九六式陸上攻撃機

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

三菱 G3M 九六式陸上攻撃機

九六式陸上攻撃機(G3M-37)

九六式陸上攻撃機(G3M-37)

九六式陸上攻撃機(きゅうろくしきりくじょうこうげきき)は大日本帝国海軍陸上攻撃機

九六式艦上戦闘機と並んで日本の航空技術が欧米と同等のレベルまで進んだことを示した最初の機体である。当時としては高い航続性能を有し、支那事変から太平洋戦争の初期まで第一線で活躍した。なお海軍の命名法によって急降下爆撃ができない本機は爆撃機ではなく攻撃機とされた。後継機の一式陸上攻撃機とともに通称「中攻」と呼ばれた。連合国軍のコードネームは「Nell」。

設計の経緯[編集]

ワシントン海軍軍縮条約は加盟国の主力艦(戦艦巡洋戦艦)の保有量に制限を設けたが、結果として廃艦となる新造主力艦を改造した大型空母の出現を招いた。このことは航空母艦艦載機を取り込んだドクトリンの複雑化を招き、空母増勢という新しい方面の軍備拡張競争を招きかねないことから、ロンドン条約では航空母艦の保有量にも制限がかけられた(しかしながら、いったん出現してしまった空母の存在は「敵空母による日本本土空襲」の潜在的脅威でありつづけたこともあり、日本海軍では1935年(昭和10年)の第二次ロンドン海軍軍縮会議では空母全廃に持ち込もうとして失敗することになる)。

ロンドン条約のために水上艦の増勢が不可能となったため、海軍航空本部松山茂中将は長らく暖めていた長距離雷撃機の開発に乗り出した。山本五十六技術部長、和田操技術部主任、のちに参加する山縣正郷総務部員らスタッフを揃え、連日検討した。このような経緯の中で、陸上基地から発進して敵艦船(主として敵空母)を攻撃できる「沿岸用攻撃機」が考案された。

この当時、海軍機メーカーの中で大型全金属機の製作能力をもっていたのは広海軍工廠(広廠)と三菱内燃機であったため、まず広廠で「七試特種攻撃機」(「七空攻撃機」とも呼称される、後の九五式陸上攻撃機)の開発に着手、次いで三菱に「八試特殊偵察機」1機の試作が発注された。八試特偵は1934年(昭和9年)4月に初飛行した後、計画が変更され7.7ミリ機銃二挺を搭載する「八試陸上攻撃機」へと改称された。さらにこの試作の成果を元に九試陸上攻撃機が計画され、三菱内燃機株式会社名古屋航空機製作所に発注された。設計主務者は八試特偵と同じ本庄季郎技師。試作機は10年6月に完成し、7月(1935年(昭和10年)7月)に初飛行に成功した。11年6月2日に九六式陸上攻撃機として正式採用された。

大型陸攻である広廠九五式陸攻が「大攻」、中型の九六式陸攻は「中攻」とみなされた。

技術面の特徴[編集]

九六式陸上攻撃機

長距離攻撃機として、空気抵抗燃費の低減に重点を置いて設計された。

金属板の締結に使われるは、金属板表面に丸い頭が出る。高速で飛ぶ航空機ではこれが空気抵抗の原因となるので、頭の出ない特殊な沈頭鋲を使用した。この結果、機体表面は平滑に仕上がった。

機体重量の半分の搭載量を誇る画期的な航空機だった反面、胴体をスマートな形(「魚雷型」)にしたため機内に爆弾倉を設けることができず、爆弾魚雷は胴体下に吊り下げられて空気抵抗を生じた。また、爆撃機特有の機首風防を廃しているため前方の防御火力(機首銃座)は無く、特に世界的に1930年代後半以降必須となっていた防弾装備も皆無であるなど、軍用機(爆撃機)としては未だ発展途上の機体であった。そのため爆弾倉(爆弾倉扉付)と機首風防(機首銃座付)を設け、防弾装備(防漏燃料・潤滑油タンク。1939年(昭和14年)の初期量産型(I型乙)の時点で装備)を備えより高速な日本初の本格的かつ近代的な爆撃機は、本機の翌年に制式制定された大日本帝国陸軍九七式重爆撃機の登場を待たなければならない。

運用と戦果[編集]

編隊飛行を行う九六式陸上攻撃機

日中戦争では航続性能を生かして、設計本来の目的ではない、対地爆撃に多用された。まず台湾九州基地を発進し、東シナ海を越え、第二次上海事変で孤立する現地部隊を支援する爆撃を行い、帰還した。これは渡洋爆撃として国内に大きく宣伝され名を揚げた一方で敵戦闘機による多大な被害を受けた。その後、基地を中国本土に進め、中国奥地の漢口重慶等の都市を爆撃した。渡洋爆撃初期から敵地上空で敵戦闘機による損害が続出し、長距離護衛戦闘機の必要性が真剣に検討され、十三試双発陸上戦闘機、後の月光の誕生につながった。

