MF.7 (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
モーリス・ファルマン MF.7

モーリス・ファルマン MF.7第一次世界大戦期のフランス偵察爆撃機である。設計者はモーリス・ファルマンMaurice Farman)。初飛行は1912年

概要[編集]

本機は推進式単発複葉先尾翼付である。前方に大きく突き出した先尾翼支持用のブームから英国では「ロングホーン」、日本では「丁髷」というあだ名がつけられた。第一次世界大戦開戦時には英国、フランスが装備していたが、低性能であった為MF.11と交代して早期に前線から退き練習機として用いられた。しかし安定性の高い機体なので、多数の国に採用されている。

日本での運用[編集]

陸軍1913年大正2年)に購入。海軍も浮舟型を購入しモーリス・ファルマン式小型水上機(モ式イ号水上機)として制式採用した。1914年(大正3年)には青島攻略戦に陸軍機が参加しドイツエトリッヒ タウベと遭遇したが、あまりの性能差のため空戦にすらならなかったという。

陸軍機はモ式四型と交代し退役。海軍機はモ式大型水上機購入後も練習機として使用され、横廠式イ号甲型水上練習機と替わり退役した。

性能諸元[編集]

  • 乗員 2名
  • 全長 12.00m
  • 全幅 15.50m
  • 全高 3.45m
  • 自重 580kg
  • 全備重量 855kg
  • 発動機 ルノー 8B V型8気筒70馬力
  • 最大速度 95km/h
  • 実用上昇限度 4,000m
  • 航続距離 3時間15分

保存機[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]