フランスから招聘したアンドレ・マリー技師を中心に設計され、中島飛行機によって製造された。1932年より1935年頃の日本陸軍の主力戦闘機であった。

概要[編集]

1927年(昭和2年)に日本陸軍は、次期主力戦闘機の開発を、中島、川崎、三菱、石川島の4社[1]に命じた。各社は外国から専門家を招聘して設計を進めたが、中島ではフランスのニューポール社からアンドレ・マリー技師を、ブレゲー社からロバン技師[1]を招聘し、両技師を設計主務者として開発を進め、1928年(昭和3年)に試作機「NC」を2機を完成させた。1929年(昭和4年)、4社の試作機が完成して比較審査が行なわれたが、各社の試作機は次々と不調を起こし、NCも垂直降下試験中に空中分解を起こした。結局4社とも不合格になったが、次期戦闘機の配備が急務だった陸軍では中島に対し試作機の強度増加と安定性の改良を指示。中島でも改良を重ねた結果、1931年(昭和6年)12月に九一式戦闘機として制式採用された。

構造[編集]

胴体は、初の流線型全金属機体を採用しており、主翼配置はパラソル翼で桁にはフランス製のニッケル・クロム・モリブデン鋼を使用、開放式風防となっている。制式採用後も主翼や支柱の強化やエンジンの換装等の改良が継続して行われたが、水平状態できりもみに陥りやすい癖があり[1]、これは最後まで解決しなかった。

運用[編集]

採用時期が満州事変の最中であり、少数機が満州事変第一次上海事変に参戦したが、参戦してすぐに停戦となったため敵機との交戦記録はない。また、愛国号として多数寄贈された。生産は1934年(昭和9年)まで中島と石川島航空機で行われ、生産機数は342機[1](試作機7機を除く)であった。

現存機[編集]

所沢航空発祥記念館にて展示されている唯一の現存機(航空遺産1号機)

唯一1機が所沢航空発祥記念館に解体状態で保存されており、2008年4月には日本航空協会が同機体を重要航空遺産の第1号に認定した。

また奈良県大和郡山市の矢田坐久志玉比古神社の山門には「航空祖神」の板碑と共に九一式戦闘機のプロペラが掲げられている。

スペック[編集]

出典:[1]

  • 乗員: パイロット 1 名
  • 全長: 7.27m
  • 全幅: 11.00 m
  • 主翼面積: 20.0m2
  • 自重: 1075 kg
  • 全備重量: 1530 kg
  • 動力: 中島ジュピター7型星型9気筒 空冷レシプロエンジン
  • 出力: 520HP
  • 最大速度: 320 km/h
  • 巡航速度: 300 km/h
  • 航続距離: 700 km(2 時間)
  • 実用上昇限度: 9000 m
  • 上昇率: 5000/9'00"
  • 武装: 機関銃 7.7mm機銃×2

参考文献[編集]

  1. ^ a b c d e 木村秀政・田中祥一『日本の名機100選』文春文庫ISBN 4-16-810203-3 1997年

関連項目[編集]