なお零戦も陸攻の護衛に活用されたが、それは結果に過ぎず、長距離護衛のために開発されたというのは俗説であり、誤りである。

太平洋戦争では、1941年(昭和16年)12月8日の開戦当日から連日 台湾を発進してフィリピンのアメリカ軍飛行場を爆撃し、短期間にアメリカの航空戦力を壊滅させた。さらに12月10日マレー沖海戦では、一式陸上攻撃機と協同でイギリス戦艦プリンス・オブ・ウェールズ巡洋戦艦レパルスを撃沈し、戦艦に対する航空優位を印象付けた。

しかし、1942年(昭和17年)2月ジャワ沖海戦では魚雷が間に合わず、大きな戦果を上げられなかった。また5月の珊瑚海海戦では敵艦に命中弾を与えることが出来ず、効果的な対艦攻撃が出来なかった。1943年(昭和18年)1月レンネル島沖海戦では夜間雷撃を成功させ、シカゴに2本、ウィチタルイビルに各1本(共に不発)の魚雷を命中させている。なお、「空の神兵」として国民に広く知られる事となる日本海軍空挺部隊を運搬したのも、九六式陸攻の輸送機版である九六式陸上輸送機である。1942年(昭和17年)1月11日セレベス島メナドに二波408人を降下させたのは延べ45機、2月20日西ティモールクパンへ二次に渡り700人を降下させたのは28機の九六式輸送機であった。

その後は徐々に第一線を後継機に譲り、輸送などの後方任務につくことが多かったが、末期には老朽を押して東海実用化までのつなぎとして電探KMX磁気探知機を搭載した対潜哨戒機として用いられたり、練習航空隊で使われていた機が夜間雷撃を行うなど再び一線に立った機体もまた少なくなかった。

派生型[編集]

九六式陸上攻撃機の発進を見送る日本兵
八試特殊偵察機(G1M1)
九六陸攻の基になった機体。社内名称「カ-9」。「九一式」水冷W型12気筒500馬力発動機を搭載、わが国初の自動操縦装置と引き込み脚を装備していた。最高速度266km/h、航続距離2,346km~4,408km。後に発動機を950馬力の「震天」に換装し最高速度が293km/hに向上した。1機生産。
九試中型陸上攻撃機(甲案型)
八試特偵を基にして尾翼胴体を再設計し操縦席が正副並列式に改められ、銃座と魚雷・爆弾搭載装置が搭載された陸攻型。甲案・乙案ともに社内名称は「カ-15」。偵察席が操縦席後方にある。1、2、5、6号機は91式水冷600馬力を装備し、3.4号機は空冷「金星」二型680馬力を装備している。プロペラはNW116木製4翅固定ピッチ。6機生産。
九試中型陸上攻撃機(丙案型)
偵察員席が操縦席より前に配置され、機首に透明銃座を設けた。甲案に比べ機首が短縮され、操縦席の風防は盛り上がった形になっている。7~10号機 12~21号機の発動機は「金星」二型を装備し、プロペラはNW126木製4翅固定ピッチ。11号機は修理の際に発動機を「金星」三型を換装し、プロペラも金属製3翅可変ピッチとされた。15機生産。
九六式陸上攻撃機一一型(G3M1)
甲案型を採用した量産型。発動機は金星三型でカウルフラップが追加された。三翅可変ピッチプロペラ装備。後方視界向上のため、胴体上部と操縦席風防が丸みを持つ断面形状に変更された。34機生産。
九六式陸上攻撃機二一型(G3M2)
発動機を金星四二型に換装しプロペラ直径を3.20mに変更したもの。343機生産。
九六式陸上攻撃機二二型(G3M2)
戦訓を取り入れた武装強化型で、胴体上面の後方銃座をブリスター型銃座の20mm旋回砲1門に改め、胴体側面に7.7mm旋回銃各一丁を装備したブリスター型銃座が新設された武装強化型、胴体下方の垂下筒は廃止され、411号機以降は胴体下面の段がなくなり、胴体下面に下方銃の支基が設けられた、武装強化に伴い乗員が7名に増えている。後期生産型の79機は金星四五型を装備している。38機生産。
九六式陸上攻撃機二三型(G3M3)
金星五一型装備の最終生産型で全機中島飛行機で生産された。発動機の強化に伴い燃料搭載量も5,182リットルに増加された。412機生産。

諸元[編集]

制式名称 九六式陸上攻撃機一一型 九六式陸上攻撃二一型 九六式陸上攻撃二三型
機体略号 G3M1 G3M2 G3M3
全幅 25.00m
全長 16.45m
全高(水平) 3.685m
自重 4,770kg 4,965kg 5,243kg
過荷重重量 7,642kg 7,778kg 8,000kg
発動機 金星三型(離昇910馬力) 金星四二型(離昇1,075馬力) 金星五一型(離昇1,300馬力)
最高速度 348km/h(高度2,000m) 373.2km/h(高度4,180m) 416km/h(高度5,900m)
実用上昇限度 7,480m 9,130m 10,280m
航続距離 2,854km(爆撃)/4,550km(過荷重) 4,379km 6,228km
爆装 60kg爆弾12発、250kg爆弾2発、
500kg又は800kg爆弾1発
雷装 800kg魚雷1発
武装 7.7mm旋回機銃3挺(前上方・後ろ上方・後ろ下方) 7.7mm旋回機銃3挺(胴体中央部上方・側方)
20mm旋回機銃1挺(胴体後部上面)
乗員 5名 7名

輸送機型[編集]

1939年(昭和14年)に九六式陸攻二一型を元に燃料・滑油タンクの増設と武装の削減、機内に8~10人分の座席を備える客室設置などの改造を行った機体を海軍では九六式陸上輸送機として採用、同様の改造は一一型に対しても実施され、後年には落下傘部隊用の特殊輸送機へ改造したものも登場した。

九六式陸上輸送機は民間でも三菱式双発輸送機として大日本航空や各新聞社で輸送や連絡に用いられた。これらの中には世界一周飛行を行った『ニッポン』号など、日本から各国への長距離飛行に供されたものがあった。

九六式陸上輸送機一一型(L3Y1)
九六式陸上攻撃機一一型、同二一型から改造。発動機は金星四二型ないし四五型を標準とした。
九六式陸上輸送機二一型(L3Y2)
客室内部を落下傘部隊用に改造、胴体下面には装備品の梱包を搭載可能とした機体。
三菱式双発輸送機
武装を全廃、軍用型から一部の艤装を変更して乗客定員4~8人の旅客機、もしくは貨物輸送機としたもの。

長距離飛行を行った三菱式双発輸送機の例としては以下のようなものがあった[1][2]

『ニッポン』号(J-BACI)
海軍から払い下げられた九六式陸攻二一型328号機を改造、1939年(昭和14年)8月~10月に毎日新聞社主催で国産航空機による初の世界一周飛行(総飛行距離5万2886km、実飛行時間194時間)を行った。
『そよかぜ』号(J-BEOA)[3]
1939年(昭和14年)4月にイランで行われたイラン皇太子パフラヴィーとエジプト王女ファウズィーヤの結婚式に際し、日本からの慶祝使節を乗せた往復親善飛行を同年4月9日~4月15日(往路)、5月15日~5月27日(復路)にかけて行い、イラン滞在中には4月25日にテヘラン上空での空中分列式に参加、またアフガニスタンイタリア方面への親善や航路開拓を目的とした追加飛行も検討されたがこれらは実現せず終わった。
『大和』号(J-BEOC)
1939年(昭和14年)11月に日本―タイ航空路開拓飛行を、同年12月から1940年(昭和15年)1月にかけては東京ローマ往復親善飛行[4]を行った。
『龍風』号(J-BEOE)
『大和』号の成功を受け1940年(昭和15年)2月に日本―タイ航空便試験飛行を行った。
『松風』号(J-BEOG)
1940年(昭和15年)6月10日、大日本航空の羽田―バンコク間定期航空便一番機となった。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『日本航空機一〇〇選』、P145-146
  2. ^ 『世界の傑作機 No.91 九六式陸上攻撃機』、P17、P32-33
  3. ^ イラン側からも微風を意味する『ナスイーム』と称された。
  4. ^ 同機に使節として搭乗した笹川良一はローマ到着後ムッソリーニと会談している。

参考文献[編集]

  • 『日本航空機一〇〇選』(野沢正著、秋田書店、1972年)
  • 『日本航空機総集 三菱編』(出版共同社、1981年 改訂新版)
  • 『世界の傑作機 No.91 九六式陸上攻撃機』(文林堂、2002年) ISBN 4-89319-089-X
  • アジア歴史資料センター(公式)
    • Ref.A06031065600「写真週報61号」(1939年4月19日)「そよかぜはイランへ」
    • Ref.B10074779000 標題:7.日本、「イラン」親善飛行ニ関スル件(そよかぜ号)/分割1
    • Ref.B10074779100 標題:7.日本、「イラン」親善飛行ニ関スル件(そよかぜ号)/分割2

関連項目[編集]